フェデリコ・ザンドメーネギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェデリコ・ザンドメーネギ(自画像)

フェデリコ・ザンドメーネギ(Federico Zandomeneghi、 1841年6月2日 - 1917年12月31日)はイタリア印象派の画家である。

略歴[編集]

当時、オーストリア領であったヴェネツィアで生まれた、祖父のルイージ・ザンドメーネギ (Luigi Zandomeneghi : 1778- 1850)、父親のピエトロ(Pietro Zandomeneghi : 1806- 1886)は彫刻家であった。フェデリコは彫刻よりも絵画を好み、1856年にベネツィアの美術学校に入学し、ミラノの美術学校でも学んだ。1859年にオーストリア軍の兵士として召集されるのを逃れるためにベネツィアから逃亡し[1]、翌年イタリア独立をめざすジュゼッペ・ガリバルディの「千人隊」に加わろうとして収監されたりした。1862年にフィレンツェに移り、フィレンツェには5年間滞在し、フランスの「バルビゾン派」の影響を受けたトスカーナの画家たち、「マッキア派」の画家、テレマコ・シニョリーニジョヴァンニ・ファットーリジュゼッペ・アッバーティらと付き合い、野外での写生に加わった。

1866年にベネツィアに戻った後[2] 、1871年にグリエルモ・チアルディ(Guglielmo Ciardi : 1842-1917)とヅェッツォス(Alessandro Zezzos : 1848- 1914)とともにヴェネツィアで有望な若手画家として画家のモルメンティ(Pompeo Molmenti)に評価された[3]。1872年にローマに旅し代表作の一つを製作した[4]

1874年にパリに移り、その後は大半をパリで活動した。パリの印象派の画家たちと親しくなり、1879年の第4回印象派展から以降の印象派展に参加した。友人となったドガと同じように、人物画を得意とした。女性を描いた人物画にはメアリー・カサットピエール=オーギュスト・ルノワールの作品の影響も見られた[5]。収入を補うために雑誌の挿絵の仕事もしたが、1890年代にパステル画で人気が出て、またアメリカの画商によってアメリカでの人気が高まり、画家としてある程度成功した。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ La Collezione Grieco: 50 dipinti da Fattori a Morandi, by Christine Farese-Sperken, page 139.
  2. ^ Farese-Sperken, page 139.
  3. ^ Le meraviglie delle arti: Architettura e scultura, By Luigi Archinti, André Lefèvre, Louis Viardot, page 583.
  4. ^ Farese-Sperken, page 139.
  5. ^ Broude, 1987, P.296.

参考文献[編集]

  • Broude, Norma (1987). The Macchiaioli: Italian Painters of the Nineteenth Century. New Haven and London: Yale University Press. ISBN 0-300-03547-0
  • Steingräber, Erich; Matteucci, Giuliano (1984). The Macchiaioli: tuscan painters of the sunlight. New York: Stair Sainty Matthiesen Gallery.