ジェイムズ・テイト・ブラック記念賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェイムズ・テイト・ブラック記念賞(James Tait Black Memorial Prize)は、1919年にイギリスで創設された文学賞英語で書かれた作品を対象としており、イギリスで創設された文学賞としては最も古く、最も権威のある賞である。ジャネット・クーツ・ブラックが亡夫ジェイムズ・テイト・ブラックを偲んで、出版会社A & C Blackと協力して創設。スコットランドエディンバラ大学が運営母体となっている。

過去の著名な受賞者[編集]

ノーベル賞の受賞に先立って、ジェイムズ・テイト・ブラック記念賞を受賞している者が4人いる。ノーベル文学賞の受賞者であるウィリアム・ゴールディングナディン・ゴーディマーJ・M・クッツェーらがフィクション部門で、ドリス・レッシング伝記部門で受賞している。また1923年には、マラリアに関する研究で1902年にノーベル生理学・医学賞を受賞していたロナルド・ロスが、自伝によって伝記部門賞を受賞した。

その他の著名な受賞者としては、D.H.ローレンスアーノルド・ベネットジョン・バカンロバート・グレーヴスアーサー・ウェイリーグレアム・グリーンイーヴリン・ウォーアンソニー・パウエルミュリエル・スパークJ・G・バラードアンジェラ・カーターマーガレット・ドラブルサルマン・ラシュディなどがいる。

この10年間の受賞者からさらに挙げると、グレアム・スウィフトゼイディー・スミスマーティン・エイミスイアン・マキューアンがいる。最近(2007年)においては、Rosalind Belbenが『Our Horses in Egypt』で、Rosemary Hillが『God's Architect: Pugin and the Building of Romantic Britain』で受賞している[1]

選考過程と授与[編集]

受賞者の決定は英文科の教授により行われるが、候補者の選抜段階においては博士課程の学生も参加することで、選考の形式を厳格なものとしている。2006年の受賞に際してコーマック・マッカーシーの出版元が、賞の選考討議はスポンサーや他の文学賞、または各種メディアによる影響を受けておらず「学生たちと教授らの真剣な議論だけで、素晴らしい作品と素晴らしい本を決める」と賞賛のコメントを述べている[2]。 基金は現在、大学が補っており、2005年には賞金総額が6,000ポンドから20,000ポンドへ増額された[3]。これにより、フィクションと伝記を対象とする文学賞の中では、スコットランドで最多額の賞金が得られる賞となった[4]

大学は賞の管理と発展について、イアン・ランキンアレグザンダー・マコール・スミスジェームズ・ノーティらをメンバーとした小委員会からの助言を受けた。2007年8月、授賞式は初めてエディンバラ国際ブックフェスティバルで行われた[5]

受賞資格[編集]

英語で書かれたフィクション作品または伝記作品で、提出日までの十二ヶ月以内にイギリスで初出版されていること。フィクション部門賞と伝記部門賞が同時に一人の著者へ贈られる場合もあるが、どちらか片方の部門だけでも受賞した者は、以降、両部門における受賞資格を失う。

受賞者リスト[編集]

