オハラ (ガラスメーカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社オハラ
OHARA INC.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5218
2005年12月21日上場
本社所在地 日本の旗 日本
252-0205
神奈川県相模原市中央区小山一丁目15番30号
設立 1941年昭和16年)11月1日
(有限会社小原光学硝子製造所)
業種 ガラス・土石製品
事業内容 光及びエレクトロニクス事業機器向けガラス素材の製造・販売
代表者 齋藤 弘和(代表取締役社長)
資本金 58億5500万円
発行済株式総数 2545万株
売上高 連結:247億9701万0千円
単独:112億9377万6千円
2014年10月期)
営業利益 連結:△1億1048万4千円
単独:△14億6143万6千円
(2014年10月期)
純利益 連結:1734万2千円
単独:△2億5981万9千円
(2014年10月期)
純資産 連結:406億7259万5千円
単独:264億7968万0千円
(2014年10月31日現在)
総資産 連結:548億2372万1千円
単独:374億8715万6千円
(2014年10月31日現在)
従業員数 連結:1,690人 単独:427人
(2014年10月31日現在)
決算期 10月31日
主要株主 セイコーホールディングス(株) 18.5%
キヤノン(株) 18.4%
京橋起業(株) 18.4%
三光起業(株) 6.4%
(株)トプコン 2.6%
セイコーインスツル(株) 2.4%
(2014年10月31日現在)
主要子会社 (株)オーピーシー 100%
(株)オハラ・クオーツ 78.9%
足柄光学(株) 100%
関係する人物 小原甚八(創業者)
外部リンク http://www.ohara-inc.co.jp/
特記事項:創業 1935年昭和10年)10月1日
テンプレートを表示

株式会社オハラ: OHARA Inc.)は、1935年昭和10年)日本で最初に設立された光学ガラス専業メーカー。光学ガラス分野では、世界でも代表的なメーカーとなっている。

概要[編集]

創業[編集]

創業者の小原甚八海軍造兵廠に勤務し、柴田理八の下で光学ガラスの試作に従事した。その後海軍は光学ガラス製造を日本光学工業(現ニコン)に譲渡したため小原は日本光学工業で光学ガラスの製造に従事するが、1935年昭和10年)に日本光学工業を退社し、蒲田に個人事業として小原光学硝子製造所を設立した[1]。なお、設立当時にその資金を提供したのが服部時計店(現在のセイコーホールディングス)であった関係で、セイコーは現在も筆頭株主[2](連結子会社の京橋起業と完全子会社のセイコーインスツルの所有分を合算すると40%強の議決権を所有)となっている。

終戦まで[編集]

レーダーの性能が飛躍的に向上するまで、情報戦の主役は光学兵器であった。日本の場合、主として海軍に光学兵器を供給していたのが日本光学工業であり、陸軍に供給していたのが東京光学機械(現トプコン)であった。小原光学硝子は東京光学機械が精工舎の測量機部門が独立したものだった関係から東京光学機械の光学ガラス供給源となった[3]。小原光学硝子はその他のメーカーにも光学ガラスを供給していたため、太平洋戦争の全期間を通じガラス生産量は日本光学工業を超えて国内最大となっていた。

だが、その需要の大半が軍需産業に依存していたため、終戦によって需要が激減、小原光学硝子の経営は危機に瀕した。その時期に手がけるようになったのが装飾クリスタル・ガラスで、現在でも製造が続いている。

1944年昭和19年)2月株式会社に改組し、現在の所在地である神奈川県相模原に工場を新設した。

戦後から現代[編集]

キヤノンはそれまで日本光学工業からレンズの供給を受けていたが、終戦に伴って日本光学工業が大量解雇した従業員の一部を雇用し、小原光学硝子からガラスの供給を受けることで、レンズの自社生産が可能になった。その後キヤノンは小原光学硝子に資本参加し、現在ではセイコーに次ぐ大株主となっている。[4][5]

