シャンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仏教
波羅蜜
 
十波羅蜜
布施
持戒
出離
精進
忍辱
真諦
   
六波羅蜜
布施
持戒
忍辱
精進
禅定
 
同色は両者に存在する項目

シャンティ (サンスクリット語: शान्तिः (śāntiḥ), サンスクリット語発音: [ɕaːntɪh]ヒンディー語: शम (śam)、英語: Shanti) の、本来の意味は憎悪の感情のない友愛に満たされた状態で、戦争の対義語である「平和」の事である[1]。 社会的外面的「平和」から、内面的な「平穏」・「寂静」も意味し[2]ヒンドゥー教ヨガ仏教などにおいて追求される「心の平安」、「内なる平和」の事である。英語では音訳で「SHANTI」その訳として「: inner peace」、漢訳では「寂」[要出典]、または「羼提」と訳される[3]。当記事では梵語のShantiとそれにちなむ項目について記述する。

宗教[編集]

ヨガにおけるマントラでは、「Om Shanti Shanti Shanti」とシャンティが三度唱えられる。この三唱により体・心・スピリッツを平安に導くものである[4][5]。この三唱については、自分・周囲・世界の三位の平和を祈るとするものもある[6][7]。またこのシャンティ三唱のマントラはヒンズー教や仏教の行の終わりにも参加者の平安を祝福するものとして唱えられる[4]

シャンティ(inner peace)の概念は、近年マハトマ・ガンディーサティヤーグラハの思想や、サティヤ・サイ・ババなどの教え、さらには世界的に普及しているヨガなどの影響で広く知られてきている[8]

仏教においては、波羅蜜en:Kshanti (クシャーンティ)であり、中国語でzh:忍_(佛教)と表わされている[9]。日本語では六波羅蜜の「忍辱波羅蜜(羼提: せんだい、Kṣānti (クシャーンティ))」であり、耐え忍ぶことを意味している[10]。苦難迫害を耐え忍び、動じない安らぎ・平穏を得る為の悟りの行である[11][12]。 忍耐・寛容の行の末に心の平穏を得るものである。

その他の用法[編集]

シャーンティデーヴァ(寂天)

詳細は英語版の「en:Shanti」を参照。

平和・平安を意味するシャンティは、女性の名前として人気がある。インド神話においてはダクシャとShraddhaの娘の1人の名がシャンティであり、 DharmaやAtharvanの妻もシャンティという名であった。ドゥルガーの名もシャンティであり、ガネーシャの50のシャクティの一つもシャンティである[13]

人物・組織[編集]

シャンティ・スナイダー 20110630 Japan Expo 34 (Paris, France)

インドではポピュラーな名前であるが、日本においてもヨガスタジオインド料理店から、由来は不明だが喫茶店美容院などの店名などに使われている。

地名・建造物[編集]

Visva-Bharati大学の創立50周年を記念したタゴールの肖像と学舎の画像の切手(1971)
Shanti Stupa

音楽・映像作品[編集]

島谷ひとみ

インドではシャンティとタイトルのつく多くの映画やテレビ番組が制作されている。

注釈[編集]

  1. ^ インドにはいくつもの同名の町が存在する。

出典[編集]