シロカブト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シロカブト亜属
グラントシロカブト
グラントシロカブト
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目 (鞘翅目) Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: コガネムシ科 Scarabaeidae
亜科 : カブトムシ亜科 Dynastinae
: 真性カブトムシ族 Dynastini
: ヘラクレスオオカブト属 Dynastes
英名
white beetle

シロカブト(白兜)は、コウチュウ目(鞘翅目)・コガネムシ科・カブトムシ亜科・真性カブトムシ族・ヘラクレスオオカブト属に分類される昆虫の内で、体色が白や黄色などをしている種類の総称である。

分布[編集]

北アメリカ南部から、中央アメリカ一帯に生息し、新大陸を代表するカブトムシ類である。

しかし、同属のヘラクレスオオカブトよりも遙かに小さく、多くの種類は日本のカブトムシよりも小型であり、代表種のグラントシロカブトの体長は最大でも70mm程で、日本のカブトムシの大型個体には及ばない。

この系統で最大のヒルスシロカブトでも、最大でも90mmほどで、ヘラクレスやゾウカブトといった、他の南米産の巨大種と比べると小さい。

角がやや短く、闘争面でもヘラクレスオオカブトなどに比べて、あまり激しくはないといわれる。

生態[編集]

日本のカブトムシと同じく、幼虫は腐植土朽ち木の下に生息し、そこの腐食物や朽ち木を食べて成長する。

成虫は夜行性で、場合によっては昼間にも活動する。樹液や熟れた果実に集まり、または木の幹を傷つけてそこからにじみ出てくる樹液を吸う。

野外に出てからの成虫の寿命は比較的短く、数ヶ月ほどであるとされる。

種類[編集]

グラントシロカブト Dynastes granti
グラントシロカブト
アリゾナ州などの砂漠地帯に生息する。グラントオオカブトとも呼ばれる。カブトムシ類には珍しく、全身が白である。現地での採集は禁止されている。名はかつてはアメリカ合衆国第18代大統領でもある南北戦争の北軍最高司令官ユリシーズ・S・グラントに由来するという説が有力だったが、最近ではアリゾナ州(Fort Grant)に由来するという説が最も有力である。
北米産のカブトムシの中では最大種。
ヒルスシロカブト Dynastes hyllus
ヒルスシロカブト
中央アメリカホンジュラスに分布する。シロカブト亜属最大。ヒルスオオカブトとも呼ばれる。白に濃い黄色の混じった色合いをしており、時に黄金色と形容される。サンタ・マルタ山脈にssp. moroni (後述のモロンシロカブト)がいる。これはMiguel Ángel Moron-Ríosに献名されたもの。
ティティウスシロカブト Dynastes tityus Unicorn beetle
ティティウスシロカブトのメス
アメリカ合衆国東部に分布する。色はヒルスシロカブトに近い。ティティウスオオカブトとも呼ばれる。
グラントよりも、角は短い。現地ではユニコーン・ビートルと呼ばれている。
マヤシロカブト Dynastes maya
メキシコチャパス州グアテマラホンジュラスに分布する。
ミヤシタシロカブト Dynastes miyashitai
メキシコ南部プエブラ州テフアカンにのみ棲息する。名前は標本商の宮下哲夫に由来する。ヒルスシロカブトに近いが、色はグラントシロカブトのほうに似ている。
モロンオオカブト Dynastes hyllus moroni Nagai
ヒルスシロカブトの亜種。モロンシロカブトとも呼ばれる。メキシコの山塊サンタ・マルタ山脈に分布。

飼育[編集]

同じ属に属するヘラクレスオオカブトと殆ど同じでよいが、グラントシロカブトの卵は半年間もまったく孵化せず、ある日突然孵化することもあるので注意が必要。孵化してしまえば成長にそれほど時間はかからないが、羽化後繁殖が可能になるまでは少なくとも2ヶ月・長いと3ヶ月は必要である。ヒルスシロカブトなどは1年サイクル型と2年サイクル型がある。

関連項目[編集]