ジェームズ・コミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェームズ・コミー
James Comey official portrait.jpg
アメリカ合衆国の旗 第7代 FBI長官
任期
2013年9月4日 – 2017年5月9日
大統領 バラク・オバマ
ドナルド・トランプ
代理官 ショーン・ジョイス
マーク・ジュリアーノ
アンドリュー・マケイブ
前任者 ロバート・ミュラー
後任者 アンドリュー・G・マッケイブ(代行)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国司法副長官
任期
2003年12月9日 – 2005年8月15日
大統領 ジョージ・W・ブッシュ
前任者 ラリー・トンプソン
後任者 ロバート・マッカラム・ジュニア (代行)
ニューヨーク南部管轄連邦検事
任期
2002年1月7日 – 2003年12月15日
大統領 ジョージ・W・ブッシュ
前任者 メリー・ジョー・ホワイト
後任者 デヴィッド・N・ケリー
個人情報
生誕 James Brien Comey, Jr.
(1960-12-14) 1960年12月14日(56歳)
ニューヨーク州ヨンカーズ
政党 共和党 (元)
無党派 (2016-現在)[1]
配偶者 パトリス・フェイラー
子供 5
教育 ウィリアム・アンド・メアリー大学 (BA)
シカゴ大学 (JD)
署名

ジェームズ・ブライエン「ジム」コミー・ジュニア (James Brien "Jim" Comey, Jr., 1960年12月14日 - ) は、アメリカ合衆国の法律家。2013年9月から2017年5月まで連邦捜査局(FBI)長官を務めた。

コミーは2002年1月から2003年12月までニューヨーク南部管轄連邦検事であった。その後、2003年12月から2005年8月までアメリカ合衆国司法副長官を務めた。コミーは司法省のナンバー2として日常業務を担当した。

2003年12月、アメリカ合衆国司法副長官としてコミーは、ジョン・アシュクロフト司法長官が自らを忌避した後、親友でありかつての同僚でもあったパトリック・フィッツジェラルドをイリノイ州シカゴの連邦検事に任命し、フィッツジェラルドは"プレイム事件"の特別弁護士となった。

2005年8月にコミーは司法省を去り、メリーランド州ベテスダに本拠を置くロッキード・マーティンのジェネラル・カウンシルおよび上級副社長に就任した。 2010年にはコネチカット州ウエストポートに本社を置くブリッジウォーター・アソシエイツのジェネラル・カウンシルに就任。 2013年初頭にはブリッジウォーターを去ってニューヨーク市のコロンビア・ロー・スクールで上級調査研究員およびロジャー・ハートッグのフェローに就任した。彼は2013年7月までHSBCホールディングスの取締役であった[2]

生い立ち及び教育[編集]

コミーはニューヨーク州ヨンカーズでブライエン・コミーおよびジョアン夫妻の間に生まれ、ニュージャージー州アレンデールで成長した[3]。彼の父親は企業の不動産管理を担当し、母親は家事をしながらコンピュータコンサルタントを務めた[4]。コミーはアイルランド系であった[5]。アレンデールのノーザン・ハイランズ・リージョナル・ハイスクールに通い[6]、卒業後はウィリアム・アンド・メアリー大学に進学、科学と宗教を専攻し1982年に卒業した。彼の卒業論文は、自由主義神学者ラインホルド・ニーバーと保守的テレビ伝道英語版ジェリー・ファルエルを分析し、一般的な行為に対する共通の信念を強調するものだった[7]。1985年にはシカゴ大学・ロー・スクールを卒業、法務博士(専門職)(J.D.)の学位を得た[8]

初期の経歴 (1985-2001)[編集]

ロー・スクール卒業後、コミーはニューヨーク・マンハッタンのジョン・M・ウォーカー・ジュニア裁判官の書記として働いた。次にギブソン・ダン&クラッチャー法律事務所のアソシエイト弁護士として働いた。1987年から1993年まで、ニューヨーク南地区の合衆国地方検事であった。そこでは刑事局の副責任者であり、ガンビーノ一家の訴追を支援した [9] [10]

第7代連邦捜査局(FBI)長官[編集]

2013年9月、コミーはバラク・オバマ大統領によって第7代連邦捜査局(FBI)長官に任命された[11]

2016年10月28日、コミーはヒラリー・クリントンのメール問題について捜査の再開を明らかにした。2016年アメリカ合衆国大統領選挙の投票日目前であり、大統領選に介入したとの批判を浴びることになった[12]。彼の2016年の大統領選挙での役割、特に公衆通信に関する物は非常に議論の的となり、クリントンのドナルド・トランプに対する選挙敗北の要因とされている[13]

2017年5月9日、ドナルド・トランプ大統領よりFBI長官を解任された[14]。解任理由として、2016年アメリカ合衆国大統領選挙におけるロシアの干渉に関する捜査も取り沙汰されているが[15]、後日トランプ大統領は、解雇理由として「目立ちたがり屋で、組織を混乱させていた」ことを挙げている[16]

