ウクライナ時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
欧州の標準時
冬:西ヨーロッパ時間UTC+0
夏:西ヨーロッパ夏時間UTC+1
空色 通年:西ヨーロッパ時間UTC+0
冬:中央ヨーロッパ時間UTC+1
夏:中央ヨーロッパ夏時間UTC+2
黄土 冬:東ヨーロッパ時間UTC+2
夏:東ヨーロッパ夏時間UTC+3
淡黄 通年:カリーニングラード時間UTC+2
通年:極東ヨーロッパ時間モスクワ時間UTC+3
冬のヨーロッパ各国の標準時と地方平時との差を示している。西ヨーロッパとヨーロッパロシアの大部分は、標準時が現地の太陽時間よりもはるかに早くなっている。
標準時と現地の地方平時との差
-1時間30分
0時間30分
+1時間30分
+2時間30分

ウクライナ時間(ウクライナじかん)は、冬季にはUTC+2を、夏時間にはUTC+3を使用している。ウクライナではキエフ時間ウクライナ語: Київський час)とも呼ばれていて、東ヨーロッパ時間の一部となっている。夏時間は、3月の最終日曜日の03:00(EET)から、10月の最終日曜日の04:00(EEST)まで実施される。

地理[編集]

ウクライナの国土は経度でおよそ17度の幅があり太陽時間は東端と西端で1.2時間の差がある。また、地理的に国土のほぼ95%は、東ヨーロッパ時間帯に位置している。ザカルパッチャ州の一部は中央ヨーロッパ時間帯に、ルハーンシク州ドネツィク州の大部分、ハルキウ州の一部は、極東ヨーロッパ時間帯に地理的に位置している。ただし、標準時には東ヨーロッパ時間が採用されている。

夏時間[編集]

ウクライナでは夏時間は1980年代初頭に導入された[1][2]2011年9月20日ヴェルホーヴナ・ラーダ(ウクライナ最高議会)は、東ヨーロッパ夏時間を通年の標準時にすることを決定した[1][3]。2011年10月18日、議会はこれらの計画を否決した[2][4]

IANA time zone database[編集]

tz databasezone.tab英語版には以下の4つのウクライナの標準時が含まれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Ukraine cancels use of daylight saving time, キーウ・ポスト (2011年9月20日)
  2. ^ a b Ukraine to return to standard time on Oct. 30 (updated), キーウ・ポスト (2011年10月18日)
  3. ^ Deputies cancelled the winter time, WorldTimeZone.com (2011年9月20日)
  4. ^ Ukraine cancels plan to drop winter time change, キーウ・ポスト (2011年10月18日)

外部リンク[編集]