ヴィクトール・ショケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィクトール・ショケ
Victor Chocquet
Pierre-Auguste Renoir 116.jpg
生誕 (1821-12-19) 1821年12月19日
Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国 リール
死没 (1891-04-07) 1891年4月7日(69歳没)
フランスの旗 フランス共和国 パリ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 公務員

ヴィクトール・ショケVictor Chocquet, 1821年12月9日 - 1891年4月7日)は、フランスの美術収集家で、印象派の後援者。フランスの関税・間接税局の官吏として勤務する傍ら、美術展覧会を訪れては、批判にさらされる前衛的な芸術家を支援した。彼の収集したコレクションは多数に上り、死後の1899年に処分された。現在、その多くがアメリカ合衆国の美術館に収蔵されている。

生涯[編集]

ヴィクトール・ショケは、リールで絹織物工場を営む富裕な家庭に生まれた。若い時から、美術収集に熱意を燃やし、ウジェーヌ・ドラクロワギュスターヴ・クールベオノレ・ドーミエなどの絵画のほか、陶磁器、工芸品を収集した。1875年、印象派グループによるオテル・ドゥルオ英語版での競売会に出席し、その魅力のとりことなった[1]ピエール=オーギュスト・ルノワールに、自分の妻と5歳で亡くなった娘マリー=ソフィーの肖像画を、写真をもとに描くように依頼した[2]。オテル・ドゥルオでの競売会は、売上げが費用にも満たず、1点当たりの落札価格はわずか100フランとなるなど、当時、印象派の評価は低かったが、ショケは、エルネスト・オシュデジョルジュ・ド・ベリオとともに、最初期の支援者の1人となった[3]

ショケが特に好んだのが、ポール・セザンヌの作品であり、「タンギー爺さん」の家で作品に出会ったのが最初である。印象派の1876年1877年の展覧会には、自分の収集品から作品を貸与したり、画家たちの素晴らしさを説いて回ったりした。1877年に職場を早期退職した後も、その熱意は衰えなかった。1882年、義母の遺産が入ると、アッタンヴィル英語版に地所を買い、セザンヌもそこで作品を制作した[4]。ショケのコレクションは、著名な収集家に劣ることはなく、新聞紙上でも、ジョルジュ・ド・ベリオやウジェーヌ・ミュレなどとともにしばしば言及された[5]。セザンヌの作品は32点所有していた[6]

モネ『テュイルリー庭園の眺め』1876年。マルモッタン・モネ美術館

パリでは、当初、テュイルリー庭園を見下ろすリヴォリ通り英語版のアパルトマンに住んでいた。クロード・モネは、そこから『テュイルリー庭園の眺め』(1876年)などの作品を制作した[7][8]。晩年には、モンシニー通りの邸宅に住んだ[9]

1891年4月7日、69歳で亡くなった。

肖像画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (Monneret 1987, p. 139)
  2. ^ (Sue Roe 2007, p. 167)
  3. ^ (Collectif Meyon 2010, p. 104)
  4. ^ (Monneret 1987, p. 140)
  5. ^ (Colin B. Bailey 2010, p. 111)
  6. ^ (Collectif Meyon 2010, p. 88)
  7. ^ (Sue Roe 2007, p. 157)
  8. ^ (Collectif Meyon 2010, p. 146)
  9. ^ (Sue Roe 2007, p. 235)

参考文献[編集]

  • Collectif Meyon (2011) (英語). Art, Paris Impressionists & Post-Impressionists; the ultimate guide to artists, paintings and places in Paris and Normandy. New York: Museyon. pp. 328. ISBN 978 0982232095. CM. 
  • Susan Alyson Stein; Asher Ethan Miller; Colin B. Bailey (2010) (英語). The Annenberg Collection masterpieces of Impressionism and Post-Impressionism. New York: Metropolitan Museum of Art. pp. 108-114. ISBN 978-0300124026. SMB. 
  • Roe, Sue (2007) (英語). The Private Lives of the Impressionists. New York: Vintage Books. pp. 368. ISBN 978 0099458340. Sue. 
  • Monneret, Sophie (1987) (フランス語). L'Impressionnisme et son époque. 2. Paris: Robert Laffont. pp. 997. ISBN 978-2-221-05412-3. Monneret T1. 
  • Monneret, Sophie (1987) (フランス語). L'Impressionnisme et son époque. 2. Paris: Robert Laffont. pp. 1185. ISBN 978-2-221-05413-0. Monneret T2.