スカイスクレーパー (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スカイスクレーパー
Skyscraper (horse).jpg
欧字表記 Skyscraper
品種 サラブレッド
性別
生誕 1786年
死没 1807年12月
ハイフライヤー (Highflyer)
エバーラスティング (Everlasting)
生国 イギリス
生産 第5代ベドフォード公爵英語版
馬主 第5代ベドフォード公爵
調教師 マット・ステフェンソン
競走成績
生涯成績 24: 14-7-1
 
勝ち鞍
ダービーステークス (1789)
テンプレートを表示

スカイスクレーパーSkyscraper1786年 - 1807年12月)は、18世紀末のイギリス競走馬。第10回エプソムダービーに優勝した。父はハイフライヤー (Highflyer) 、母はエバーラスティング (Everlasting) 。エクリプス (Eclipse) 牝馬にハイフライヤーという当時の成功の定石のような配合がされている。毛色は鹿毛。馬名は「摩天楼」の意だが、高く飛ぶという意味もあり、父ハイフライヤーより連想したものと思われる。

経歴[編集]

第5代ベドフォード公爵フランシス・ラッセル英語版によって生産・所有され、マット・ステフェンソンによって調教されていた。エプソムダービー時、騎手はサム・チフニーで、このとき大本命に推されていた模様。現役を送ったのはジョージ3世の治世下の1789年から1793年の4年間、エプソムダービー以後も3つのキングスプレートを獲得している。このほかにメイドオブオールワーク (Maid of All Work) に対してのマッチレース、プリンスステークス、ジョッキークラブステークス、サブスクリプションパース、プリンスオブウェールズプレートなどに勝利。当時としてはかなりの強豪だった。引退後もソーサリー (Sorcery) の母の父になるなど種牡馬としてそこそこ成功した。全弟にレヴァイアサン(Leviathan。1796年のエプソムダービー3着馬。アメリカ合衆国で23連勝した謎の去勢馬と同一の馬とする説がある)がいる。

血統表[編集]

スカイスクレーパー血統ヘロド系 /レギュラス:4×4×4=18.8%、 バートレットチルダーズ:5×5×5=9.38%、
フォックス:5×5=6.25%、 フライングチルダーズ:5×5=6.25%)
(血統表の出典)[§ 1]

ハイフライヤー
父の父
ヘロド
ターター パートナー
Meliora
Cypron ブレイズ
Salome
父の母
Rachel
ブランク ゴドルフィンアラビアン
Little Hartley mare
Regulus mare レギュラス
Mare by Soreheels

Everlasting
エクリプス マースク スクワート
Ruby mare
Spilletta レギュラス
Mother Western
母の母
Hyaena
スナップ スニップ
Sister to Slipby
Miss Belsea レギュラス
Bartlett's Childers mare
母系(F-No.) 3号族(FN:3)
出典
  1. ^ "Skyscraper 5x Pedigree"2019/03/09閲覧


外部リンク[編集]