30メートル望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CGによる完成予想図

30メートル望遠鏡[1](さんじゅうメートルぼうえんきょう)は、ハワイ島マウナケア山頂に建設予定の超大型光学赤外線望遠鏡である。略称TMT (Thirty Meter Telescope)。

カリフォルニア工科大学カリフォルニア大学天文学研究大学カナダ連合の3機関が共同で計画している。日本では国立天文台ELTプロジェクト室が積極的な参加を検討している。

その名の通り有効口径が30メートルの巨大な望遠鏡となる。巨大マゼラン望遠鏡と同じく、宇宙望遠鏡との連携観測を行うことを主目的とする。

性能[編集]

主鏡は492枚の六角形の鏡を組み合わせた複合鏡。合成主鏡有効径は30メートルとなる。簡単に考えると、W・M・ケック天文台の望遠鏡を約3倍したのとほぼ同等である。望遠鏡自体の形などは非常にケック望遠鏡に似ている。492枚の鏡一枚一枚をコンピューター制御し1枚の大鏡と同等の働きをさせるには非常に高度な技術が必要だが、2006年6月にTMTの詳細設計が審査を通過、開発に必要な予算が下りた。観測装置は、初期には可視光の多天体分光器WFOS、近赤外線の面分光器IRIS、近赤外線の多天体分光器IRMSが取り付けられる予定である。IRISとIRMSには補償光学装置を備える。観測波長は、近・中間赤外線であり、初期の宇宙、原始星、遠方銀河ブラックホール褐色矮星分子雲などの詳細が観測される。

北半球の天体全部と南半球の天体の8割を観測できる。

日本がマウナケア山頂においた「すばる」(直径8.2m)よりも集光能力は13倍、解像度は4倍、地球と太陽の距離の約200億倍離れた惑星を判別できる。

スケジュール[編集]

建設候補地としてハワイマウナケア山頂とチリアンデス山脈が挙げられていたが、最終的に2009年7月にマウナケア山頂に建設されることが決定した[2]

完成・稼動は2018年を目標としている[3]

その後、2014年度着工、2021年度完成を目指すことになった。総工費1,500億円のうちの25%375億円を日本が負担するほか、米(35.5%)・加・中・印で分担する[4]

競合計画[編集]

先行する巨大マゼラン望遠鏡との優先順位の関係があり、実現が危ぶまれていた。アメリカ国立科学財団では、大統領令によって必要な予算を認めた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立天文台(日本) TMTプロジェクト室
  2. ^ http://www.tmt.org/news/site-selection.htm
  3. ^ http://robot.watch.impress.co.jp/docs/news/20091208_334051.html
  4. ^ 「第2の地球探せ 最大の望遠鏡、ハワイに 日米中など共同建設へ」日本経済新聞2012年9月1日総合2

外部リンク[編集]