オマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オマー
Omagh, County Town of Tyrone sign - geograph.org.uk - 831673.jpg
ウェルカムサイン
オマーの位置(北アイルランド内)
オマー
オマー
北アイルランドにおけるオマーの位置
人口19,910人 (2001年国勢調査)
構成国北アイルランドの旗 北アイルランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域OMAGH
郵便番号BT78, BT79
市外局番028
警察北アイルランド
消防北アイルランド
救急医療北アイルランド
欧州議会北アイルランド
公式サイト公式ウェブサイト
場所一覧
イギリス
北アイルランド
北緯54度35分 西経7度17分 / 北緯54.59度 西経7.29度 / 54.59; -7.29座標: 北緯54度35分 西経7度17分 / 北緯54.59度 西経7.29度 / 54.59; -7.29

オマー: Omagh英語発音: [ˈəʊmə][3]ないし[ˈəʊmɑː])は、イギリス北アイルランドファーマナ・アンド・オマーの中心都市。 ドランラフ川とカモウェン川がストラール川となる合流点に位置する。 2001年の人口は1万9910人で、県内で最も多い。 オマー郡議会と西部教育・図書館委員会の本部が置かれている。

歴史[編集]

オマーはアイルランド・ゲール語で「前人未到の平原」を意味するアン・オーマイ (an Ómaigh) [4]を英語風にしたものである。792年ごろフランシスコ会が修道院を建て、1610年に町となった。1641年の反乱ではティロン県東部からの難民をかくまった。ボイン川の戦いが起きた1689年にはジェームズ2世ロンドンデリーへの道中に立ち寄ったため、ウィリアム3世の勢力から焼き討ちを受けた。

1768年にダンガノンに代わり、ティロン県の県都となった。1852年にデリー、1853年にエニスキレン、1861年にベルファストとの間に鉄道が開通。1881年には兵営が築かれ、1899年になるとティロン県立病院が開業した。同院ではいま、医療サービスを維持するためのキャンペーンが行われている。1957年にグレート・ノーザン鉄道委員会がオマー=エニスキレン線を[5]、1965年にはアルスター交通協会がポータダウン=オマー=デリー線を廃止した[6]ため、オマーを通る鉄道はなくなった。町内のセント・ルシア兵営も2007年8月1日をもって閉鎖された。

当地を訪ねたことのある人物にはエリザベス2世チャールズ皇太子ビル・クリントン元米大統領とその妻ヒラリー・クリントンメアリー・マッカリース元大統領、トニー・ブレア元英首相などが挙げられる。

事件[編集]

1998年8月15日、オマーは国際的にメディアの耳目を集めた。この日、リアルIRAが町内に仕掛けた自動車爆弾が炸裂し、女性と子どもを含む29人が死亡、100人以上がけがをした。

2011年4月にも自動車爆弾テロがあり、ロナン・ケア巡査が殉職した。事件から1ヵ月後に元IRA暫定派のグループが犯行声明を出した[7]

地理[編集]

地区[編集]

人口は2001年国勢調査の統計に基づく。

  • カモウェン(Camowen、2377人)
  • クールナガード(Coolnagard、2547人)
  • ダーグモニー(Dergmoney、1930人)
  • ドランラフ(Drumragh、2481人)
  • ゴートラッシュ(Gortrush、2786人)
  • キリークロファー(Killyclogher、2945人)
  • リサネリー(Lisanelly、2973人)
  • ストラール(Strule、1780人)

タウンランド[編集]

オマーはドランラフ教区のオマー・タウンランド(アイルランド独特の土地区画)に生まれた町である。時とともに、市街は下記のような郊外のタウンランドにも拡大していった。

