エレン・リプリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エレン・リプリー
Ellen Ripley
『エイリアン』シリーズのキャラクター
初登場 エイリアン
最後の登場 エイリアン アイソレーション
作者 ダン・オバノン
ロナルド・シャセット
シガニー・ウィーバー
詳細情報
種族 人間
性別
職業 航海士
肩書き 准士官植民地海兵隊中尉
子供 アマンダ・リプリー・マクラーレン(娘)
テンプレートを表示

エレン・リプリー(Ellen Ripley)は映画『エイリアン』シリーズに登場する架空の人物。シガニー・ウィーバーが演じた。初期の吹き替え版では「リプレー」とも呼ばれていた。

概要[編集]

ウィーバーの出世役として知られる。圧倒的な強敵を前にしても果敢に闘う勇姿から、『ターミネーター』でリンダ・ハミルトンが演じたサラ・コナーと並び、ハリウッド映画で闘うヒロイン像を確立したキャラクターとして大衆に認知されている。

シリーズを通しての主人公であるが、『エイリアン』では終盤まではそれとしての目立った描写はなく、明確に主人公として描かれるようになったのは『エイリアン2』からである。しかし、その続編の『エイリアン3』のラストで死亡するため、さらなる続編の『エイリアン4』では前作までのリプリーのクローンとして登場することとなる。

人物[編集]

2092年1月7日面コロニーのオリンピア生まれ。フルネームはエレン・ルイーズ・リプリー(Ellen Louise Ripley)。2111年6月24日、19歳の時に長女のアマンダ・リプリー英語版を出産した。

娘アマンダは後にマクラーレンという男性と結婚するも、子をもうけず2177年(『エイリアン2』の2年前)11月23日に67歳[注釈 1]老衰死しているため、リプリーの直系子孫は存在しない。なお、アマンダは『エイリアン』でノストロモ号が行方不明になってから15年後(2137年)を描いたゲーム『エイリアン アイソレーション』に、母・エレンの消息を求める主人公として登場する[1]

劇中での活躍[編集]

『エイリアン』[編集]

2122年、ウェイランド・ユタニ社に雇われ、宇宙貨物船ノストロモ号の二等航海士となった。その航海の途中に惑星LV-426から発信された電波を拾い、そこの調査を行う。LV-426では仲間の船員がフェイスハガーによってエイリアンに寄生されたが、ノストロモ号はそれに気づかず飛び去った。

その後、船員の身体を破って飛び出してきた1匹のエイリアンによって、リプリー以外の船員は皆殺しにされた。また、船員の中にはひそかに会社の密命を帯びて派遣されたアンドロイドが混じっており、これが被害の拡大を助長させていた。エイリアンを撃退するためにノストロモ号を自爆させた後、脱出艇ナルキッソスに忍び込んでいたエイリアンをなんとか宇宙空間へ放逐することに成功し、船から連れてきた猫のジョーンズと共にハイパースリープに入った。

本作では、最後の生き残りとなって船から脱出する終盤までは主人公らしい描写は少なく、出番も含めてやや控えめに描かれている。

『エイリアン2』[編集]

リプリーの乗ったナルキッソスは、57年もの間宇宙を漂流し続け、2179年に救助された。漂流中に一度地球の近くを通り過ぎてしまったことが、発見が遅れる一因となってしまっていた。

体調が回復した後、ウェイランド・ユタニ社の査問会でノストロモ号爆破の職務責任を問われた際、エイリアンの襲撃が原因であったという必死の説明をするも、聞き入れられず精神異常者として扱われ、航海士としての免許を剥奪される。その後はパワーローダーの2級免許を取得し、貨物船の物資搬入業務で生計を立てていたが、ノストロモ号での惨劇の悪夢に苦しむ。そんな中、LV-426に移民している民間人が音信不通との連絡が入る。自らの悪夢と向き合うため、植民地海兵隊とともに軍艦スラコ号へ隊長顧問兼アドバイザーとして乗り込むと、悪夢の始まりの地であるLV-426へ旅立った。

一行の予想に反し、状況は悪化していた。無数に増殖していたエイリアンとの戦闘によって海兵隊の大半が死亡したため、救援のめども立たないまま施設に立てこもると、生存者である民間人の少女ニュート、海兵隊伍長のヒックス、アンドロイドのビショップとともにLV-426を脱出する。スラコ号に入り込んだエイリアン・クイーンをパワーローダーで撃退した後、地球へ帰還するために再びコールドスリープに入った。

本作では、エイリアンに囲まれた海兵隊の面々が戦意を喪失しかけている中でも自らが率先して作戦を立て、ヒックスから「戦略家になれる」と評されるほどの頭のキレの良さを見せたほか、ビショップにも「人間にしてはやる」と評されている。また、劇中でチェストバスターに貫かれる悪夢を何度も観ているが、これは次作で正夢となる[注釈 2]

『エイリアン3』[編集]

2270年[2]、地球を目指していたはずのスラコ号は、流刑惑星フィオリーナ161(通称「フューリー」)へ不時着してしまう。ニュートやヒックスは不時着の衝撃によって死亡していたうえ、2人と同様の理由によって機能を停止したビショップはゴミ捨て場へ廃棄されていた。また、不時着の原因はスラコ号の脱出ポッド内にエイリアン・クイーンが生み落としていた卵から生まれたフェイスハガーによるものだったうえ、エイリアンによって囚人たちが次々と虐殺されていく惨劇の中、自らはそれに寄生されていたことや次代のエイリアン・クイーンを産む母体として殺されずに生かされていることが、物語中盤で判明する。

