ガボンの政党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガボンの政党では、ガボンにおける政党について説明する。

ガボンの政党制[編集]

フランス支配下の1953年ガボン民主連合が結成された。1960年にガボンが独立。1968年にガボン民主連合はガボン民主党に名称を変更し、一党独裁体制に移行した。1991年憲法改正によって複数政党制に移行するが、その後もガボン民主党が強力な支配体制を維持し、同党による一党優位政党制と見なされる。野党は存在するが、政府に協力的か、脆弱な党がほとんどで、政権交代の可能性は低い。

議会に議席を有する主要政党[編集]

  • ガボン民主党 (Parti Démocratique Gabonais、Gabonese Democratic Party)
  • 林業労働者国民連合 (国家林業労働者連合、Rassemblement National des Bûcherons、National Woodcutters Rally)
  • ガボン進歩党 (Parti gabonais du progrès、Gabonese Progress Party)
  • 民主共和同盟 (Alliance Démocratique et Républicaine、Democratic and Republican Alliance)
  • 自由改革派団体 (自由改革派サークル、Cercle des Libéraux Réformateurs、Circle of Liberal Reformers )
  • 社会民主党 (Parti Social-Démocrate、Social Democratic Party)
  • 林業労働者国民連合・民主主義者 (林業労働者国民連合コンビラ派、Rassemblement national des Bûcherons - Démocratique、National Woodcutters' Rally – Democratic、Rassemblement National des Bûcherons -KOMBILA、National Woodcutters Rally-Kombila)
  • アフリカ開発運動 (Mouvement Africain de Développement、African Development Movement)
  • 共同開発運動 (Mouvement Commun pour le Développement、Common Movement for Development)

その他の政党[編集]

かつて存在した政党[編集]