カンガバ圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カンガバ圏
Cercle de Kangaba
位置
Cercle of Kangaba.png
マリ共和国におけるカンガバ圏(塗りつぶし部)。
管理
: マリ共和国の旗 マリ
: クリコロ州
圏都: カンガバ
コミューン: 9
面積: 5,500[1] km²
首長: -
人口統計
人口(2009年)
 • 人口密度:
100,720[2]
 • 18人/km²
テンプレートを表示

カンガバ圏(カンガバけん、フランス語:Cercle de Kangaba)は、マリ共和国地方行政区画クリコロ州を構成するのひとつ。行政の中心地はカンガバにおかれる。下級単位のコミューンは9つあり、2009年の統計で人口は100,720人を数える[2]

カンガバ圏はクリコロ州南西の位置にありギニアとの国境に接しており、ニジェール川の南端を形成している。カンガバ圏は面積と人口においてクリコロ州最小の圏である。

コミューン[編集]

カンガバ圏には以下のコミューンがある[2]

脚注[編集]