ステイタス・クォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ステイタス・クオーから転送)
移動先: 案内検索
ステイタス・クォー
Status Quo
Status Quo, with Freddie Edwards standing in for Rick Parfitt, Status Quo, with Freddie Edwards standing in for Rick Parfitt, live at Gröna Lund, Stockholm, Sweden, July 2016.jpg
スウェーデン・ストックホルム公演 (2016年7月)
基本情報
別名 ザ・スコーピオンズ(1962年)
ザ・スペクトレス(1962年–1967年)
トラフィック・ジャム(1967年)
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ブギー・ロック
ハード・ロック
サイケデリック・ロック
活動期間 1962年–現在
レーベル Pye Records
ヴァーティゴ
A&Mレコード
キャピトル・レコード
ポリドール・レコード
Eagle Music
ユニバーサルミュージック
サンクチュアリー・レコード
Fourth Chord Records
ワーナー・ブラザース・レコード
Ear Music
公式サイト www.statusquo.co.uk
メンバー フランシス・ロッシ
リッチー・マローン
アンディ・ボーン
ジョン・エドワーズ
レオン・ケーヴ
旧メンバー リック・パーフィット
アラン・ランカスター
ジョン・コーラン
ほか 別記参照

ステイタス・クォーStatus Quo)は、イングランド出身のロックバンド

ブギー・ロックの代表的なグループとして知られる。本国では重鎮的存在として国民的支持を得ており、その活動は50年以上に及ぶ。

経歴[編集]

UK.ロンドン公演 (1978年)

1962年にフランシス・ロッシを中心に結成。スペクターズとして1966年にデビュー。1967年にバンド名をステイタス・クォーと改名。この時期のメンバーはロッシ、パーフィット、ランカスター、コーラン、ラインズという陣容だった。初期はサイケデリック・ロック色の強い楽曲が主だったが、3枚目のアルバム『Ma Kelly's Greasy Spoon』からシンプルでハードなブギー・ロックを前面に出してイメージチェンジを図る。

このアルバムの後ラインズが脱退。4枚目の『Dog of Two Head』リリース後にレコード会社もパイ・レコードからヴァーティゴ・レコードに移籍。ハード・ブギ路線を推進するごとにファンを増やし、5枚めのアルバム『Piledriver』が英国チャートにランクイン[1]。次作『Hello!』で1位を獲得[2]。人気を確固たるものとする。

1981年、『Never Too Late』リリース後のツアーを最後にコーランが脱退、後任にモトハニーバス〜シャンハイのピート・カーチャーを迎え活動を継続するが、1984年の『Back to Back』を一端の区切りとし活動を停止する。

しかし翌1985年、ライヴ・エイドのオープニングアクトとして復活、翌年にはクライマックス・ブルース・バンドのツアーメンバーだったジョン・エドワーズとジェフ・リッチを新リズムセクションに迎え活動を再開している。

毎年出されるアルバムは,英国で常に上位ランクインを果たし、世界進出も試みた。日本では星加るみ子、東郷かおる子が担当していたラジオ番組で、ステイタス・クォーがオンエアされた。1975年1976年と2年続けて来日している。

イギリス、及び一部の英語圏では、ハード・ブギー・ファンを中心に根強い人気を保った。1985年に開催されたライヴエイドロンドン会場における最初の出演者は、彼らだった。それに対して、アメリカではヒットを放つことができなかった。

晩年のリック・パーフィット(G) 2014年

その後も、1980年代中盤に活動を一時停止したり、リズム隊の数度のメンバーチェンジがあったほかは、安定した活動を続けている。活動再開後の1986年には、今までのイメージを覆すドイツのニューウェーブバンドのカヴァー『In the Army Now』でシングル・ヒットを出すなど、底力を見せた。

すでにロッシらは還暦を過ぎたが、ハードブギーをサウンドの中心にすえるというバンドの方針は全く変わっておらず、近年のアルバムも英国チャートにランクインしている。『イギリスの国民的バンド』とも形容される場合もある。1997年には21年ぶり3度目の来日をはたしている。

2013年、アラン・ランカスター、ジョン・コーランを含むオリジナルメンバーが30年ぶりに集結し、翌年までリユニオンとして活動[3]

2016年12月24日、ロッシと共に約50年間バンドのフロントマンを勤めたリック・パーフィットが、肩の負傷に起因する感染症で他界した。[4]

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

旧メンバー[編集]

  • アラン・ランカスター (Alan Lancaster) - ベース (1962–1985, 2013–2014)
  • ジェス・ジャウォースキー (Jess Jaworski) - キーボード (1962–1965) RIP.2014
  • アラン・キー (Alan Key) - ドラムス (1962–1963)
  • ジョン・コーラン (John Coghlan) - ドラムス (1963–1981, 2013–2014)
  • ロイ・ラインズ (Roy Lynes) - キーボード (1965–1970)
  • リック・パーフィット (Rick Parfitt) - リズムギター (1967–2016) RIP.2016
  • ボブ・ヤング (Bob Young) - ハーモニカ (1970–1979, 2013–2014)
  • ピート・カーチャー (Pete Kircher) - ドラムス (1982–1985) 元ハニーバス
  • ジェフ・リッチ (Jeff Rich) - ドラムス (1985–2000)
  • マット・レトリー(Matt Letley) - ドラムス (2000–2013)

ディスコグラフィー[編集]

  • Picturesque Matchstickable Messages From The Status Quo (1968)
  • Spare Parts (1969)
  • ケリーの油塗りスプーン - Ma Kelly's Greasy Spoon (1970)
  • Dog Of Two Head (1971)
  • パイルドライヴァー - Piledriver (1972), UK #5
  • ハロー!! - Hello! (1973), UK #1
  • ブギに憑かれたロックンローラー - Quo (1974), UK #2
  • オン・ザ・レベル - On The Level (1975), UK #1
  • ブルー・フォー・ユー - Blue For You (1976), UK #1
  • 烈火のハードブギー - Tokyo Quo (1976) - 日本フォノグラムから発売された、日本限定のライブ盤。
  • ライヴ・アット・アポロ・シアター - Live (1976), UK #3
  • 地球震撼〜ロッキン・オール・オーヴァー・ザ・ワールド - Rockin' All Over The World (1977), UK #5
  • 灼熱のブギー - If You Can't Stand The Heat (1978), UK #3
  • ロックンロールが切り札さ! - Whatever You Want (1979), UK #3
  • 戦慄のメタル・ブギー - Just Supposin (1980), UK #4
  • Never Too Late (1981), UK #2
  • ステイタス・クォー1982 - 1+9+8+2 (1982), UK #1
  • バック・トゥ・バック - Back To Back (1983), UK #9
  • In The Army Now (1986), UK #7
  • Ain't Complaining (1988), UK #12
  • Perfect Remedy (1989), UK #49
  • Rock 'Til You Drop (1991), UK #10,
  • Thirsty Work (1994), UK #13
  • Don't Stop (1996), UK #2
  • Under The Influence (1999), UK #26
  • Famous In The Last Century (2000), UK #19
  • Heavy Traffic (2002), UK #15
  • The Party Ain't Over Yet (2005), UK #18
  • In Search of Fourth Chord (2007), UK #15
  • Quid Pro Quo (2011)
  • Bla Quo! (2013)
  • Aquostic (Stripped Bare) (2014)[5]
  • Aquostic II : That's Fact (2016)[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]