スキー指導者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

SAJ公認スキー指導員・準指導員は、全日本スキー連盟(SAJ)が公認するスキー指導者である。

SAJ公認のスキー学校教師をするためにはこれらの公認資格を取得していなければならない。(但し、都道府県連等による認定指導員制度がある地区*の場合にはその限りではない)

*公益財団法人 北海道スキー連盟、公益財団法人 神奈川県スキー連盟の各WEBサイトでは受検要項が確認できる

概要[編集]

準指導員を取得するにはSAJスキー指導者検定 準指導員検定会(都道府県連盟主管。年1回)に参加し合格することが必要で、受検資格はSAJの会員で受検年度の4月1日時点で18歳以上、都道府県スキー連盟に所属するスキークラブ等の加盟団体に登録かつスキーバッジテスト1級を前年度までに取得していなければならない。

準指導員を取得してから満2年以上経過するとSAJ公認スキー指導員検定(SAJ主管。年1回)を受検できる。

認定スキー指導者[編集]

全日本スキー連盟としての認定指導員制度は既に廃止となっているが、必要に応じて加盟団体が認定するものが存在する。しかし、その資格の認定規定、稼働範囲、資格の継続等については、実際に認定を行っている加盟団体によって異なるため、問い合わせ先は、各都道府県連等である。

公認スキー指導者[編集]

  • SAJ公認スキー準指導員
  • SAJ公認スキー指導員
  • ※認定スキー指導員、公認スキー専門指導員、ステージ制については既に廃止*『全日本スキー連盟資格検定受検者のために 2015』公益財団法人 全日本スキー連盟発行・スキージャーナル株式会社制作内の時点で、公認スキー指導者検定に関連するページには掲載なし

SAJ公認スキー指導員、準指導員はSAJ公認スキー検定員(A級~C級)検定を受検することができる。準指導員はC級、指導員はA・B・C級を受検できるが、A・B級を受検するためにはすぐ下の級の資格を取得していなければならない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]