コンセール・ラムルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンセール・ラムルー(Concerts Lamoureux)は、パリの民営のオーケストラ。ラムルー管弦楽団(Orchestre Lamoureux)とも呼称される。

概要[編集]

1881年シャルル・ラムルーにより設立された。コンセール・パドルーコンセール・コロンヌと並ぶ、パリ3大民間オーケストラの一つである。

後述するように、フォーレ、ドビュッシー、ラヴェルといった作曲家の数々の管弦楽曲等の初演を行っている。

1993年から2010年まで、佐渡裕が首席指揮者を務めた。このことによって、日本においては、当該楽団を知る向きも多い。

歴史[編集]

1881年ヴァイオリン奏者指揮者のシャルル・ラムルーが、パリ10区にあったシャトー・ド・オー劇場(Théâtre du Château d'Eau)と週毎のコンサートを契約し、『新コンサート協会』(la Société des Nouveau Concerts)を編成して、10月23日、初の演奏会を開いた。パリにはすでに、パリ音楽院管弦楽団コンセール・ポピュレールコンセール・コロンヌがあった。

コンサートでラムルーは、内外の新しい曲の演奏に努め、また、ワーグナーの紹介に意欲的であった。

1897年、ラムルーは女婿のカミーユ・シュヴィヤールに席をゆずり、協会は『コンセール・ラムルー協会』(l'Association des Concerts Lamoureux)と改名した。

その後演奏会場を転々と変えたが、1907年から、8区に新築されたサル・ガヴォー(Salle Gaveau)を本拠とした。

第一次世界大戦中の1914年から1918年までは、楽員不足のためコンセール・コロンヌと合同し、カミーユ・シュヴィヤールがコンセール・ラムルーの名で、ガブリエル・ピエルネがコンセール・コロンヌの名で指揮して、交互に演奏会を続けた。

歴代首席指揮者等[編集]

初演の記録(抄)[編集]

各項末尾の括弧書きは、指揮者。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

外部リンク[編集]