小原光学硝子の名を上げた製品が、1975年昭和50年)に生産を開始した低屈折低分散ガラスFK01である。これはいわゆる異常分散ガラスといわれるガラスの走りで、従来の光学ガラスより色収差を軽減できる。発売と同時に、FK01を使ったカメラ用レンズや天体望遠鏡などの新製品が各社から続々と登場した。その後、より改良された異常分散ガラスが小原光学硝子や他社からも供給されるようになったが、FK01は現在でも定番の異常分散ガラスである。製品名は後にS-FPL51と改称されているが、現在でもFK01と呼ばれることが多い。

1985年(昭和60年)には、社名を株式会社オハラに変更した。

最もオハラ製光学ガラスを使用しているカメラメーカーは、キヤノンと思われる[6]が、量の大小を別にすれば、国内の大半のメーカーが採用していると思われる。ガラス熔解を自社で行っていたメーカーも多少はあったが、富士フイルム(もしくは子会社の旧フジノン、当時の富士写真光機)はすでに中止して時間が経っており、コニカミノルタはカメラから撤退。ニコン(もしくは子会社の光ガラス)ぐらいしか残っていない。もちろん、現代では、資本関係のある素材・部品メーカーを持っていても、必要とあれば別のメーカーからも供給を受ける。キヤノンはHOYAからもガラスの供給を受け、ニコンはオハラからも供給を受けている。

同社製ガラスは、いわゆる光学機器以外にも、半導体製造装置(ステッパー)など多くの分野に採用されている。光学ガラスの老舗であるショットを擁するカール・ツァイスにもステッパー用として供給している。ツァイスは自社ではステッパーを製造していないが、オランダASML製ステッパの光学系を担当しているためである。したがって、ステッパーの光学系に使用されるガラスは、大多数が日本製ということになる。また、ハードディスク基板では、日本のメーカーであるHOYA、日本板硝子、オハラの3社で、ほぼ100%を占めていた[7]が、2013年(平成25年)12月に撤退した。

同社の「ゼロ膨張ガラス」、「低膨張ガラス」は、世界に3つある超大型望遠鏡計画のうち、30メートル望遠鏡(TMT)、巨大マゼラン望遠鏡(GMT)の2つに採用された。このゼロ膨張ガラスは、長さ1メートルの場合、温度が1度変化しても0.00002ミリ以下しか変化しない [8]

主な製品・サービス[編集]

光製品[編集]

  • 光学ガラス・環境対策光学ガラス
  • ガラスモールド用低Tg光学ガラス
  • 高透過・低光弾性光学ガラス
  • 軽量高屈折率眼鏡ガラス

エレクトロニクス製品[編集]

  • 極低膨張ガラスセラミックス
  • DWDM誘電体多層膜フィルター用ガラスセラミックスサブストレート
  • フライングハイトテスター用ガラスディスク
  • リチウムイオン伝導性ガラスセラミックス
  • ライトガイド用ファイバー材
  • i線用高均質性光学ガラス

そのほかの製品[編集]

  • 装飾用ガラス
  • その他特殊ガラス
  • ガラス・セラミックス関係の計測サービス

主要取引先[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『国産カメラ開発物語』P62。
  2. ^ OHARA INC. コーポレートガバナンス
  3. ^ 『国産カメラ開発物語』P62。
  4. ^ OHARA INC. コーポレートガバナンス
  5. ^ キヤノンカメラミュージアム - 技術館 - バーチャルレンズ工場 - 材料加工工程 オハラと、オハラの子会社である足柄光学の映像が利用されている。
  6. ^ カメラにおける光学ガラスの使用量(体積、重量)は一眼レフカメラ用レンズが最も多いが、ニコンはガラスを自製している。ペンタックス(現在のHOYA)はオハラから供給を受けていたこともあるが、近年は主要取引先に入っていない。また、筆頭株主のセイコーはカメラを製造しておらず、トプコンはカメラから撤退ずみ。
  7. ^ 経済産業省 - 業種別に見た産業と課題 平成14年5月
  8. ^ “宇宙の深淵のぞけ ガラス界のいぶし銀「オハラ」”. 日本経済新聞. (2014年11月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79633480T11C14A1000000/ 2014年11月16日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]