  • カンプシー (Campsie)
  • コニーワーレン (Conywarren)
  • 下クールナガードおよび上クールナガード (Coolnagard Lower, Coolnagard Upper)
  • クリーヴェナフ (Creevenagh)
  • カルモア (Culmore)
  • 下ダーグモニーおよび上ダーグモニー (Dergmoney Lower, Dergmoney Upper)
  • ゴーティン (Gortin)
  • ゴートモア (Gortmore)
  • キリーブラック (Killybrack)
  • キリークロファー (Killyclogher)
  • ラミー (Lammy)
  • リサネリー (Lisanelly)
  • リスナマラード (Lisnamallard)
  • リサン (Lissan)
  • マラフモア (Mullaghmore)
  • セデナン (Sedennan)
  • ストローロイ (Straughroy)

気候[編集]

冬のあいだ、オマーでは降雪が当たり前となる。写真はストラール川
1969年の大洪水で浸水したストラール通り

アイルランドの観測史上最低気温である-19.4℃を記録したことがある[8]。しばしば洪水に悩まされ、わけても1909年、1929年、1954年、1969年、1987年、1999年、最近では2007年6月12日のものは大洪水であった。その結果、ストラール川の堤防建設など、被害を最小限にする対策が講じられてきた。蛇行する川の両岸は開発に不向きなため、緑地帯や遊歩道、公園に整備されている。

人口統計[編集]

北アイルランド統計・調査エージェンシー (NISRA) は、オマーを大規模タウン型入植地に分類している。人口は1万9910人(2001年国勢調査)で、内訳は下記の通り。

  • 16歳以下が24.8%、60歳以上が14.9%。平均年齢は34.0歳
  • 男性が48.9%、女性が51.1%
  • カトリック系が68.2%、プロテスタント系が29.5%
  • 16歳から74歳の3.9%が失業者
  • 北アイルランド以外の生まれが13.8%

人口の推移[9][編集]

  • 1981年 - 1万4627人(国勢調査)
  • 1991年 - 1万7280人(国勢調査)
  • 2000年 - 1万8031人(推計)
  • 2001年 - 1万9910人(国勢調査)
  • 2010年 - 2万2834人(見積もり)

見どころ[編集]

観光名所[編集]

郊外のアルスター・アメリカン・フォーク・パークにはトマス・メロンの生家が保存されている。彼は1813年にこのコテージで生まれ、5歳でアメリカのペンシルベニア州に移民するまでを過ごした。トマスの息子が「鉄鋼のカーネギー、銀行のメロン」と言わしめたかのアンドリュー・メロンである。園内は1800年代のアイルランド人(とりわけアルスター)の移民の足跡を展示する野外博物館になっており、復活祭(イースター)、クリスマスアメリカ独立記念日ハロウィーンには大規模なイベントが行われる。毎年ブルーグラスの音楽祭も開かれる。2003年度の入場者数は12万7000人を数えた[10]

市街の北16kmの森のなかにはゴーティン・グレンズ森林公園があり、滝や湖の自然を楽しめる。

中心市街地には2007年、都市再開発事業の一環としてストラール芸術センターがオープンした。ストラール川とハイ街の中間にモダンな市民センターを建てることで、さびれた区域の活性化をはかるよい例である。

公園[編集]

子ども向けの公園が20箇所以上あり[11]、ほとんどが緑におおわれている。そのなかで最も大きいのは、市街近郊のグランジ公園である。蛇行するストラール川沿いにも、多数のオープンスペースが整備されている。オマー・レジャー・コンプレックスはグランジ公園近くの大きな市民公園で、11ヘクタールのグラウンドのほか娯楽施設、ボート競技のための池、人工芝の競技場、自転車道などがある。

ショッピング[編集]

県の中心部に位置するゆえ、デリーやレターケニーを出し抜き西アルスターの小売の中心地となっている。2000年からの4年間で8000万ポンド以上の資本が投資され、6万960平方メートルの土地が新たに小売関連の用地となった。主なショッピングセンターにはメイン・ストリート・モール、グレート・ノーザン・ロード・リテール・パーク、セダン通りのショウグラウンズ・リテール・パークが挙げられる。ハイ街にも小売店が連なる。

交通[編集]

