オリー・ハルソール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリー・ハルソール
Ollie Halsall
OllieHalsall1974.jpg
オリー・ハルソール(ハイド・パークにて。1974年)
基本情報
出生名 ピーター・ジョン・ハルソール
Peter John Halsall
別名 オリー
生誕 1949年3月14日
イングランドの旗 イングランド サウスポート
死没 1992年5月29日(満43歳没)
スペインの旗 スペイン マドリッド
ジャンル ロック
ポップス
職業 ミュージシャン
担当楽器 ギター
ヴォーカル
ビブラフォン
活動期間 1966年 - 1992年
レーベル ヴァージン・レコード
エピック・レコード
共同作業者 タイムボックス
パトゥ
テンペスト
ラトルズ
ボクサー
ケヴィン・エアーズ
ヴィヴィアン・スタンシャル
シネマズポップ
公式サイト olliehalsall.co.uk

ピーター・ジョン・オリー・ハルソール(Peter John "Ollie” Halsall, 1949年3月14日 - 1992年5月29日)はギタリスト。パトゥ、ボクサー、ケヴィン・エアーズとのコラボレーションなどでよく知られている。彼がオリーという名で知られているのは、彼の名字から「h」を省略した発音の特例的な表現から来ている。ハルソールは左利きのギタリストだった。

マージーサイド・メトロポリタン・ボロー・オブ・セフトン(Metropolitan Borough of Sefton)のサウスポートSouthport)出身。

活動[編集]

1966年10月、オリー・ハルソールはポップロック・バンドのタイムボックス(ベースのクライヴ・グリフィスと、キーボードの魔術師、クリス・ホルムズが在籍していた)でビブラフォンを演奏するためにロンドンに来た。ハルソールはそこでギタリストとして参加することになり、ヴォーカルにマイク・パトゥが、ドラマーに"提督"ジョン・ハルシーが据えられた。

1970年、ホルムズ脱退を受けて、タイムボックスは新たなバンド、パトゥに発展した。ハルソールのギターをフィーチャーしたプログレッシヴ・ジャズロックの調和を彼らは演奏した。

1973年、ハルソールはジョン・ハイズマンのテンペストに加入するためバンドを離れた。一年と経たずにテンペストを脱退し、膨大なセッションワークをこなしたが、その中にはケヴィン・エアーズとのセッションも含まれており、これがきっかけとなってエアーズのバンド、ソポリフィクスのギタリストとしてのパーマネントなポジションを得た。この頃、ミック・テイラーが脱退したローリング・ストーンズから後任としての可能性を考慮されたといわれている。

1975年、パトゥは三つの慈善コンサートのために再結成されステージを踏む。ハルソールとマイク・パトゥの再会は、1975年、新バンドのボクサーへ発展した。ボクサーは、ヴァージンレコードとの契約半ば、1979年にマイク・パトゥが亡くなったこともあり、その本当のポテンシャルを発揮できなかったとされている。彼らはデビューアルバムである『ビロウ・ザ・ベルト』と、議論を巻き起こしたそのジャケットデザインで知られている。

皮肉なことに、彼は決してちゃんとクレジットされていなかったのだが、おそらくハルソールの録音としてもっともよく知られているのは、1978年リリースのアルバム、『ザ・ラトルズ』におけるものだろう。アルバムではたくさんの楽器を演奏し、リード・ボーカルやバック・ボーカルも担当している。特筆すべき曲としては「ダブルバック・アレイ」「ウィズ・ア・ガール・ライク・ユー」「ゲット・アップ・アンド・ゴー」がある。ハルソールの立ち位置は、ラトルズのフィルムでエリック・アイドルが演じるポール・マッカートニーのパロディキャラ、"ダーク・マクィックリー"の歌声と、楽曲のギター演奏だった。映像の中でハルソールは、ラトルズ・デビュー以前のハンブルクで迷子になる5人目の初期メンバー、レポという役どころで写真のみ出演している。

1976年、ハルソールはケヴィン・エアーズのバンドに再加入。エアーズとの関係は16年にわたり続くことになった。エアーズと時間を過ごすため、彼はスペインのマヨルカ島北部の町・デヤによく滞在し、多くのスペインのアーティストと演奏したりプロデュースをするために本土のマドリードに通った。80年代、女性ボーカリストのZanna Gregmarと一緒に、プロデューサーのJulian Ruizが企画したスペインのシンセポップバンド、シネマズポップに参加した。

ロバート・フリップのプロデュースによるソロ・アルバムを完成させていたが、いまだリリースはされていない。

1992年5月29日、スペインのマドリード、アマルグラ13番通りにて、ドラッグによる心臓発作で亡くなった。

遺産[編集]

ハルソールは、アルヴィン・リー、ビル・ネルソンアラン・ホールズワースチープトリックのギタリスト、リック・ニールセンによる影響があると評された。 XTCアンディ・パートリッジは、彼が影響されたトップ3のうちの1人としてハルソールを挙げている。「彼はギターをアルバート・アイラージョン・コルトレーンのように、また、流体ピアノの演奏者のように聞こえさせたんだ」と言っている。

日本公演[編集]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • Ollie & The Blue Traffs (未発表 1972年)
  • ケイヴス - Caves (1979年)
  • アボッツ・ラングレー - Abbot's Langley (1980年)

アルバム with マイク・パトゥ[編集]

  • ベッギン - Beggin (タイムボックス 1967-69年)
  • パトゥ - Patto (パトゥ 1970年)
  • ホールド・ユア・ファイア - Hold Your Fire (パトゥ 1971年)
  • ロール・エム、スモーク・エム - Roll Em, Smoke Em, Put Another Line Out (パトゥ 1972年)
  • Monkey's Bum (パトゥ 1973年)
  • ビロウ・ザ・ベルト - Below the Belt (ボクサー 1975年)
  • ブラッドレッティング - Bloodletting (ボクサー 1979年)
  • Warts and All (パトゥ recorded live 1971 2000年)

アルバム with ケヴィン・エアーズ[編集]

  • 夢博士の告白 - The Confessions of Dr. Dream and Other Stories (1974年)
  • 悪魔の申し子たち〜その歴史的集会より - June 1, 1974 (1974年)
  • スウィート・デシーヴァー - Sweet Deceiver (1975年)
  • きょうはマニャーナで - Yes We Have No Mañanas (So Get Your Mañanas Today) (1976年)
  • レインボウ・テイクアウェイ - Rainbow Takeaway (1978年)
  • ザッツ・ホワット・ユー・ゲット・ベイブ - That's What You Get Babe (1980年)
  • ダイアモンド・ジャック・アンド・ザ・クイーン・オブ・ペイン - Diamond Jack and the Queen of Pain (1983年)
  • ディア・ヴュ - Deia...Vu (1984年)
  • アズ・クローズ・アズ・ユー・シンク - As Close As You Think (1986年)
  • フォーリング・アップ - Falling Up (1988年)
  • スティル・ライフ・ウィズ・ギター - Still Life with Guitar (1992年)

アルバム with シネマズポップ[編集]

  • Cinemaspop (1983年)
  • A Clockwork Orange (La Naranja Mecánica) (1984年)

その他のアルバム[編集]

  • 眩暈 - Living in Fear (テンペスト 1973年)
  • ザ・ラトルズ - The Rutles (ラトルズ 1978年)
  • アーキオロジー - Archaeology (ラトルズ 1996年)
  • Under the Blossom (テンペスト 2007年)

外部リンク[編集]