年度 フィクション部門 年度 伝記部門
1919 ヒュー・ウォルポール, The Secret City 1919 Henry Festing Jones, Samuel Butler, Author of Erewhon (1835-1902) - A Memoir
1920 デーヴィッド・ハーバート・ローレンス, The Lost Girl 1920 G. M. Trevelyan, Lord Grey of the Reform Bill
1921 ウォルター・デ・ラ・メア, Memoirs of a Midget 1921 リットン・ストレイチー, ヴィクトリア女王
1922 デイヴィッド・ガーネット, 狐になった奥様 1922 Percy Lubbock, Earlham
1923 アーノルド・ベネット, Riceyman Steps 1923 ロナルド・ロス, Memoirs, Etc.
1924 E・M・フォースター, A Passage to India 1924 Rev. William Wilson, The House of Airlie
1925 Liam O'Flaherty, The Informer 1925 Geoffrey Scott, The Portrait of Zelide
1926 Radclyffe Hall, Adam's Breed 1926 Reverend Dr H. B. Workman, John Wyclif: A Study of the English Medieval Church
1927 Francis Brett Young, Portrait of Clare 1927 H. A. L. Fisher, James Bryce, Viscount Bryce of Dechmont, O.M.
1928 Siegfried Sassoon, Memoirs of a Fox-Hunting Man 1928 John Buchan, Montrose
1929 J・B・プリーストリー, The Good Companions 1929 Lord David Cecil, The Stricken Deer: or The Life of Cowper
1930 E. H. Young, Miss Mole 1930 Francis Yeats-Brown, Lives of a Bengal Lancer
1931 Kate O'Brien, Without My Cloak 1931 J. Y. R. Greig, David Hume
1932 Helen de Guerry Simpson, Boomerang 1932 Stephen Gwynn, The Life of Mary Kingsley
1933 A. G. Macdonell, England, Their England 1933 Violet Clifton, The Book of Talbot
1934 ロバート・グレーヴス, この私、クラウディウス and Claudius the God 1934 J. E. Neale, Queen Elizabeth
1935 L. H. Myers, The Root and the Flower 1935 レイモンド・ウィルソン・チェンバーズ, トマス・モアの生涯
1936 Winifred Holtby, South Riding 1936 Edward Sackville West, A Flame in Sunlight: The Life and Work of Thomas de Quincey
1937 Neil M. Gunn, Highland River 1937 Lord Eustace Percy, John Knox
1938 セシル・スコット・フォレスター, 燃える戦列艦 および 勇者の帰還 1938 Sir Edmund Chambers, Samuel Taylor Coleridge
1939 オルダス・ハクスリー 多くの夏を経て 1939 David C. Douglas, English Scholars
1940 Charles Morgan, The Voyage 1940 Hilda F. M. Prescott, Spanish Tudor: Mary I of England
1941 Joyce Cary, A House of Children 1941 John Gore, King George V
1942 アーサー・ウェイリー, 英訳版西遊記(原著:呉承恩 1942 Lord Ponsonby of Shulbrede, Henry Ponsonby: Queen Victoria's Private Secretary
1943 Mary Lavin, Tales from Bective Bridge 1943 G. G. Coulton, Fourscore Years
1944 Forrest Reid, Young Tom 1944 C. V. Wedgwood, William the Silent
1945 L. A. G. Strong, Travellers 1945 D. S. MacColl, Philip Wilson Steer
1946 Oliver Onions, Poor Man's Tapestry 1946 Richard Aldington, A Life of Wellington: The Duke
1947 L. P. Hartley, Eustace and Hilda 1947 Rev. C. C. E. Raven, English Naturalists from Neckham to Ray
1948 グレアム・グリーン, 事件の核心 1948 Percy A. Scholes, The Great Dr Burney
1949 Emma Smith, The Far Cry 1949 John Connell, W. E. Henley
1950 Robert Henriques, Through the Valley 1950 Cecil Woodham-Smith, Florence Nightingale
1951 Chapman Mortimer, Father Goose 1951 Noel Annan, Leslie Stephen
1952 イーヴリン・ウォー, Men at Arms 1952 G. M. Young, Stanley Baldwin
1953 Margaret Kennedy, Troy Chimneys 1953 Carola Oman, Sir John Moore
1954 チャールズ・パーシー・スノー, The New Men and The Masters 1954 Keith Feiling, Warren Hastings
