デイヴィッド・ガーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デイヴィッド・ガーネット
David Garnett
誕生 (1892-03-09) 1892年3月9日
イングランドの旗 イングランドイースト・サセックスブライトン
死没 (1981-02-17) 1981年2月17日(88歳没)
フランスの旗 フランスミディ=ピレネー地域圏ロット県
職業 作家
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

デイヴィッド・ガーネットDavid Garnett1892年3月9日 - 1981年2月17日)は、イギリスの作家。ブルームズベリー・グループのメンバーでもあった。

生涯[編集]

作家のエドワード・ガーネットとロシア文学翻訳者のコンスタンス・ガーネットの一人息子としてブライトンで生まれる。彼は幼いころにウサギの皮でできた外套を持っていたため、友人からBunnyと呼ばれていた。

王立協会で植物学を専攻していたが、第一次世界大戦では良心的兵役拒否をして戦災者の救済に当たる。戦後大英博物館の近くで友人と本屋を開いた。また、フランシス・メネルナンサッチプレスを設立している。

イラストレーターのレイチェル・マーシャルと結婚し、2人の息子をもうけたが、レイチェルは1940年に乳がんのため亡くなった。

彼は基本的に異性愛であったが、ダンカン・グラントと一時同性愛関係にあったという。1918年12月25日にダンカンとヴァネッサ・ベルの娘、アンジェリカが生まれるとき立ち会っており、次のような文章を書き遺している。「私は彼女と結婚したい。彼女が20のとき私は46だ。―これは恥ずべきことなのだろうか」[1]。1942年5月8日、デイヴィッドとアンジェリカは結婚した。

2人の間には4人の子供が生まれた。長女のアマリリスは女優になった。次女のヘンリエッタはレイチェルの父の甥と結婚し、デイヴィッドとダンカンの遺産を相続した。

アンジェリカと離婚した後、フランスに移り住み余生を過ごした。

著作物[編集]

  • Turgenev (1917)
  • Dope Darling (1919) 小説、Leda Burke名義
  • 狐になった奥様 Lady into Fox (1922) 小説
  • 動物園に入った男 A Man in the Zoo (1924)小説
  • 水夫の帰郷 The Sailor's Return (1925) 小説
  • Go She Must! (1927) 小説
  • The Old Dove Cote (1928) stories
  • A Voyage to the Island of the Articoles (1928)アンドレ・モーロワによる著作の翻訳
  • Never Be a Bookseller (1929) memoirs
  • No Love (1929) 小説
  • イナゴの大移動 The Grasshoppers Come (1931)
  • A Terrible Day (1932)
  • A Rabbit in the Air. Notes from a diary kept while learning to handle an aeroplane (1932)
  • ポカホンタス Pocahontas (1933)
  • Letters from John Galsworthy 1900-1932 (1934)
  • ビーニー・アイ Beany-Eye (1935)
  • The Letters of T. E. Lawrence (1938) editor
  • The Battle of Britain (1941)
  • War in the Air (1941)
  • The Campaign in Greece and Crete (1942)
  • The Novels of Thomas Love Peacock (1948) editor
  • The Golden Echo (1953) 自伝
  • The Flowers of the Forest (1955) 自伝
  • アスペクツ・オブ・ラブ Aspects of Love (1955)[2]
  • A Shot in the Dark (1958)
  • A Net for Venus (1959) 小説
  • The Familiar Faces (1962)自伝
  • Two by Two (1963)小説
  • T.E.ロレンス書簡集 338171 T. E. (Lawrence of Arabia) (1963)ビクトリア・オカンポ英語版の書簡集の翻訳
  • Ulterior Motives (1966) 小説
  • The White/Garnett Letters (1968) correspondence with T. H. White
  • Carrington: Letters & Extracts From Her Diaries (1970)
  • First 'Hippy' Revolution (1970)
  • A Clean Slate (1971)
  • The Sons of the Falcon (1972) 小説
  • Purl and Plain (1973) stories
  • Plough Over the Bones (1973)小説
  • 長靴をはいた猫 The Master Cat (1974)
  • Up She Rises (1977)
  • 素晴らしき仲間たち 17人の作家の肖像 Great Friends. Portraits of Seventeen Writers (1979)
  • David Garnett. C.B.E. A Writer's Library (1983)
  • The Secret History of PWE : The Political Warfare Executive, 1939-1945 (2002)

日本語訳[編集]

  • 『愛のさまざま』(新潮社 昭和32)
  • 『ガーネット傑作集』(全5巻) (河出書房新社2004-2006)[3]
  • 『狐になった奥様』安藤貞夫訳 (岩波文庫 2007)
  • 『素晴らしき仲間たち―17人の作家の肖像』 (鳳書房 2007)

参考文献[編集]

  • Heilbrun, Carolyn G. The Garnett Family (1961) also on Richard Garnett, Jeremiah Garnett, Edward Garnett, Constance Garnett
  • 池央耿『翻訳万華鏡』(河出書房新社2013年)「狐のガーネット」pp.161-167

脚注[編集]

  1. ^ "I think of marrying it. When she is 20, I shall be 46 -- will it be scandalous?"
  2. ^ 日本では橋本福夫訳『愛のさまざま』(新潮社1957年)として出版されて、後にアンドルー・ロイド・ウェバーミュージカル「アスペクツ オブ ラブ 恋はすべてを変える」となって日本でも劇団四季によって公演された。
  3. ^ 新庄哲夫による『アスペクツ・オブ・ラブ』の新訳などが入っている。

外部リンク[編集]