ステイシー・オーグモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ステイシー・オーグモン
Stacey Augmon
Stacey Augmon in 2009.jpg
2009年のオーグモン
ミルウォーキー・バックス AC
役職 アシスタントコーチ
ポジション(現役時) SF
背番号(現役時) 2
身長(現役時) 203cm (6 ft 8 in)
体重(現役時) 97kg (214 lb)
基本情報
本名 Stacey Orlando Augmon
愛称 The Plastic man
ラテン文字 Stacey Augmon
誕生日 (1968-08-01) 1968年8月1日(51歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州パサデナ
出身 ネバダ大学ラスベガス校
ドラフト 1991年 6位 
選手経歴
1991-1996
1996-1997
1997-2001
2001-2004
2004-2006
アトランタ・ホークス
デトロイト・ピストンズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
シャーロット//ニューオーリンズ・ホーネッツ
オーランド・マジック
指導者経歴
2007-2011
2011-2016
2016-2018
デンバー・ナゲッツ (AC)
ネバダ大学ラスベガス校 (AC)
ミルウォーキー・バックス (AC)
受賞歴
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1987-1989
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
1988 ソウル バスケットボール

ステイシー・オーグモン(Stacey Orlando Augmon、1968年8月1日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パサデナ出身の元バスケットボール選手。現指導者。現在はNBAミルウォーキー・バックスのアシスタントコーチを務めている。

来歴[編集]

学生時代[編集]

ネバダ大学ラスベガス校時代はラリー・ジョンソングレッグ・アンソニーらと共に同大学のスター選手として活躍し、3年生時の1990年にはNCAAトーナメント優勝の偉業を達成した[1]

NBA[編集]

1991年のNBAドラフトアトランタ・ホークスから全体6位で指名された[2]。ルーキーシーズンの1991-92シーズンは、平均13,3得点を記録し、NBAオールルーキーチームに選出。1993-94シーズンレニー・ウィルケンズの下、チームはリーグ最高の57勝25敗を記録。オーグモン自身も自己最高の平均14,8得点を記録したが、プレーオフではセミファイナルでインディアナ・ペイサーズに敗れた。

1996年夏、デトロイト・ピストンズに移籍するも、シーズン途中にポートランド・トレイルブレイザーズに移籍。1998-99シーズンはプレーオフのカンファレンスファイナルまで勝ち上がるも、同シーズンに初のNBAチャンピオンに輝いたサンアントニオ・スパーズの前に4戦全敗で屈した。

2001年シャーロット・ホーネッツに移籍するも、チームは翌年ニューオーリンズに移転。2004年から2シーズンはオーランド・マジックでプレー。2006-07シーズンはプレー出来ず、2007年10月にデンバー・ナゲッツと契約するも、開幕前に解雇され引退した。

コーチ歴[編集]

デンバー・ナゲッツを解雇され引退したオーグモンは、同チームの選手育成担当コーチを就任し、コーチ業を開始[3]2011年までナゲッツのコーチを務めた後、同年5月に母校のネバダ大学ラスベガス校のアシスタントコーチを就任。2016-17シーズンからは、ミルウォーキー・バックスのアシスタントコーチを務めている。

アメリカ代表[編集]

1988年ソウルオリンピックで、デビッド・ロビンソンらと共にアメリカ代表で出場したが、銅メダルに終わった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]