大学のエレベーターから町内を見る

往年の鉄道[編集]

鉄道は町はおろか、郡内にも通っていない。

1852年9月3日にアイルランド規格の1600mmのロンドンデリー・アンド・エニスキレン鉄道 (L&ER) が開通し[12]、1854年にエニスキレンまで延伸された[13]。1861年にはポータダウン・ダンガノン・アンド・オマー連絡鉄道 (PD&O) がオマーに到達[13]、後にポータダウンとデリーとをむすんだことで「ザ・デリー・ロード」の異名をとった[14]。グレート・ノーザン鉄道 (GNR) は1876年にPD&Oと合併し[15]、1883年にはL&ERと統合した[15]

1957年、北アイルランド政府はGNRのオマー=エニスキレン線を廃止[16]。残るGNRの路線は翌年にアルスター交通協会に委託され、1963年のいわゆる「ベンソン報告」を受けて「デリー・ロード」も1965年2月15日に廃線となった[12][17][18]。線路跡には後に道路が敷かれた。

幹線道路[編集]

  • A32号(オマー - エニスキレン - バリーナモア)
  • A5号(ストラバーン - オマー - モナハン - アシュバーン - ダブリン
  • A4号(オマー - ダンガノン - ベルファスト
  • A505号(オマー - クックスタウン)

教育[編集]

オマー・カレッジ

オマーにはすべてのレベルで幅広い分野の教育機関がある。ホスピタル街のカンプシー・ハウスには西部教育・図書館委員会の本部が置かれている。

初等学校
  • セント・コームシルズ小学校
  • クライスト・ザ・キング小学校
  • ギブソン小学校
  • ロレート小学校
  • オマー県立小学校(および附属幼稚園)
  • オマー・インテグレーテッド小学校
  • セント・メアリーズ小学校
  • セント・コナーズ小学校
  • ゲール語小学校(および附属幼稚園)
  • リカーソン小学校
グラマースクール/中等学校
  • クリスチャン・ブラザーズ・グラマースクール
  • ドランラフ・インテグレーテッド・カレッジ
  • ロレート・グラマースクール
  • オマー・アカデミー
  • オマー高等学校
  • 聖心カレッジ
大学

メディア[編集]

地元紙および地元誌
  • オマー・トゥデイ (Omagh Today)
  • ティロン・アドバータイザー (Tyrone Advertiser)
  • ティロン・コンスティテューション (Tyrone Constitution)
  • ティロン・ヘラルド (Tyrone Herald)
  • アルスター・ヘラルド (Tyrone Herald)
ローカルラジオ局

町内のマーケット街にQ101.2 FM Westという局があり、BBCラジオ・アルスターもオマーにスタジオを構えている。

2008年12月には4週間にわたって、コミュニティラジオ局の「ストラールFM」が試験放送を行った。番組の司会者や歴史家、サウス・ウェスト・カレッジの学生らが共同でプロデュースし、地元の耳より情報と音楽を組み合わせた番組を放送した。このプロジェクトは2009年度ソニー・ラジオ・アカデミー賞のコミュニティラジオ部門で銅賞を受賞した。

スポーツ[編集]

ゲーリック・ゲームズ[編集]

スポーツではゲーリック・ゲームズ、わけてもゲーリックフットボールの人気が高い[要出典]。町内にはヒーリー・パークを本拠地とするオマー・セント・エンダズと、クラナボーガンを本拠地とするドランラフ・サーズフィールズの2つのクラブがある。

ヒーリー・パークはゴーティン街にあるゲーリック体育協会 (GAA) の拠点スタジアム。収容人員は2万5000人ほどで[19][20]、照明灯を有する競技場としてはアルスター初である。ティロン県シニア・フットボール選手権大会の後半戦や県内のホームゲーム、それに他県のクラブ同士で中立的な競技場を要するゲームに使われる[21]

サッカー[編集]

2005年にオマー・タウンFCが消滅してから、サッカークラブは一つもない。

ラグビー[編集]

