ハイフライヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハイフライヤー
Highflyer.jpg
John Boultbeeによるハイフライヤーの肖像
欧字表記 Highflyer
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1774年
死没 1793年10月18日
ヘロド (Herod)
レイチェル (Rachel)
生国 イギリス
生産 トマス・チャールズ・バンベリー
馬主 ボリンブルック卿
リチャード・タタソール
競走成績
生涯成績 12戦12勝
獲得賞金 不明
テンプレートを表示

ハイフライヤーHighflyer1774年 - 1793年)は、18世紀後半に活躍したイギリス競走馬種牡馬。18世紀を代表する名馬で、無敗の成績と種牡馬としての大きな成功を残した。18世紀を代表する名馬であり、サラブレッド種の成立にも貢献した1頭である。

出自[編集]

ハイフライヤーは大種牡馬ヘロドの産駒として、イギリスのベリーセントエドモンズの北東のグレートバートンで生まれた。生産者はイギリスジョッキークラブ会長のトマス・チャールズ・バンベリー卿。半兄三大父系以外では最後の名種牡馬と言われるマークアンソニー(オルコックアラビアン系)がいる。

名前の「Highflyer」は野心家の意もあるが、由来はハイフライヤーの生まれた牧場に生えていた「Highflyer walnut trees」(クルミの木の一種)、にちなんで名付けられたと言われている。

戦績[編集]

競走馬としては主にニューマーケット競馬場で走り12戦不敗。英語版Wikipediaでは14戦となっているが、負けなかったことは間違いない。全て圧勝でフライングチルダーズエクリプスと並ぶ18世紀の名馬と評価されている。馬主は最初ボリンブルック卿、のちにリチャード・タタソールに売却された。

引退後[編集]

引退後はタタソールの元で繋養され、18世紀中最も成功した種牡馬となった。この時代のハイフライヤーの勢いはかなり大きなもので、200年以上たった2004年サドラーズウェルズによって破られたが、エクリプス等の名種牡馬を相手に、1785-1796,1798年の計13回リーディングサイアーを獲得した。勝ち上がった産駒は469頭(文献によって多少幅がある)にも及んだ。この数字はヘロドに劣るが、勝利数は1108勝に達し、18世紀の種牡馬としては最多である。

代表産駒はダービーに勝ち、種牡馬としても成功したサーピーターティーズルであった。ヘロド-ハイフライヤー-サーピーターティーズルの3代で1777年から1809年までの33年間に31回もリーディングを奪取した。ハイフライヤーがサラブレッドに与えた遺伝的影響力はかなりのものになると言われている。

ハイフライヤー自身は、1793年に19歳で死亡し、繋養地であったハイフライヤーホールの近くに葬られた、墓石には「Here lieth the perfect and beautiful symmetry of the much lamented Highflyer, by whom and his wonderful offspring the celebrated Tattersall acquired a noble fortune, but was not ashamed to acknowledge it.」と刻まれた。

父系子孫[編集]

サーピーターティーズルから伸びる系統は、ウォルトンの子孫がイギリス国内で、サーポールの子孫が大陸ヨーロッパで父系を伸ばしたが、19世紀後半になるとウォルトンの後継種牡馬たちは悉く失敗し、イギリス国内で滅亡した。その後東欧で展開したサーポールの子孫が命脈を繋いだが、最後にドイツに残っていたバッカーニアの子孫たちも、第一次、第二次世界大戦で止めを刺され全滅する。

大戦の結果ドイツからアメリカとソ連に渡った馬たちによってなおも父系は継承されたが、西側諸国では1937年にMioland(アメリカンダービー、ベルモントステークス2着)を最後の活躍馬として1970年代には潰えた。ハイフライヤー系の最後はソ連に渡ったWeserlandの子孫が担い、1980年代まで細々と父系を繋いでいたものの、20世紀中には完全に滅んだとみられる。知られているこの系統最後の重賞馬は、1977年にウクライナで生まれたDegazatorという馬である。

血統表[編集]

ハイフライヤー血統ヘロド系 / Flying Childers(Bartlet's Childers)4×4=12.50% Godolphin Arabian3×4=18.75%(母内)) (血統表の出典)

Herod
鹿毛 1758
Tartar
栗毛 1743
Partner Jigg
Sister to Mixbury
Meliora Fox
Milkmaid
Cypron
鹿毛 1750
Blaze Flying Childers
Confederate Filly
Salome, or Selima Bethell's Arabian
Graham's Champion Mare

Rachel
鹿毛 1763
Blank
鹿毛 1740
Godolphin Arabian 不明
不明
Little Hartley Mare Bartlet's Childers
Flying Whigg
Regulus Mare 1751 Regulus Godolphin Arabian
Grey Robinson
Soreheels Mare Soreheels
Black Mare F-No.13
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]