ガボン民主開発連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ガボンの旗 ガボン政党
ガボン民主開発連合
(ガボン民主発展連合)
Union gabonaise pour la démocratie et le développement,(UGDD)
党首 ザカーリ・ムボト
成立年月日 2005年
本部所在地 リーブルヴィル
国民議会議席数
 / 120[1]  
(2011年12月17日[1]
元老院議席数
 / 91
テンプレートを表示

ガボン民主開発連合(ガボンみんしゅかいはつれんごう、フランス語: Union gabonaise pour la democratie et le developpement、略称:UGDD英語: Gabonese Union for Democracy and Developmentまたはガボン民主発展連合(ガボンみんしゅはってんれんごう)は、ガボン政党2005年ザカーリ・ムボト英語版が、ガボン民主党を離党して結成した。

2005年11月27日に行われた大統領選挙では、ガボン民主開発連合は選挙前に合法化されていなかったため、ムボトは独立系候補として出馬し、6.58パーセントを得票し、5人中3位につけた。2006年4月27日内務省から合法政党としての認可を得た[2]2006年12月17日から12月24日に行われた総選挙では、4議席を獲得した[2]2008年4月の統一地方選挙では161名の当選者を出した[3]。 その一方で、2009年1月14日、党書記長のシルヴェストル・ラタンガ英語版ポール・ブンドゥクウ・ラタ英語版がボンゴ政権の工作で政権入りすると、ムボトは二人を党から除名した[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]