コスモスファクトリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コスモスファクトリー
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
ジャンル プログレッシブ・ロック
活動期間 1970年 - 1977年
レーベル コロムビア東芝EMI

コスモスファクトリー(英称: Cosmos Factory)はかつて存在した日本のロックバンド

概要[編集]

1968年、キーボードの泉つとむを中心に「ザ・サイレンサー」として名古屋で結成。

1973年立川直樹プロデュースでコロムビアから1stアルバム「トランシルバニアの古城」でレコードデビュー。「コスモスファクトリー」と改名。

1974年、EMIに移籍し2ndアルバム「謎のコスモス号」を発表。

1976年、3rdアルバム「Black Hole」を発表。この時期、ハンブル・パイムーディー・ブルースなどの前座を務めた。

1977年、ラストアルバム「嵐の乱反射」を発表後に解散。

2001年、プログレッシブ・ロックバンド「天志音」として、仲博史(ボーカル、ドラムス)、泉つとむ「泉千」(ボーカル、キーボード)、水谷ひさし(ボーカル、ギター)、山下直樹(ベース)のメンバーで名古屋を基点にライブ活動を始める。

オリジナルメンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  1. トランシルバニアの古城(1973年)
  2. 謎のコスモス号(1975年)
  3. Black Hole(1976年)
  4. 嵐の乱反射(1977年)