ジョルジュ・ド・ベリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョルジュ・ド・ベリオ
Georges de Bellio
Nicolae Grigorescu - Portrait de Georges de Bellio.jpg
生誕 (1828-02-20) 1828年2月20日
Flag of Wallachia.svg ワラキア公国ブカレスト
死没 (1894-01-26) 1894年1月26日(65歳没)
フランスの旗 フランス共和国パリ
国籍  ルーマニア
別名 Geroges Bellu(ルーマニア語綴り)
職業 医師、美術収集家
著名な実績 印象派作品の収集

ジョルジュ・ド・ベリオGeorges de Bellio, 1828年2月20日 - 1894年1月26日)は、ルーマニア出身で、フランスで活動したホメオパシー医師であり、印象派の作品を収集した美術収集家(パトロン)として知られる。

生涯[編集]

アルーマニア人ルーマニア人の貴族の血を引き、裕福であった。1851年パリに移り住んだ。

1874年ナダール写真館で行われた印象派第1回展覧会で、クロード・モネの作品を購入し、以後好んで購入した。1878年にはモネの『印象・日の出』を購入した。そのほか、アルフレッド・シスレーピエール=オーギュスト・ルノワール(1892年にド・ベリオの肖像画を描いた)、カミーユ・ピサロベルト・モリゾの作品を収集した[1]。印象派をルーマニアの画家ニコラエ・グリゴレスクに紹介する役割も果たした。作品の購入だけでなく、直接、友人となった印象派の画家たちに経済的な支援を与えたり、医師として相談に乗ったりした。モネとの手紙のやり取りからは、2人の親しさが読み取れる。彼のコレクションは、ヴィクトール・ショケフランス語版やEugène Murerのコレクションと並び称される[2]

彼の死後、娘のVictorine Donop de Monchyが1940年にコレクションをマルモッタン・モネ美術館に寄贈した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Monneret, p. 597
  2. ^ Colin B. Bailey 2010, p. 111
  3. ^ Présentation (La Tribune de l’art).

参考文献[編集]

  • Monneret, Sophie (1987). L'Impressionnisme et son époque. 2. Paris: Robert Laffont. ISBN 978-2-221-05412-3. 
  • Monneret, Sophie (1987). L'Impressionnisme et son époque. 2. Paris: Robert Laffont. ISBN 978-2-221-05413-0. 
  • Susan Alyson Stein; Asher Ethan Miller; Colin B. Bailey (2010). The Annenberg Collection masterpieces of Impressionism and Post-Impressionism. New York: Metropolitan Museum of Art. pp. 108-114. ISBN 978-0300124026. 
  • Marianne Delafond, À l'apogée de l'impressionnisme, la collection Georges de Bellio, éd La Bibliothèque des Arts, Lausanne, catalogue de l'exposition de Bellio au musée Marmottan (2007-2008), ISBN 978-2-88453-139-9
  • Ruxandra Ionescu et Alexandru Marinescu, Georges de Bellio, restitutions, Acad. roumaine et EditArt, Bucarest 2003, catalogue de l'exposition de Bellio au musée d'Art de Ploiești (2003).

外部リンク[編集]