ジョルジュ・ブラッサンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョルジュ・ブラッサンス
Georges Brassens
Georges Brassens (1964) by Erling Mandelmann - 2.jpg
Georges Brassens (1964) by Erling Mandelmann - 2
基本情報
出生名 ジョルジュ・シャルル・ブラッサンス(Georges Charles Brassens)
生誕 1921年10月22日
フランスの旗 フランスセット
出身地 フランスの旗 フランス
死没 (1981-10-29) 1981年10月29日(60歳没)
フランスの旗 フランス
職業 歌手
詩人
担当楽器 ボーカル
ギター

ジョルジュ・ブラッサンス(Georges Charles Brassens、1921年10月22日-1981年10月29日)はフランス歌手作曲家詩人である。

概略[編集]

日本では仏映画『リラの門』(1957年 ルネ・クレール監督)の準主役の楽士役を演じたことと、同じシャンソンでもイヴ・モンタンエディット・ピアフの様なショー的なエンターテイナーではなく、ギター一本を基本とし、時折ベーシストやアコーディオン弾きを率いて少数で奏でて歌うスタイルと、反体制的な風刺の効いた歌詞の内容が持ち味のために、ごくわずかな日本版のレコードしか発売されなかったせいか、あまり、シャンソンファン以外には知られていなかった。

だが、没後数十年を経ても存命中から国民的人気を誇る吟遊詩人として、彼の曲は歌い継がれ聴かれている。

また、ジョルジュ・ムスタキセルジュ・ゲンズブールにも影響を与えたことで知られる。

ディスコグラフィ[編集]

1953年から1976年までアルバムを発表している。

関連項目[編集]