情趣的印象主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シンドラー『Pappelallee bei Plankenberg』(1890年頃)

情趣的印象主義ドイツ語: Stimmungsimpressionismus)は、世紀末ウィーンにおいてフランスの印象派とは無関係に成立した、オーストリアの独特の風景画のことである[1]雰囲気の印象派とも言う。バルビゾン派などと比べて、光よりも描く対象の雰囲気を重視した。

中心となった画家はエミール・ヤーコプ・シンドラー[1]マリー・エグナー英語版などが名を連ねる。

出典[編集]

  1. ^ a b 西川 2008, p. 189.

参考文献[編集]