2017年6月8日、ロシアゲートに関し、コミー前米連邦捜査局(FBI)長官は米上院情報特別委員会の公聴会で証言した。 コミーは席上、ロシアが米国の大統領選挙に干渉したことは「疑いはない」と述べた。ドナルド・トランプ大統領から大統領自身が捜査対象ではないと公表するよう要求されたが、そうすると捜査状況に変化が生じた時に内容を訂正する義務が生じる可能性があるため、公表しなかったと説明している。トランプ大統領が、コミーに対して大統領への忠誠を求めたことには、行政機関においてFBIは伝統的に独立した地位にあるため、不安に感じたと説明した。大統領との会話の内容を詳細なメモに残した理由を、トランプ大統領がウソをつくことを恐れたためと説明した。大統領から「彼(フリン前米大統領補佐官(国家安全保障担当))はいいやつだ。捜査から手を引くことを望む」との発言は、捜査中止の命令ではないが、大統領の指示だと受けとめた、と発言した[17][18][19]

出典[編集]

  1. ^ Comey, James (2016年7月7日). “Hillary Clinton Email Investigation”. C-SPAN: 該当時間: 01:43:06. http://www.c-span.org/video/?412315-1/fbi-director-james-comey-testifies-hillary-clinton-email-probe&live 2016年7月7日閲覧. "I have been registered Republican for most of my adult life. Not registered any longer." 
  2. ^ Former US Deputy Attorney General joins HSBC Board”. HSBC Holdings plc. (2013年1月30日). 2013年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月26日閲覧。
  3. ^ McCaffrey, Shannon. "For new deputy attorney general, a department under fire", The Boston Globe, December 14, 2003. Accessed August 21, 2011. "As a teenager, he got a frightening taste of what it's like to be a crime victim when an intruder broke into his home in Allendale, N. J., while his parents were out and held his brother and him hostage at gunpoint. The captor fled and never was apprehended."
  4. ^ Alexandra Wolfe (2003年6月16日). “Meet Martha’s Prosecutor”. The New York Observer. http://observer.com/2003/06/meet-marthas-prosecutor/ 2015年7月11日閲覧. "James Comey grew up in a middle-class family in Yonkers and Bergen County, N.J. His father worked in corporate real estate; his mother was a homemaker and computer consultant. He attended the College of William & Mary and got his law degree at the University of Chicago." 
  5. ^ Michael S. Schmidt (2015年2月12日). “F.B.I. Director Speaks Out on Race and Police Bias”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2015/02/13/us/politics/fbi-director-comey-speaks-frankly-about-police-view-of-blacks.html 2015年7月11日閲覧。 
  6. ^ Weiser, Benjamin. "Man in the News; Reputation for Tenacity; James Brien Comey", The New York Times, December 2, 2011. Accessed August 21, 2011. "EDUCATION: Northern Highlands Regional High School, Allendale, N.J.; B.S., College of William and Mary; J.D., University of Chicago Law School."
  7. ^ "Mr. Comey Goes To Washington", New York magazine, October 2003. Retrieved May 21, 2007.
  8. ^ James B. Comey Former Deputy Attorney General”. The White House (2003年12月11日). 2017年6月8日閲覧。
  9. ^ Garrett M. Graff (2013年5月30日). “Opinions James Comey at FBI, a man who can say no”. The Washington Post. 2017年6月8日閲覧。
  10. ^ James Comey (2017年2月). “COMMENCEMENT REMARKS OF FBI DIRECTOR JAMES COMEY TO UNIVERSITY OF RICHMOND SCHOOL OF LAW CLASS OF 2016 (PDF)”. University of Richmond Law Review. 2017年6月8日閲覧。
  11. ^ Himes Congratulates Westport’s James Comey as New FBI Director”. Congressman Jim Himes website (2013年7月31日). 2016年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月25日閲覧。
  12. ^ FBI長官の「選挙介入」に批判の声 クリントン氏メール捜査公表で”. 2017年5月3日閲覧。
  13. ^ Comey Tried to Shield the F.B.I. From Politics. Then He Shaped an Election.”. The New York Times (2017年4月22日). 2017年4月22日閲覧。
  14. ^ “米大統領、コミーFBI長官を解任-司法長官の助言で”. bloomberg.co.jp (ブルームバーグ). (2017年5月9日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-05-09/OPPI8C6JIJUO01 2017年5月10日閲覧。 
  15. ^ トランプ米大統領、コミーFBI 長官を更迭 The Japan Times(2017年5月19日号)2017年5月23日閲覧
  16. ^ FBI前長官は「目立ちたがり屋」 FNN(2017年5月12日)2017年7月28日閲覧
  17. ^ JANE C. TIMM (2017年6月8日). “James Comey’s Senate Testimony on Trump: As It Happened”. CNBC. 2017年6月9日閲覧。
  18. ^ Chris Cillizza (2017年6月8日). “Winners and Losers from James Comey's testimony”. CNN. 2017年6月9日閲覧。
  19. ^ THE NEW YORK TIMES (2017年6月8日). “Full Transcript and Video: James Comey’s Testimony on Capitol Hill”. The New York Times. 2017年6月9日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

官職
先代:
ロバート・ミュラー
FBI長官
2013年 - 2017年
次代:
アンドリュー・G・マッケイブ
代行