スプンタ・アールマティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スプンタ・アールマティ (Spənta Ārmaiti) は、ゾロアスター教において崇拝される善神アムシャ・スプンタの一柱[1]

その名はアヴェスター語で「神聖なる敬虔・献身」、「心に従う者」[2]を意味する。パフラヴィー語では、スパンダルマド (Spandarmad) と呼ばれる[1]

女神と考えられ、女性の守護神とされる[1]。また、悪神タローマティ(背教)の敵対者である[3]

地母神とも考えられ、スプンタ・マンユが創造した世界の七つの要素のうちの大地の守護神とされる[1]。後にその役割をアナーヒターに奪われる形で女性の徳目を管轄する存在となった。

アールマティの原型はヴェーダに見られ、その中では地母神とされている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 松村一男『世界の神々の事典 - 神・精霊・英雄の神話と伝説 - 』学研〈Books Esoterica 事典シリーズ 5〉、2004年、ISBN 978-4-05-603367-0
  2. ^ 山北篤監修、稲葉義明他著 『西洋神名事典』新紀元社、1999年、ISBN 978-4-88317-342-6
  3. ^ a b 池上正太『オリエントの神々』新紀元社〈Truth In Fantasy 74〉、2006年、ISBN 4-7753-0408-9