サンピエール・ミクロンの旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サンピエール・ミクロンの非公式な旗。2:3

サンピエール・ミクロンの旗は、公式にはフランス三色旗(トリコロール)が用いられている。

これとは別に、地域的に用いられる非公式な旗がある。

非公式な旗[編集]

サンピエール・ミクロンの非公式な旗は、1982年につくられた。青地(大西洋)に黄色い船が描かれており、ホイスト(旗竿側)には3つの長方形の領域があり、別の旗の意匠が組み込まれている。

船は、ジャック・カルティエ1536年6月15日にサンピエール島を「発見」した際の乗船グラン・ヘルミナ号 (Grande Hermineとされる。ホイストの意匠はこの島々に移住した主要な3つの集団のルーツを示すもので、上からバスク人(バスクの旗「イクリニャ」)、ブルトン人ブルターニュ)、ノルマン人ノルマンディー)を表している。

この非公式な旗のデザインは、Léon Joner によってデザインされたサンピエール・ミクロンの紋章 (Coat of arms of Saint Pierre and Miquelonと要素を同じくする。この非公式な旗をデザインしたのは、地元の実業家である André Paturel である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]