コアラボーイ コッキィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コアラボーイ コッキィ』は、テレビ東京系で1984年10月4日から1985年3月28日まで放送された、コアラを主人公にした子供向けアニメである

概要[編集]

小さいけれど緑にあふれ、自然の恩恵を受けた理想的な環境を持つ明るく楽しい平和な村ユーカリビレッジ。ここを舞台に、コアラの少年コッキィが仲間たちと繰り広げる動物ファンタジーアニメである。原則として人間は登場しないが、人間の行為が環境問題となってユーカリビレッジの生活を脅かすことはありえる。コアラ家族の住居はユーカリの樹木が入り組んだ自然の家となっている。登場キャラクターはすべて擬人化されていて住民はコアラだけでなくネコ、ウサギ、ペンギン、カンガルー、キーウィたちも住んでいてお互いに交流があり、彼らは現代文明の恩恵の中で生活している。村には人間の社会にある公共施設、郵便局、警察署、学校、町役場などが揃っている。

ちなみに1984年から1985年、オーストラリアタロンガ動物園から多摩動物公園東山動植物園平川動物公園の3園にコアラが贈られており、国内ではコアラ人気が高まっていた時期であった。こうした背景を受けて制作された作品である。

キャラクター[編集]

コッキィ
声 - 藤田淑子
コアラの男の子。8〜10歳くらい。スポーツ万能で活発、遊び好きで自由奔放で友達も多い。
ミセス・オストー(ベラ)
声 - 浅井淑子
コッキィのママ。32歳くらい。おっとりした性格だが、活動家としての一面も持つ。
ミスター・オストー(メル)
声 - 東八郎
コッキィのパパ。34歳くらい。典型的ななまけ者で、普段はごろごろしている。職業はカメラマン。
ラーラ
声 - 中島千里
コッキィの妹。5歳くらい。世話好きでおしゃまな子。
フロッピー
声 - 頓宮恭子
コッキィの友達でインテリ風のウサギの男の子。メカの発明考案が得意。耳にはいつも携帯カセットテーププレーヤーのヘッドホンを着けている。
ミミー
ウサギの女の子でフロッピーの妹。ミーハー思考が強く噂が大好き。
ベティ
コッキィのガールフレンドのコアラ。優しく落ち着いた性格で上品な雰囲気。
ミス・ルイス
声 - 白石冬美
コアラ・マガジン社の記者。キャリア・ウーマン志向、ちょっと野心家っぽい行動が目立つ。
ウェザー
声 - 塩沢兼人
サバイバリスト風のさすらいネコ。天気予報などがよくあたる天才的才能を持つ。
モンガー
モモンガの男の子。ウェザーのことが大好きでいつも一緒にいる。
ニック
声 - 柴田由美子
パニーと双子の兄ペンギン。気が弱くて引っ込み思案で何をやってもへたくそだが、人一倍の努力家。
パニー
声 - つかせのりこ
ニックと双子の妹ペンギン。3メートルくらいは飛べる変なペンギン。無理に割り込む可愛いトラブルメーカー。
ワルサー、コルト、ルガー
カンガルーの三兄弟。いわゆるガキ大将たち。ワルサーはブーメランが得意である。

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:長田義弘(OSADA Co.)、白川大作(博報堂)、原徹(トップクラフト)
  • シリーズディレクター:棚沢隆
  • キャラクターデザイン:小林一幸小原秀一
  • 脚本:うえのとしろう、吉田喜昭、八木津吉、渡辺奈々子、小川健一、松元力、三宅直子、他
  • 絵コンテ:棚沢隆、高垣幸蔵、山田勝久、三谷章夫、他
  • 演出:棚沢隆、轟大輔、大町繁、佐々木正光、石黒育、他
  • 作画監督:小林一幸、小原秀一、渡部高志、山岸廣、賀川愛、他
  • 美術:岡田和夫
  • 撮影監督:白神孝始
  • 音楽:河野土洋
  • 音響監督:山崎宏
  • プロダクションマネージャー:酒井澄
  • スーパーバイザー:小林一幸
  • アニメーション制作:トップクラフト
  • 企画製作:博報堂、OSADA Co.
※表記はオープニングフィルムの表記を基に記載。

主題歌[編集]

主題歌は、当時「赤坂小町」という名前だったプリンセス・プリンセスが担当した。アルバム『赤坂小町』(TDCT-1131)の2曲目に主題歌が収録されている。

オープニングテーマ - 「コアラボーイ コッキィ」
作詞・作曲・編曲 - 長沢ヒロ / 歌 - 赤坂小町
エンディングテーマ - 「地図にない道」
作詞・作曲 - 恩田久義 / 編曲 - 長沢ヒロ / 歌 - 赤坂小町
レコード/TDKレコード
※アニメ放送時のクレジットでは「ちずにないみち」。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 放送日
1 クジラのコンテナ 1984年
10月4日
空を飛んだペンギン
2 ぼくのママはスーパーママ 10月11日
ユーカリを守れ
3 彼女は月の女神 10月18日
パパのおなかをへこませろ
4 サーカスでハッスル 10月25日
特ダネをさがせ
5 飛んだユーカリの木 11月1日
カモメハシのダクビー
6 バニーの看護婦さん 11月8日
空とぶドクター
7 ラーラはママになるの 11月15日
パン切りナイフ山にアタック
8 恐竜の卵 11月22日
走れウインナー号
9 ママのたんじょう日プレゼント 11月29日
ぬけなくなった花びん
10 夜空のおくりもの 12月6日
蝶々を救おうよ
11 コッキィの子守り騒動 12月13日
カメラはつらいよ
12 パパの作った料理 12月20日
世界一大きな絵
13 カエルにされたウェザー 12月27日
パパのみつけた蝶々
14 恋っておなかがすくものなの 1985年
1月3日
大空の散歩
15 ダグビーの大発見 1月10日
メール爺さんの老眼鏡
16 ゆうれい船が現れた 1月17日
ユーカリ子供新聞
17 ワルサーのブーメラン 1月24日
トランシーバー作戦
18 それいけオリエンテーリング 1月31日
あきれた白雪姫
19 ぼくらは名探偵 2月7日
ぼくはお城の王さまだ
20 ごめんねウェザー 2月14日
子供発明コンクール
21 バニーの大決心 2月21日
時計台のたんじょうび
22 花の女王はだれだ 2月28日
とんでいったモンガー
23 文明に挑戦するんだ 3月7日
SL機関士コッキィ
24 おこずかい値上して 3月14日
犯人はだれだ
25 幻の鳥モア 3月21日
新しい友だちモア
26 モンガーの大滑空 3月28日
まぼろしのUFO

放送局[編集]

判明した局のみ記載。

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 ネット状況
関東広域圏 テレビ東京 1984年10月4日 - 1985年3月28日 木曜 19:00 - 19:30 テレビ東京系列 幹事局
大阪府 テレビ大阪 同時ネット
愛知県 テレビ愛知
新潟県 新潟総合テレビ 不明 土曜 8:00 - 8:30 フジテレビ系列 遅れネット
テレビ東京 木曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
コアラボーイ コッキィ

外部リンク[編集]