コンテンツにスキップ

シェリル・ウーダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シェリル・ウーダン
Sheryl WuDunn
シェリル・ウーダン(2012年10月)
生誕 (1959-11-16) 1959年11月16日(64歳)[1]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
出身校 コーネル大学 (B.A., 1981)[2]
ハーバード・ビジネス・スクール (M.B.A.)
プリンストン大学 (M.P.A.)
職業 作家、ジャーナリスト、投資家
配偶者
テンプレートを表示
シェリル・ウーダン
各種表記
繁体字 伍潔芳
簡体字 伍洁芳
拼音 Wǔ Jiéfāng
英語名 Sheryl WuDunn
テンプレートを表示

シェリル・ウーダン(Sheryl WuDunn、中国名 伍潔芳1959年11月16日 - )は、アメリカ合衆国の投資家、作家である。

テクノロジー、ニューメディア、新興市場の成長企業に焦点を当てたシニアバンカーであり、ダブルボトムライン英語版企業、代替エネルギー問題、女性起業家についても取り組んでいる。ゴールドマン・サックス個人資産管理アドバイザーを務めた経験もあり、以前はニューヨーク・タイムズ社のジャーナリストであり、同社の役員でもあった。現在は、ニューヨークで中小企業にサービスを提供するブティック型投資銀行英語版であるMid-Market Securitiesのシニア・マネージング・ディレクターを務めている[3]

中国系アメリカ人3世であり、ニューヨーク・タイムズ社に採用された初のアジア系アメリカ人記者である。中国語日本語を多少話す。

ペンシルバニア大学ミドルベリー大学から名誉博士号を授与された。2011年秋にイェール大学ジャクソン国際問題研究所英語版の上級講師を務めた。また、ブルームバーグTVNPR、『コルベア・レポー』、『チャーリー・ローズ英語版』などのテレビ・ラジオ番組で中国や世界情勢に関するコメンテーターとして活動するほか、国際通貨基金世界銀行外交問題評議会などでも講演を行っている。

生涯

[編集]

中国系アメリカ人の家庭に生まれ、ニューヨーク市マンハッタンアッパー・ウエスト・サイドで育った。1981年にコーネル大学からヨーロッパ史の学士号(B.A.)を取得した[4]バンカーズ・トラスト英語版で国際融資担当者として3年間勤務した。その後、ハーバード・ビジネス・スクール経営学修士号(MBA)を取得し、プリンストン大学ウッドロウ・ウィルソン・スクール英語版公共経営修士号(MPA)を取得した。

1988年に『ニューヨーク・タイムズ』記者のニコラス・クリストフと結婚した。『ウォールストリート・ジャーナル』などを経て、1989年にニューヨーク・タイムズ社に入社し、特派員として北京支局や東京支局に派遣された。同紙では、世界のエネルギー、世界市場、海外テクノロジー、海外産業を取材し、中国の経済成長から日本のテクノロジー、ロシアの石油・ガスからブラジルの代替エネルギーに至るまで、国際的なビジネストピックを担当した。また、『ニューヨーク・タイムズ』の翌日の記事を紹介するテレビ番組『ニューヨーク・タイムズ・ページ・ワン』のキャスターを務めた。ニューヨーク・タイムズ社の戦略企画部と発行部では、次世代の新聞読者の育成に尽力した。ニューヨーク・タイムズ社の中で、報道と経営の両方のキャリアを経験した、数少ない人物の一人である。

ゴールドマン・サックスの投資運用部門で副社長として個人資産管理アドバイザーを務めた後、本を書くために退職した[5]

1989年の天安門事件の報道で、夫のクリストフと共に、1990年のピューリッツァー賞国際報道部門英語版を受賞した[6]。夫婦でのピューリッツァー賞受賞は初めてのことであり、また、アジア系アメリカ人女性記者としても初のピューリッツァー賞受賞となった。また、中国での取材でジョージ・ポルク賞アメリカ海外特派員クラブ英語版賞も受賞している。

2009年には、クリストフと共にデイトン文学平和賞英語版の生涯功労賞を受賞した[7]。2011年には、『ニューズウィーク』誌の「世界を動かす150人の女性」の一人に選ばれた[8]

