キマイラ・吼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キマイラ・吼』(キマイラ・こう)は、夢枕獏が著した小説作品のシリーズ。

肉体に謎を秘めた少年・大鳳吼のたどる数奇な運命を描いた壮大な伝奇小説。主人公の大鳳吼以外にも『闇狩り師』シリーズ主人公の弟である九十九三蔵、学園の支配者久鬼麗一、暴力団の雇われ用心棒龍王院弘などの多様な登場人物が主人公格として活躍する群像劇となっている。

闇狩り師』シリーズとは世界観と一部の登場人物を共有している。

「キマイラ如来変」以降は基本的に「獅子王」[1]ネムキ」(前者は休刊)と朝日ソノラマの雑誌に掲載、加筆修正された後単行本化されている。

登場人物[編集]

大鳳 吼(おおとり こう)
キマイラ化する肉体を有する少年。
久鬼麗一(くき れいいち)
己のキマイラを制し、その謎に迫る西城学園支配者。
九十九三蔵(つくも さんぞう)
大鳳と深雪への思いに苦悩する優しき巨漢。久鬼の旧友。『闇狩り師』の主人公・九十九乱蔵の弟。
織部深雪(おりべ みゆき)
大鳳に恋し、九十九を慕う少女。
亜室由魅(あむろ ゆみ)
久鬼の恋人。大鳳のキマイラを目覚めさせる謎の女。
菊地良二(きくち りょうじ)
久鬼と九十九への暗い情念から典善に弟子入りする狂気の男。
龍王院弘(りゅうおういん ひろし)
天才拳法家。キマイラに恐怖し、己の強さを見失う。『闇狩り師』の長編「崑崙の王」にも登場している。弘の外見年齢が若く見える原因である伯爵病や、ボックに敗北したときに受けた鬼勁については「崑崙の王」に詳しい。
フリードリッヒ・ボック
キマイラの謎を追う異相のドイツ系アメリカ人。
斑 孟(はんもう/パンモン)
台湾布農(ブヌン)族の青年。両親を殺した巫炎を狙う。
真壁雲斎(まかべ うんさい)
玄道師。大鳳、九十九の円空拳の師。『闇狩り師』にも九十九乱蔵の仙道の師として登場している。
宇名月典善(うなづき てんぜん)
我流武闘家。
巫炎(ふえん)
大鳳、久鬼の秘密の鍵を握る第3のキマイラ。
久鬼玄造(くき げんぞう)
麗一の養父。典善を雇い、キマイラを捕らえようとする。
亜室健之(あむろ たけゆき)
由魅の父。華僑組織と結託。
脇田涼子(わきた りょうこ)
三蔵に窮地を救われ一夜を共にする。イラストレーター。
岩村賢二(いわむら けんじ)
放浪の詩人。
猩猩(しょうじょう)
玄道師。雲斎の旧友。
九十九乱蔵(つくも らんぞう)
三蔵の兄。猩猩と共に巫炎を捕らえる。『闇狩り師』の主人公。仙道と中国拳法の使い手。
埴輪道灌(はにわ どうかん)
陰陽師。雲斎の旧友。
志明(しみょう)
高野山密教僧。雲斎の旧友。
吐月(とげつ)
沙門
狂仏(にょんぱ)
外法を試みて人外に変じた者。チベット密教の外法派では70~80年に1度の周期で出現すると言われている。
李光環(り こうかん)
伊藤勢の漫画版オリジナルキャラクター。キマイラの魅力に取りつかれ、自ら前述の狂仏に変じてしまった気功集団の教祖。

書籍一覧[編集]

小説[編集]