主に地元住民から成る、アマチュアチームのオマー・アカデミカルズがある。

ゆかりの人物[編集]

  • ウィリー・アンダーソン - ラグビー選手、コーチ
  • チャールズ・ビーティー - 競売人、政治家
  • ジミー・ケネディ - 作詞家。作詞・作曲家殿堂入り
  • ベネディクト・カイリー - 作家、ジャーナリスト
  • リンダ・マーティン - ミュージシャン。ユーロビジョン・ソング・コンテスト1992優勝
  • パトリック・マカリニー - 俳優[22]
  • フランキー・マクブライド - カントリー歌手
  • ロバート・マクドナルド - カナダのサッカー選手
  • ジョー・マクマホン - ゲーリックフットボール選手
  • ジャスティン・マクマホン - ゲーリックフットボール選手
  • ジェラルド・マクソーリー - 俳優[23]
  • サム・ニール - ニュージーランドの俳優
  • パット・シャーキー - サッカー選手
  • イバン・スプルール - サッカー選手
  • ジュリエット・ターナー - シンガー・ソングライター
  • ドナ・タッガート - 歌手
  • アーティー・マクグリン - ギタリスト
  • 第6代ウェストミンスター公ジェラルド・グローブナー - 世界的富豪
  • アーロン・マコーマック - 実業家。世界経済フォーラムの「ヤング・グローバル・リーダーズ」のひとり
  • ダリル・シンプソン - ミュージシャン、テノール歌手
  • ブライアン・フリール - 脚本家
  • フィリップ・ターベット - バス、クラリネット、サックス奏者
  • ジャネット・デブリン - The X Factorの2011年度ファイナリスト

対外関係[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

国外[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2006 annual report in Ulster-Scots – North/South Ministerial Council
  2. ^ Guide to Beaghmore stone circles – Ulster-Scots Department of the Environment.
  3. ^ G. M. Miller, BBC Pronouncing Dictionary of British Names (Oxford University Press, 1971), pg. 110
  4. ^ Placenames Database of Ireland
  5. ^ Baker, Michael H.C. (1972). Irish Railways since 1916. London: Ian Allan. pp. 153, 207. ISBN 0 7110 0282 7 
  6. ^ Baker, 1972, pages 155, 209
  7. ^ Suzanne Breen (2011年4月22日). “Former Provos claim Kerr murder and vow more attacks”. Belfast Telegraph. http://www.belfasttelegraph.co.uk/news/local-national/northern-ireland/former-provos-claim-kerr-murder-and-vow-more-attacks-15146426.html 2011年4月26日閲覧。 
  8. ^ Premier Irish Forestry Fund
  9. ^ World Gazeteer
  10. ^ Ulster American Folk Park
  11. ^ Omagh District Council
  12. ^ a b Omagh station”. Railscot – Irish Railways. 2007年11月22日閲覧。
  13. ^ a b Hajducki, S. Maxwell (1974). A Railway Atlas of Ireland. Newton Abbott: David & Charles. map 7. ISBN 0 7153 5167 2 
  14. ^ FitzGerald, J.D. (1995). The Derry Road. Colourpoint Transport. Gortrush: Colourpoint Press. ISBN 1 898392 09 9 
  15. ^ a b Hajducki, op. cit., page xiii
  16. ^ Baker, Michael H.C. (1972). Irish Railways since 1916. London: Ian Allan. pp. 153, 207. ISBN 0 7110 0282 7 
  17. ^ Hajducki, op. cit., map 39
  18. ^ Baker, op. cit., pages 155, 209
  19. ^ World Stadiums”. 2011年3月7日閲覧。
  20. ^ Healy Park, Omagh”. Ulster Colleges GAA. 2011年3月7日閲覧。
  21. ^ GAA
  22. ^ Patrick McAlinney - IMDb(英語)
  23. ^ Gerard McSorley - IMDb(英語)

外部リンク[編集]