コレウス・フォルスコリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コレウス・フォルスコリ
Boldo 004.jpg
コレウス・フォルスコリ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: Plectranthus
: コレウス・フォルスコリ P. barbatus
学名
Plectranthus barbatus Andrews
シノニム

Coleus barbatus
Coleus forskohlii

英名
Indian coleus

コレウス・フォルスコリ(学名:Plectranthus barbatusシノニムColeus forskohliiC. barbatus)とはインドネパールに自生するシソ科の植物でインドの伝統医学・アーユルヴェーダにおいて用いられてきたハーブ低木であり青いを大量につけ、ベルベットのように柔らかい[1]

概要[編集]

もともと降圧剤などの高血圧等の症状において用いられてきたものであるが、近年ダイエットにも効果があることが判明したとされ、成分を抽出したダイエット食品も販売されるようになった。[要出典]しかしながら2011年現在、この植物からそのような作用に関連する成分は見つかっていない。かつてはコレウス属Coleus)に分類されていたが、現在ではPlectranthus属とされている。

用途[編集]

ケニアでは糸の染色に用いられる[要出典]ほか、キクユ族モイゴヤキクユ語: mũigoya)と呼び、生垣を作るために、また葉[注 1]バナナを包んで熟させるために用いたり[1][2]トイレットペーパーにあたるものとしても用いたりする[1]ほか、ニエリ県では葉を煎じ薬として歯痛の不調、便秘に対して処方するとの報告がある[3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ キクユ語では葉のみを表す語彙も存在する。1枚であれば rĩigoya、2枚以上であれば maigoya と呼ばれる[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Benson (1964:183).
  2. ^ ナポリ (2011).
  3. ^ Kamau et al. (2016:8–9).

参考文献[編集]

関連項目[編集]