生き残りの囚人たちと協力してエイリアンたちとの戦いを繰り広げるが、最後は自らの体内のクイーンをウェイランド・ユタニ社に生物兵器として悪用されないよう、の溶鉱炉へ飛び込んでクイーンもろとも自殺した[注釈 3]

『エイリアン4』[編集]

リプリーの死から200年後の2470年[3]、軍の実験宇宙船「オーリガ」でフューリーに残っていたリプリーの血液により、彼女のDNAクローンである「リプリー1-8」が誕生する。リプリーのDNAがエイリアンのそれと融合していたため、リプリー1-8は血液がエイリアンのそれと同様に強酸性であり、常人を凌駕する怪力や鋭敏な感覚など各種能力を持っている。なお、後述するエイリアン・クイーンの方もリプリー1-8と同様の理由により、最終的には人間に似た子宮を得て胎生となっている。

リプリー1-8たちは、リプリーの血液からエイリアンを再生・繁殖させて軍事利用するための過程で生み出された存在でしかない。そのため、リプリー1-1からリプリー1-6までは遺体の形で溶液タンクに保存され、リプリー1-7はリプリー1-8再生の検体として生体保存されていたが、リプリー1-7に「私を殺して」と懇願されたリプリー1-8は、彼女たちを火炎放射器で焼却処分する。それに前後して再生されたエイリアンたちはオーリガ内へ逃亡し、軍人や研究者たちを虐殺していく。

その後、リプリー1-8はエイリアンによって窮地に追い込まれていた宇宙貨物船「ベティ」のクルーたちを道中で助けつつ脱出へ奔走する中、エイリアン・クイーンから誕生した新種のエイリアンであるニューボーンと遭遇する。しかし、自分だけには母親と認識して懐く一方でそれ以外の人間や同族は無差別に殺害するほどの凶暴性を危険視したことと、このまま生かしてもいずれは先に処分したリプリー1-7と同じ道を辿ると悟り、断腸の思いで倒す。また、エイリアンの巣窟となったオーリガを地球へ激突させて完全破壊し、自らも地球へ辿り着いた。

リプリー1-8はオリジナルのリプリーの記憶を若干残してはいるものの、彼女とは違う(別個体である)という自覚が強い。また、リプリー1-7やニューボーンはリプリー1-8にとって同族や息子に等しい存在であったため、どちらの死を看取る際にも号泣しており、非人道的な研究を進めていたメイソン・レンに対して怒りを向けている。

『Aliens The Female War』[編集]

コミックと小説の『Aliens: Earth Hive』と『Aliens: Nightmare Asylum』からの続編であり、時系列的には『エイリアン2』と『エイリアン3』の間に位置する。

2195年、リプリーは惑星LV-426でのニュートとの思い出を振り返りつつハイパースリープから目覚め(ニュートは眠ったまま)、宇宙船は植民地海兵隊のスラコ号に到着する。ハンケルソンはノストロモ号の船員が見つけた宇宙船と化石化した宇宙人(スペース・ジョッキー)の調査のため、リプリーに海兵隊たちと一緒に再びLV-426へ行くよう任命する。LV-426での調査中にエイリアンに襲われながらも任務を終えたリプリーたちはエイリアンから地球を取り戻すため、海兵たちと共に地球へ向かう。

地球の軌道上に待機していたリプリーは、エイリアンの大群に支配された地球から脱出したヒックス似のウィルクス伍長と、コロニーの唯一の生存者であるビリーという女性と出会う。また、リプリーはニュート似のビリーに死んだ娘アマンダの面影を重ね、彼女の写真を見て思い出に耽る。

リプリーはウィルクスやビリー、他の海兵隊たちと共にドロップシップに乗り、エイリアンに壊滅されて荒廃した地球へ降下する。ビリーと協力し、エイリアンにさらわれた生き残りの少女のエイミーを救出すると、大量の核爆弾の貯蔵場所へエイリアン・クイーンを誘い込んでエイリアンの大群を集め、核爆弾を爆発させて地球を脱出した。こうして赤茶色にまで荒廃した地球の未来は、将来の人類によるテラフォーミングに託された。リプリーは、宇宙船内でビリーに「コールドスリープで再び地球へ帰る」と告げる。

なお、コミック『Aliens: Earth Angel』では1950年代に主人公のダニエル・リプリー博士が地球でエイリアン・クイーンと戦うが、彼はエレンの祖先という設定になっている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『2』の公開版のみ。DVD版では「66歳」と修正されている。劇中では、アマンダの11歳の誕生日までに帰るという約束を守れなかったことが、話の進行にやや関係している。
  2. ^ 『3』の公開版のみ。完全版ではリプリーへの寄生についての設定が変更されたため、正夢とならなかった。
  3. ^ リプリーへの寄生についての設定は、『4』での設定に合わせて変更された完全版でのもの。公開版では従来の設定と同じく胴体に寄生されており、溶鉱炉への落下中にチェストバスターが胸から飛び出すが、それを押さえ込みながら自殺した。

出典[編集]