サンルートプラザ東京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンルートプラザ東京
ホテル概要
正式名称 サンルートプラザ東京
運営 株式会社プラザサンルート
所有者 株式会社プラザサンルート
階数 地下1階 - 9階
レストラン数 3軒
部屋数 696室
延床面積 19,834.76m2(敷地面積) m²
駐車場 約280台
開業 1986年昭和61年)7月20日
最寄駅 ディズニーリゾートラインベイサイド・ステーション
最寄IC 首都高速湾岸線浦安出入口舞浜入口
所在地 〒279-0031
千葉県浦安市舞浜1-6
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

サンルートプラザ東京(サンルートプラザとうきょう、SUNROUTE PLAZA TOKYO)は、サンルートホテルチェーンのホテルの一つであり、東京ディズニーリゾート (TDR) 内にある東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルの一つでもある。

概要[編集]

  • 所在地:千葉県浦安市舞浜1-6
  • 開業日:1986年昭和61年)7月20日
  • 客室数:696室
  • 料飲施設:3箇所
  • 宴会施設:9箇所
  • 所有:株式会社プラザサンルート
  • 経営・運営:株式会社プラザサンルート

TDRで最初に開業したホテル[1][2]

オフィシャルホテルおよびディズニーホテルの中では、価格帯などが比較的廉価となっている[3]

開業当初の客室数は500室余りだったが、2003年にサウスウイングを増築し、696室に増設した。

客室[編集]

客室数 696室/収容人数 2,306人

スタンダードツインといった普通の客室もあるが、以下のようにコンセプトルームがあり、人気が高い[4]

クルージングキャビン
客船をテーマとした客室。客室の壁にはオールや救命胴衣が飾られている。最上階のエレベータホールは操舵室の設定であり、舵輪や救命ボートがある。下層のエレベータホールはエンジンルームの設定で窓などが無い。
フロンティアルーム
西部開拓時代のアメリカをテーマとした客室。客室の壁には宝の地図が掲げられており、ティーテーブルは羅針盤をデザインしたものとなっている。エレベータホール、廊下なども壁や天井に小動物の足跡が描かれていたり、小動物用の扉などが飾られている。
プレジャールーム
1950年代のアメリカンドリームをテーマとした客室。
キャッスルルーム
「お城の中のゲストルーム」をテーマとした客室。客室や廊下に「ガラスの靴」「赤いリンゴ」といったおとぎ話に登場するアイテムが飾られている。

レストラン[編集]

スカイホール「カーニバル」
メインダイニングレストラン。
コーヒーハウス「カリフォルニア」
カジュアルレストラン。ビュッフェ・バイキングなども開催されている。
日本料理「浜風」
舞浜ベイエリア最大のお座敷をもつ和風レストラン。

宴会場[編集]

  • 大宴会場1室
  • 中宴会場2室
  • 小宴会場2室

交通アクセス[編集]

電車[編集]

  • JR京葉線舞浜駅下車。徒歩、または、ホテルまで無料送迎バス(時間帯によっては東京ディズニーランドを経由、所要時間約4分)を利用。
  • ディズニーリゾートラインを「ベイサイド・ステーション」で下車。無料送迎バスまたは徒歩で約3分
  • 東京ディズニーランドから徒歩、または、ホテルまで無料送迎バスあり(時間帯によっては舞浜駅を経由、所要時間約3分)

バス[編集]

[編集]

宿泊者特典[編集]

出典[編集]

  1. ^ 奥野一生 『新・日本のテーマパーク研究』 竹林館、2008年、99頁。ISBN 9784860001537
  2. ^ 中島恵 『ディズニーランドの国際展開戦略』 日本ヴォーグ社、2014年、68頁。ISBN 9784864871983
  3. ^ TDL&TDS裏技調査隊 『東京ディズニーランド&シー得する裏技ハンディガイド2016年版』 廣済堂出版2015年、183頁。ISBN 9784331519745
  4. ^ 『るるぶ東京'17』 JTBパブリッシング2016年、180頁。ISBN 9784533111365

外部リンク[編集]