オクノ修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オクノ 修(おくの おさむ、1952年 - )は、日本シンガーソングライター京都府出身。創業60年にも達する京都市の老舗コーヒーハウス地下店のマスターでもある。

1960年代、10代後半から音楽活動を始め、高田渡早川義夫豊田勇造らから影響を受ける。その後はちみつぱい本多信介らとのバンド活動を通じて、フォーク系以外の音楽へ転向。パンクバンド「アーント・サリー」との出会いによるニュー・ウェーブのバンド活動を経て、再び、弾き語り中心のライヴ活動を行う。これまでにオムニバスを含め、何枚ものアルバムをリリース。

経歴[編集]

1952年、京都に生まれる。1969年1970年コンドアウトキ(オクノ修、黒川修司、志村、高原洋)で活動。音楽活動のため、東京に居を移す。

1972年、アルバム『オクノ修』を京都市内のスタジオでレコーディング。スタジオ関連レーベルからリリース。1973年から1974年、東京に出て、スーパーヒューマンクルー(有田武生、杉田、ビショップ)に参加。本多信介はちみつぱい)らとバンド活動。 1976年頃から実家の珈琲店で働きはじめる。1981年、2つのバンドを結成。

2001年、アルバム『帰ろう』発表。2002年、オムニバスアルバム『はっぴいえんどかばぁぼっくす』に参加。2003年、アルバム『唄う人』発表。2003年、田中亜矢、中川五郎ひがしのひとし藤村直樹古川豪宮里ひろしらのフォークパルチザン『瓶のなかの球体』に参加。

外部リンク[編集]