ジョン・ハイズマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・ハイズマン
Jon Hiseman
Jon Hiseman (2015).jpg
コロシアム - スイス・プラッテルン公演(2015年2月)
基本情報
出生名 Philip John Hiseman
生誕 1944年6月21日
出身地 イングランドの旗 イングランド
ロンドンウーリッジ
死没 (2018-06-12) 2018年6月12日(73歳没)
ジャンル ジャズ・ロックブルースロックプログレッシブ・ロック
職業 ドラマー音楽プロデューサー
担当楽器 ドラムスパーカッション
活動期間 1965年 - 2018年
レーベル Kuckuck Schallplatten
veraBra Records
共同作業者 グレアム・ボンドジョン・メイオールコロシアムテンペストコロシアムIIユナイテッド・ジャズ+ロック・アンサンブル、ほか
公式サイト Barbara Thompson & Jon Hiseman
著名使用楽器
パール製ドラムセット

ジョン・ハイズマンJon Hiseman1944年6月21日 - 2018年6月12日)は、イングランドロンドン出身のロックミュージシャンドラマー音楽プロデューサー

プログレッシブ・ロックバンドコロシアム」のリーダーとして知られる。

経歴[編集]

ジャズ・ロック活動[編集]

幼少の頃から楽器を習い、ハイスクール時代にデイヴ・グリーンスレイドやトニー・リーヴス等と共にアマチュア・バンドを組むなど、ドラマーとして活動開始。

1964年頃から、リーヴス等と共にジャズ・ミュージシャンとしてプロ活動を始め、複数のジャズ・バンドに参加する。1966年、後の「クリーム」メンバーが在籍していた、「グレアム・ボンド・オーガニゼーション」に加入。ここで、ディック・ヘクストール=スミスと同僚になる。

1967年頃には、「クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン」「マイク・テイラー」「デイヴィ・グレアム」「ジャック・ブルース」等のシングルアルバムに、録音やセッションで参加。1968年から「ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ」で活動した。

リーダーバンド結成[編集]

1968年夏、上述の知己であるリーヴス、グリーンスレイド、ヘクストール=スミスらと、プログレッシブ・ロックバンド「コロシアム」を結成。

解散後は、「テンペスト」や「コロシアムII」などで活動し、ハード・ロック / フュージョンの領域に進出[1]1970年代後半からは、ジャズ・フュージョンバンド「ユナイテッド・ジャズ+ロック・アンサンブル」に加入し、長年に渡って活動する。

プロデュース・ソロ活動 〜 死去まで[編集]

1970年代から音楽プロデューサーも担当するようになり、同年代末から妻バーバラのプロジェクトや自身のソロなどを手がけた。各活動と並行して、1994年にコロシアムを再結成。2007年に同メンバーとして来日し、2015年を最後にコロシアムの活動を終了した[2]

2018年6月12日 脳腫瘍のため死去[3]

人物[編集]

スタイル・使用楽器[編集]

ジャズ・ドラマーとしてのテクニックとロックのパワフルさを合わせ持ち、その速度、タイム感覚の正確さと、巧みな4Way Controlが生み出すドラム・サウンドを持ち味とする。

近年はパール製のドラムセットを使用し、シンバルメーカーはパイステ製が確認されている。

家族[編集]

妻は、サックス奏者で後期コロシアム・メンバーでもある、バーバラ・トンプソン(Barbara Thompson)、娘はシンガーソングライターのアナ・グレーシー(Ana Gracey Hiseman)。

ディスコグラフィー[編集]

ソロアルバム[編集]

  • A Night in the Sun (1982)
  • Ganz Schön Heiss, Man!(英題:About Time Too!) (1986)

参加アルバム[編集]

ニュー・ジャズ・オーケストラ
  • Western Union (1965)
  • Le Dejeuner Sur L’herbe (1969)
ピーター・レマー
  • Local Colour (1966)
マイク・テイラー
  • Local Colour (1966)
  • Trio (1966)
ハワード・ライリー
  • Discussions (1967)
ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ
  • Bare Wires (1968)
ジャック・ブルース
コロシアム

(ライブアルバム)

  • ライヴ - Colosseum Live (1971)
  • Colosseum LiveS – The Reunion Concerts (1994)
  • コロシアム・ライヴ! 2005 - LIVE05 (2007)
テンペスト
  • テンペスト - Tempest (1973)
  • 眩暈 - Living In Fear (1974)
コロシアムII
  • Strange New Flesh (1976)
  • Electric Savage (1977)
  • War Dance (1977)
ユナイテッド・ジャズ+ロック・アンサンブル
  • Live Im Schützenhaus (1977)
  • Teamwork' (1978)
  • The Break Even Point (1979)
  • Live in Berlin (1981)
  • United Live Opus Sechs (1984)
  • Highlights (1984)
  • Round Seven (1987)
  • Na Endlich! (1992)
  • Highlights II (1994)
  • Die Neunte Von United (1996)
  • The UJRE plays Albert Mangelsdorff (1998)
  • X (1999)
  • The UJRE plays Wolfgang Dauner (2002)
  • The UJRE plays Volker Kriegel (2002)
バーバラ・トンプソン
  • Barbara Thompson's Paraphernalia (1978) など、妻のプロジェクトに多数参加
Shadowshaw
  • Shadowshaw (1983)

プロデュース[編集]

イアン・カー / ニュークリアス
  • Belladonna (1972)
  • Snake Hips Etcetera (1975)
ディック・ヘクストール=スミス
  • A Story Ended (1972)
バーバラ・トンプソン
  • Barbara Thompson's Paraphernalia (1978)
  • Ggosts (1982)
  • Heavenly Bodies (1986)
  • Songs From The Center Of The Earth (1991)
  • Barbara Song (1995)
クリス・ファーロウ
  • As Time Go By (1996)

脚注[編集]

  1. ^ ジョン・ハイズマン、コロシアムIIと今後の活動を語る<後編>”. YAMAHA (2015年1月29日). 2019年4月11日閲覧。
  2. ^ ジョン・ハイズマン、コロシアム最後のアルバム『タイム・オン・アワ・サイド』を語る<前編>”. YAMAHA (2015年1月22日). 2019年4月11日閲覧。
  3. ^ コロシアムのジョン・ハイズマンが死去”. amass (2018年6月12日). 2018年9月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]