1955 Ivy Compton-Burnett, Mother and Son 1955 R. W. Ketton-Cremer, Thomas Gray
1956 Rose Macaulay, The Towers of Trebizond 1956 St John Greer Ervine, George Bernard Shaw
1957 アンソニー・パウエル, At Lady Molly's 1957 Maurice Cranston, Life of John Locke
1958 Angus Wilson, The Middle Age of Mrs. Eliot 1958 Joyce Hemlow, The History of Fanny Burney
1959 Morris West, The Devil's Advocate 1959 Christopher Hassall, Edward Marsh
1960 Rex Warner, Imperial Caesar 1960 Canon Adam Fox, The Life of Dean Inge
1961 Jennifer Dawson, The Ha-Ha 1961 M. K. Ashby, Joseph Ashby of Tysoe
1962 Ronald Hardy, Act of Destruction 1962 Meriol Trevor, Newman: The Pillar and the Cloud and Newman: Light in Winter
1963 Gerda Charles, A Slanting Light 1963 Georgina Battiscombe, John Keble: A Study in Limitations
1964 Frank Tuohy, The Ice Saints 1964 Elizabeth Longford, Victoria R.I.
1965 ミュリエル・スパーク, マンデルバウム・ゲート 1965 Mary Moorman, William Wordsworth: The Later Years 1803-1850
1966 Christine Brooke-Rose, Such, and Aidan Higgins, Langrishe, Go Down 1966 Geoffrey Keynes, The Life of William Harvey
1967 マーガレット・ドラブル, 黄金のイェルサレム 1967 Winifred Gerin, Charlotte Bronte: The Evolution of Genius
1968 Maggie Ross, The Gasteropod 1968 Gordon Haight, George Eliot
1969 エリザベス・ボウエンアンソニー・パウエル, エヴァ・トラウト 1969 アントニア・フレーザー, Mary, Queen of Scots
1970 Lily Powell, The Bird of Paradise 1970 Jasper Ridley, Lord Palmerston
1971 ナディン・ゴーディマー, A Guest of Honour 1971 Julia Namier, Lewis Namier
1972 ジョン・バージャー, G 1972 Quentin Bell, Virginia Woolf
1973 アイリス・マードック, 黒衣の王子 1973 Robin Lane Fox, Alexander the Great
1974 ロレンス・ダレル, Monsieur: or, The Prince of Darkness 1974 John Wain, Samuel Johnson
1975 Brian Moore, The Great Victorian Collection 1975 Karl Miller, Cockburn's Millennium
1976 ジョン・バンヴィル, コペルニクス博士 1976 Ronald Hingley, A New Life of Chekhov
1977 ジョン・ル・カレ, スクールボーイ閣下 1977 George Painter, Chateaubriand: Volume 1 - The Longed-For Tempests
1978 モーリス・ジー, プラム - ある家族の愛と憎しみ 1978 Robert Gittings, The Older Hardy
1979 ウィリアム・ゴールディング, 目に見える闇 1979 Brian Finney, Christopher Isherwood: A Critical Biography
1980 J・M・クッツェー, 夷狄を待ちながら 1980 Robert B. Martin, Tennyson: The Unquiet Heart
1981 サルマン・ラシュディ, 真夜中の子供たち, および ポール・セロー, モスキート・コースト 1981 Victoria Glendinning, Edith Sitwell: Unicorn Among Lions
1982 ブルース・チャトウィン, On The Black Hill 1982 Richard Ellmann, James Joyce
1983 Jonathan Keates, Allegro Postillions 1983 Alan Walker, Franz Liszt: The Virtuoso Years
1984 J・G・バラード, 太陽の帝国, および アンジェラ・カーター, 夜ごとのサーカス 1984 Lyndall Gordon, Virginia Woolf: A Writer's Life
1985 Robert Edric, Winter Garden 1985 David Nokes, Jonathan Swift: A Hypocrite Reversed
1986 Jenny Joseph, Persephone 1986 Dame Felicitas Corrigan, Helen Waddell
1987 George Mackay Brown, The Golden Bird: Two Orkney Stories 1987 Ruth Dudley Edwards, Victor Gollancz: A Biography
1988 Piers Paul Read, A Season in the West 1988 Brian McGuinness, Wittgenstein, A Life: Young Ludwig (1889-1921)
