コミックハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コミックハウス
COMIC HOUSE
種類 株式会社
本社所在地 101-0061
東京都千代田区三崎町三丁目6-5
原島本店ビル7F[1]
設立 1985年6月19日
業種 サービス業
事業内容 編集業務
代表者 下村真人(代表取締役
資本金 1000万円
従業員数 34名[1]
外部リンク http://www.comic-house.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社コミックハウスは、日本編集プロダクション漫画を中心とした雑誌単行本ドラマCD等の企画・編集デザイン業務を出版社から請け負っている。成人向け漫画雑誌に強い。前代表取締役の宮本正生(2009年2月退任[2])は辰巳出版の出身。

概要[編集]

レモンピープル』が先鞭を付けた美少女漫画雑誌は、後続誌を次々と生むものの、まだマニア的イメージが強く、書店売りが中心だった。コンビニエンスストアに置かれる成人向け漫画雑誌と言えばエロ劇画誌だった時代のことである。コミックハウスは辰巳出版の『COMICペンギンクラブ』(1986年創刊)で垢抜けた誌面作りを持ち込み、状況を大きく変えた。普通の青少年が抵抗感なく読める雑誌は、またたく間に読者を獲得して、コンビニ売りを中心に発行数を伸ばしていく。以後、作家とのパイプを武器に富士美出版、フランス書院メディアックス茜新社などから編集業務を委託されることになる。

『レモンピープル』が平綴じだったために、その後続誌である初期の美少女漫画雑誌も平綴じが多かったのに対し、コミックハウスはB5版中綴じ雑誌の隆盛を担った。

一概には言えないが塩山芳明率いる「漫画屋」などが泥臭い誌面作りを続けてマニア層から一定の支持を得たのに対し、コミックハウスが担当する雑誌は洗練された読みやすい漫画を描く作家を多く抱えてメジャー感があり、「出版社がどこでも、編集がコミックハウスなら大丈夫」という安心感を与えていた。

10年ほど経つうちに他社も同様のノウハウを獲得し、コミックハウスの優位は失われていく。例として1994年に創刊された2誌、『カラフルBee』(ビブロス)、『COMIC快楽天』(ワニマガジン社)は洗練度においてコミックハウスの水準に追いつき、凌駕するセンスを見せた。この時期をもってコミックハウス的な編集方針は充分一般化したものと見ることが可能だろう。

2010年現在、『COMIC LO』(茜新社)や、『COMIC RIN』(茜新社:2012年休刊)等、いわゆるペド・ロリコン向けの成年誌が売り上げを伸ばしているが、架空のキャラクターによる表現も児童ポルノとして法規制の対象に含めようとする動きが一部団体、議員に見られ、風当たりの強い状況である。

また、ウェブコミック『少年ソリッド』のプレ創刊号を2008年4月25日に配信した。創刊号の配信は同年6月27日で、以後偶数月の最終金曜日に配信し、2009年7月号から毎月配信していたが、2013年1月号で休刊した[3]

直営のコミック専門店として、水道橋駅の近くに「コミックハウス1号店」(1994年秋頃に開店)を持っていた。その後、成人向けコミック・雑誌は直営の「ダンジョンブックス」(秋葉原:2008年12月20日開店)に集約し、一般向けコミック専門店の「ジョイブックス」として2010年4月28日にリニューアルオープンしたが、前者は2011年3月18日、後者は2011年4月15日に閉店した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 株式会社 コミックハウス、一般社団法人全国メディア制作連盟
  2. ^ 役員人事に関するお知らせ、株式会社コミックハウス、2009年2月25日
  3. ^ 2012年11月29日 - 23:52、少年ソリッド編集部

関連項目[編集]

外部リンク[編集]