2015年、彼女はONE Campaignが署名を募っていた公開書簡に署名した。この書簡は、ドイツ首相のアンゲラ・メルケル南アフリカの政治家のヌコサザナ・ドラミニ・ズマ英語版に宛てられたもので、新たな開発目標を確立する2015年9月の主要な国連サミットにおいて、開発資金の優先順位を設定する際に、ドイツにはG7の、南アフリカにはアフリカ連合を代表して、女性に焦点を当てるように促すものである[9]

書籍

[編集]
映像外部リンク
Booknotes interview with WuDunn and Kristoff on China Wakes, October 16, 1994, C-SPAN
TimesTalks interview with WuDunn and Kristoff on Half the Sky, September 15, 2009, C-SPAN

ウーダンは夫との共著で4冊の本を出している。China Wakes: The Struggle for the Soul of a Rising Power(日本語訳『新中国人英語版』)とThunder from the East: Portrait of a Rising Asia(日本語訳『アジアの雷鳴英語版』)は、東アジアの文化的、社会的、政治的状況を、インタビューや個人的な体験を通して考察したアジア研究書である。3冊目の本はHalf the Sky: Turning Oppression into Opportunity for Women Worldwide(日本語訳『ハーフ・ザ・スカイ英語版』)[10]で、この本を元にした PBSのドキュメンタリー番組で、ウーダンは賞を受賞した。『ハーフ・ザ・スカイ』はFacebookのゲームにもなり、110万人以上がプレイした。2014年に刊行された4冊目の本A Path Appears: Transforming Lives, Creating Opportunityは、利他主義が我々にどのような影響を与え、どのように変化をもたらすかについて書かれている[11]

役職

[編集]

財務委員会や投資委員会など、10年以上にわたってコーネル大学の評議員を務めた。また、プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクールの諮問委員を長年務め、2013年には同窓生からプリンストン大学の理事に選出された。

著作物

[編集]
  • Nicholas D. Kristof; Sheryl WuDunn (12 October 2011). China Wakes: The Struggle for the Soul of a Rising Power. Knopf Doubleday Publishing Group. ISBN 978-0-307-76423-2. https://books.google.com/books?id=j0Th3uZP1x8C 
    • 日本語訳: ニコラス・D・クリストフ、シェリル・ウーダン 著、伊藤整、伊藤由紀子 訳『新中国人』新潮社、1996年。ISBN 978-4105327019 
  • Nicholas D. Kristof; Sheryl WuDunn (23 February 2001). Thunder from the East. Knopf Doubleday Publishing Group. ISBN 978-0-375-41269-1. https://books.google.com/books?id=MQTF4r32pycC 
    • 日本語訳: ニコラス・D・クリストフ、シェリル・ウーダン 著、田口佐紀子 訳『アジアの雷鳴: 日本はよみがえるか!?』集英社、2001年。ISBN 978-4087733334 
  • Nicholas D. Kristof; Sheryl WuDunn (8 September 2009). Half the Sky. Knopf Doubleday Publishing Group. ISBN 978-0-307-27315-4. https://books.google.com/books?id=q2eNLtaZ7osC 
    • 日本語訳: ニコラス・D・クリストフ、シェリル・ウーダン 著、北村陽子 訳『ハーフ・ザ・スカイ――彼女たちが世界の希望に変わるまで』英治出版、2010年。ISBN 978-4-86276-086-9 
  • Nicholas D. Kristof; Sheryl WuDunn (23 September 2014). A Path Appears: Transforming Lives, Creating Opportunity. Knopf Doubleday Publishing Group. ISBN 978-0-385-34992-5. https://books.google.com/books?id=M31zAwAAQBAJ 
  • Nicholas D. Kristof; Sheryl WuDunn (14 January 2020). Tightrope: Americans Reaching for Hope. Knopf Doubleday Publishing Group. ISBN 9780525655091. https://www.google.com/books/edition/Tightrope/OIiVDwAAQBAJ?hl=en&gbpv=0 

脚注

[編集]

外部リンク

[編集]