1989 James Kelman, A Disaffection 1989 Ian Gibson, Federico Garcia Lorca: A Life
1990 William Boyd, Brazzaville Beach 1990 Claire Tomalin, The Invisible Woman: The Story of Nelly Ternan and Charles Dickens
1991 Iain Sinclair, Downriver 1991 Adrian Desmond and James Moore, Darwin
1992 Rose Tremain, Sacred Country 1992 Charles Nicholl, The Reckoning: The Murder of Christopher Marlowe
1993 Caryl Phillips, Crossing the River 1993 Richard Holmes, Dr Johnson and Mr Savage
1994 アラン・ホリングハースト, The Folding Star 1994 ドリス・レッシング, Under My Skin
1995 クリストファー・プリースト, 奇術師 1995 Gitta Sereny, Albert Speer: His Battle with Truth
1996 グレアム・スウィフト, 最後の注文, および Alice Thompson, Justine 1996 Diarmaid MacCulloch, Thomas Cranmer: A Life
1997 Andrew Miller, Ingenious Pain 1997 R. F. Foster, W. B. Yeats: A Life, Volume 1 - The Apprentice Mage 1965-1914
1998 Beryl Bainbridge, Master Georgie 1998 Peter Ackroyd, The Life of Thomas More
1999 Timothy Mo, Renegade, or Halo2 1999 Kathryn Hughes, George Eliot: The Last Victorian
2000 ゼイディー・スミス, ホワイト・ティース 2000 マーティン・エイミス, Experience
2001 Sid Smith, Something Like a House 2001 Robert Skidelsky, John Maynard Keynes: Volume 3 - Fighting for Britain 1937-1946
2002 Jonathan Franzen, コレクションズ 2002 Jenny Uglow, The Lunar Men: The Friends Who Made the Future 1730-1810
2003 Andrew O'Hagan, Personality 2003 Janet Browne, Charles Darwin: Volume 2 - The Power of Place
2004 デイヴィッド・ピース, GB84 2004 Jonathan Bate, John Clare: A Biography
2005 イアン・マキューアン, 土曜日 2005 Sue Prideaux, Edvard Munch: Behind the Scream
2006 コーマック・マッカーシー, ザ・ロード 2006 Byron Rogers, The Man Who Went into the West: The life of R.S. Thomas
2007 Rosalind Belben, Our Horses in Egypt 2007 Rosemary Hill, God's Architect: Pugin and the Building of Romantic Britain
2008 Sebastian Barry, The Secret Scripture 2008 Michael Holroyd, A Strange Eventful History
2009 A・S・バイアット, The Children's Book 2009 John Carey, William Golding: The Man Who Wrote Lord of the Flies
2010 Tatjana Soli, The Lotus Eaters 2010 Hilary Spurling, Burying the Bones: Pearl Buck in China
2011 Padgett Powell, You and I 2011 Fiona MacCarthy, The Last Pre-Raphaelite: Edward Burne-Jones and the Victorian Imagination

出典[編集]

  1. ^ “Video report of the James Tait Black Prize ceremony, August 2008”. University of Edinburgh. (2008年8月22日). http://www.ed.ac.uk/polopoly_fs/1.4166!fileManager/jamestaitblack08.wvx 
  2. ^ “Video report of the James Tait Black Prize ceremony, August 2007”. University of Edinburgh. (2007年8月27日). http://www.ed.ac.uk/explore/people/jamestaitblack/200708_25_JTBAward.wvx 
  3. ^ “University boosts James Tait Black Prizes”. University of Edinburgh. (2005年11月28日). http://www.ed.ac.uk/news/051125prize.html 
  4. ^ “Ali Smith hits the shortlists again”. The Guardian. (2006年5月2日). http://books.guardian.co.uk/news/articles/0,,1765877,00.html 
  5. ^ “James Tait Black Memorial Prize Ceremony”. The University of Edinburgh. (2007年6月8日). http://www.ed.ac.uk/explore/people/jamestaitblack/ceremony.html 

外部リンク[編集]