カミーユ・シュヴィヤール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カミーユ・シュヴィヤール

カミーユ・シュヴィヤールCamille Chevillard1859年10月14日パリ - 1923年5月30日イヴリーヌ県シャトゥ(Chatou))は、フランスの指揮者、作曲家、ピアニスト。シャルル・ラムルーコンセール・ラムルー管弦楽団の創設者)の女婿。

生涯[編集]

父アレクサンドルは優れたヴァイオリン奏者であった。パリ音楽院に進んでピアノを修め、二等賞を得、作曲家を志す。

1895年、モーリス・アヨ(Maurice Hayot)、ジョセフ・サルモン(Joseph Salmon)と共にピアノ三重奏団を結成した。

1897年シャルル・ラムルーの指揮するリヒャルト・ワーグナーローエングリン」のパリ公演に関わる。同年、シャルル・ラムルーがコンセール・ラムルーの常任指揮者の座を退き、女婿のシュヴィヤールが跡を継いだ。1823年までの主席指揮者在任中、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンロベルト・シューマン、ワーグナー、フランツ・リストらの作品を紹介し、また、次の作品などを初演した。

1907年、パリ音楽院の器楽合奏の教授に就任。また、1914年にはオペラ座の音楽監督となり、そこで1923年1月15日、友人でもあったガブリエル・ピエルネのバレエ「シダリーズと牧羊神英語版」を初演した。

代表的作品[編集]

  • ピアノ五重奏曲 変ホ短調 作品1(1882年)
  • ピアノ三重奏曲 作品3(1884年)
  • 主題と変奏 作品5
  • 交響的バラード 作品6(1889年)
  • 交響的幻想曲 作品10
  • 4つの小品 作品11(1893年)
  • チェロソナタ 変ロ長調 作品15(1896年)
  • 弦楽四重奏曲 変ニ長調 作品16(1897-98年)

出典[編集]

外部リンク[編集]