エピロス王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古代のエピロス

エピロス王は、紀元前6世紀頃より紀元前231年頃までエピロスを支配していた王。エピロスを支配したアイアコス王家は伝説上はアキレウスの息子ネオプトレモスに由来しているとされている[1]。しかし、これはより進んだ文明を持っていた南方のギリシア人からバルバロイと言われて蛮族扱いされていたバルカンの現地住民の一つであったエピロス人が(源氏平氏天皇の子孫を称したように)自らをギリシアの名だたる英雄の末裔である正真正銘のギリシア人であるとしてアピールし、彼らの勢力と折り合いをつけ、その中に参入するための創作であったと考えられている[2]

歴代国王[編集]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タリュパス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルケタス1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネオプトレモス1世
 
 
 
 
 
 
 
 
アリュバス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピリッポス2世
マケドニア王
 
オリュンピアス
 
 
 
 
 
 
トロイアス
 
 
アルケタス2世
 
アイアキデス
 
プティア
メノン4世の娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレクサンドロス3世
マケドニア王
 
クレオパトラ
 
アレクサンドロス1世
 
 
 
 
 
 
 
アンティゴネ
ベレニケ1世の娘)
 
ピュロス1世
 
ラナッサ
(シュラクサイ僭主アガトクレスの娘)
 
デメトリオス1世
マケドニア王
 
デイダメイア1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネオプトレモス2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オリュンピアス2世
 
アレクサンドロス2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピュロス2世
 
プトレマイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デイダメイア2世
 
ピュロス3世
 

[編集]

  1. ^ プルタルコス, 「ピュロス」, 1
  2. ^ 森谷, p. 28

参考文献[編集]