ガルーダ・インドネシア航空421便不時着事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガルーダ・インドネシア航空421便不時着事故
Boeing 737-3Q8, Garuda Indonesia JP6559933.jpg
事故の概要
日付 2002年1月16日
概要 激しい雨、ひょうによる両エンジンのフレームアウト
現場  インドネシア 中部ジャワ州ソロ川
南緯7度40分03秒 東経110度46分48秒 / 南緯7.66750度 東経110.78000度 / -7.66750; 110.78000座標: 南緯7度40分03秒 東経110度46分48秒 / 南緯7.66750度 東経110.78000度 / -7.66750; 110.78000
乗客数 54
乗員数 6
死者数 1 (客室乗務員)
生存者数 59
機種 ボーイング737-3Q8
運用者 インドネシアの旗 ガルーダ・インドネシア航空
機体記号 PK-GWA
出発地 インドネシアの旗 セラパラン空港
目的地 インドネシアの旗 アジスチプト国際空港
テンプレートを表示

ガルーダ・インドネシア航空421便不時着事故 (がるーだいんどねしあこうくう421びんふじちゃくじこ) は、2002年1月16日ガルーダ・インドネシア航空の国内線421便がジャワ島ソロ川に緊急着陸した事故である。不時着水の現場となった場所に因んでソロ川不時着水事故とも呼ばれる。

概要[編集]

ガルーダ・インドネシア航空421便、セラパラン空港マタラム)発アジスチプト空港ヨグヤカルタ)行きのボーイング737型機は、雨季で天候が不安定なインドネシア上空を飛行中、大規模な嵐の目を通過した[1]。乱気流に乗って激しく揺れた機体には強い雨風と硬い雹が打ち付けた(雹が衝突した影響で、高度18000フィートを飛行中に地上接近警報も誤作動していた)。やがて操縦困難に陥り、両側のエンジンまでもが燃焼停止した[1]。パイロットたちはエンジンの再始動を二度試みるが失敗し、補助動力装置を起動させようとした時に機体は全ての電力を消失。そのため、レコーダー類も停止してしまい、不時着水するまでのパイロットたちの行動を記録した完全なデータは残らなかった(また、事故後に判明することだが、421便のボイスレコーダーは嵐に突入した辺りから、機体に打ち付けた激しい雨風や雹による酷い雑音のため、パイロットたちの会話はほぼ聞き取り不能だった)。そして、エンジンからの電源供給を失ったことで、機体の操縦にも支障をきたし、機体を旋回させる際も機長と副操縦士が共に操縦桿を握った。幸運なことに事故当時、現場周辺は高度7000フィート以下でなら視界は良好だった。パイロットたちは田んぼを発見したが、ぬかるんでいるために不時着は危険だと判断し、最終的には、ソロ川への着水を決断し、機長の操縦で成功した[1]。機体後部から着水したため、損傷の激しい箇所にいた客室乗務員一人が命を落としたが、着水した場所は水深が浅かったため、乗員乗客は近くの桟橋まで泳ぐことができた。また、機体も完全には水没せず、物的証拠の確保も難しくはならなかった。

事故原因[編集]

ソロ川に不時着水した後、調査及び解体される機体

パイロットたちは嵐を避けるため、気象レーダー上の安全なルートを見つけて飛ぼうとした。だが、その「安全なルート」と思われていた箇所は、雨雲によってレーダー波の届かない影の部分であり、実際には嵐がかなり激しい場所だった。

機体は嵐の真っ只中に突入し、エンジンは設計の想定を超える降水量と、硬いを吸い込んだためにオーバーヒートした。また、事故機に搭載されていたバッテリーの端子の一つに異常があり、このために、本来ならば電圧が24V以上なければならないところ、再始動時に機長が確認した時は22V以下しかなく、エンジンは再起動に必要な電力を確保できなかった(電力はすなわち、直流においては電圧と電流を掛けた値となる。そのため、わずか2Vの差が再起動失敗の要因を作ったことは十分にあり得る)。そして、二度再始動を試みた後の電圧ではAPUを起動できず、そのために、機体は電力を失ってしまった。

このような絶望的な状況下でもパイロットたちは最後まで諦めず、結果的に一名が命を落としたものの、機長はソロ川への着水を成功させ、後に副操縦士と共にインドネシア政府から表彰されている。

関連項目[編集]

この事故を扱った番組[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]