  • 本編(文庫本)(朝日ソノラマよりソノラマ文庫として刊行。表紙、挿絵は天野喜孝
    • 幻獣少年キマイラ(1982年07月発行)
    • キマイラ朧変 (1982年12月発行)
    • キマイラ餓狼変 (1983年01月発行)
    • キマイラ魔王変 (1984年07月発行)
    • キマイラ菩薩変 (1984年10月発行)
    • キマイラ如来変 (1985年10月発行)
    • キマイラ涅槃変 (1986年09月発行)
    • キマイラ鳳凰変 (1987年07月発行)
    • キマイラ狂仏変 (1988年12月発行)
    • キマイラ独覚変 (1989年12月発行)
    • キマイラ胎蔵変 (1991年03月発行)
    • キマイラ金剛変 (1992年03月発行)
    • キマイラ梵天変 (1994年03月発行)
    • キマイラ縁生変 (1998年03月発行)
    • キマイラ群狼変 (2000年02月発行)
    • キマイラ昇月変 (2002年03月発行)
  • 本編(単行本)(朝日ソノラマより加筆修正を施したハードカバー版が2000年に再刊行。表紙、挿絵は天野喜孝
    • キマイラ I  幻獣少年・朧変 (2000年11月発行)
    • キマイラ II 餓狼変・魔王変 (2001年01月発行)
    • キマイラ III 菩薩変・如来変 (2001年03月発行)
    • キマイラ IV 涅槃変・鳳凰変 (2001年05月発行)
    • キマイラ V 狂仏変・独覚変 (2001年07月発行)
    • キマイラ VI 胎蔵変・金剛変 (2001年09月発行)
    • キマイラ VII 梵天変・縁生変 (2001年11月発行)
    • キマイラ VIII 群狼変・昇月変 (2002年09月発行)
  • 本編(新書判)(朝日ソノラマの廃業および朝日新聞社との吸収合併により、朝日新聞出版からソノラマノベルスとして再刊行。表紙は寺田克也
    • キマイラ 1 幻獣少年・朧変 (2008年06月発行)
    • キマイラ 2 餓狼変・魔王変 (2008年06月発行)
    • キマイラ 3 菩薩変・如来変 (2008年07月発行)
    • キマイラ 4 涅槃変・鳳凰変 (2008年08月発行)
    • キマイラ 5 狂仏変・独覚変 (2008年12月発行)
    • キマイラ 6 胎蔵変・金剛変 (2009年01月発行)
    • キマイラ 7 梵天変・縁生変 (2009年04月発行)
    • キマイラ 8 群狼変・昇月変 (2009年05月発行)
    • キマイラ 9 玄象変 (2010年08月発行)
    • キマイラ 10 鬼骨変 (2014年09月発行)
    • キマイラ 11 明王変(2015年11月発行)
    • キマイラ 12 曼陀羅変(2017年01月発行)
    • キマイラ 13 堕天使変(2018年03月発行)
    • キマイラ 14 望郷変(2019年05月発行)
    • キマイラ 15 魔宮変(2020年08月発行)
  • 本編(文庫本)(角川文庫版 表紙、挿絵は三輪士郎
  • 別巻
    • キマイラ青龍変(朝日ソノラマ 2006年02月発行 表紙は天野喜孝 ISBN 978-4257790549 /朝日新聞出版2007年10月発行 朝日ソノラマ版の再刊 ISBN 978-4022138170/ソノラマノベルス 2009年06月発行 ISBN 978-4022738479 表紙は寺田克也)
      龍王院弘を主人公に据えた作品
    • 岩村賢治詩集 蒼黒いけもの (ソノラマ文庫1991年01月発行) ISBN 978-4257765431
  • 天野喜孝画集 魔天(朝日ソノラマ 1984年12月)
    番外編『キマイラ神話変序曲』を収録
  • 半獣神(光風社出版1985年08月発行/角川文庫1986年10月)
    『キマイラ神話変序曲』を加筆して収録

漫画[編集]

  • 闇狩り師 キマイラ天龍変 (作画:伊藤勢
    徳間書店の「COMICリュウ」で連載。単行本全2巻。
    世界観を共有している『闇狩り師』とのクロスオーバー作品であり、『闇狩り師』本編より10年前を舞台に22歳の九十九乱蔵を主人公に、キマイラの秘密、大鳳吼と久鬼麗一の出生の秘密を描く。

カセットブック[編集]

ソノラマ文庫 カセット版

  • キマイラ吼シリーズ 幻獣少年キマイラ1(1988年11月発売)
  • キマイラ吼シリーズ 幻獣少年キマイラ1(1989年5月発売)

アニメ[編集]

押井守監督によってアニメ映画化されることが明らかになった。

「キマイラ13 堕天使変」のあとがきには、著者の夢枕から「押井守さんが、『キマイラ』を、アニメーションで映画化してくださることになりました」と告知されている[2]

制作会社・公開日などはまだ明らかになっていないが、1986年頃『天空の城ラピュタ』の次の作品としてスタジオジブリで原作夢枕獏、脚本宮崎駿、監督押井守、プロデューサー高畑勲で『アンカー』のアニメ化が検討されていた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 1992年に「グリフォン」と改名しリニューアル
  2. ^ 夢枕獏「キマイラ」がアニメ映画化!監督は押井守
  3. ^ 1987年公開された映画『紅い眼鏡』のパンフレットに宮崎駿は、自分が脚本で押井が監督するはずだったアニメ映画がつぶれてスケジュールが空いたときに二人で知床まで自動車旅行をした話「押井さんについて」と題した文章を寄稿している。

関連項目[編集]