フラワシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フラワシ (Fravaši)とは、ゾロアスター教における聖霊、下級

「円環(円盤)に翼と尾と脚(=蛇)と人物が付いた図像」である。

ササン朝になると翼は無くなっていき、簡略化され、「円環に細長い布片(リボン=脚=蛇の変化したもの)が付いた図像」に変化していく。

ペルセポリスのフラワシ(ワラワフル)のレリーフ

概要[編集]

フラワシはアヴェスター語形で、パフラヴィー語ではフラワルド (Fravard)、またはフラワフル (Fravahr)という。

この世の森羅万象に宿り(「多い」譬えとして「フラワシは99,999体いる」と表現される)、あらゆる自然現象を起こす霊的存在である。フラワシの宿るものは善なる存在、宿っていないものは悪なる存在とされた。フラワシは人間にも宿っている。人間に宿るのうち、もっとも神聖な部分が人間のフラワシなのだという。

また、人の誕生後、常にその人と一緒に行動し、人が事の善悪・正邪を見極め正道を進むことを助け、死ぬまで一緒にいるとされる、「祖霊守護霊」ともされた。

古代イランでは、1年の最後の10日間に特別にフラワシを祀る期間(ハマスパスマエーダヤの祭典)があり、この期間には各々の家に縁の深いフラワシ即ち祖霊(霊魂=ウルヴァン)が集団でやってくるとされ、火をたいて迎え入れて祀る行事を行う習慣があった。一説によると、これがインドに伝えられて盂蘭盆の起源になったとされる。

関連項目[編集]