ウォルター・パラゼイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォルター・パラゼイダー(2008年)

ウォルター・パラゼイダーWalter Parazaider1945年3月14日 - ) シカゴの創立メンバーで、サックス奏者。クラリネットを含む他の木管楽器も演奏する。

略歴[編集]

シカゴ生まれで、9歳からクラリネットを始めた。十代で彼の才能は、プロのオーケストラのミュージシャンとしてやっていけるほど、十二分に開花した。デ・ポール大学で彼はクラシック・クラリネットの文学士の単位を取得した[要出典]ビートルズの "Got To Get You Into My Life"にインスパイアされ、パラゼイダーはホーンを組み合わせたロックバンドを作ることに夢中になり始めた。彼の家での最初の頃の練習には、ギタリストのテリー・キャスとドラマーのダニー・セラフィンも加わっていた。のちにシカゴのプロデューサーとなる、ジェームズ・ウィリアム・ガルシオもこれに参加するようになった。当初は「ザ・ビッグ・シング」と呼ばれていたバンドは、トランペットのリー・ロックネイントロンボーンジェームズ・パンコウキーボードロバート・ラム、そしてベースピーター・セテラを加えたことで、結局「シカゴ」となった。

シカゴの楽曲、Just You & Meの間奏部分ではフルートやソプラノサックスを披露している。

しかし、ここ最近のシカゴのライブには姿を現していないが、2016年のロックの殿堂入り授賞式でのパフォーマンスには登場している。

アメリカのwikipedia によると彼は2016年にツアーを引退している。なお公式ホームページによるとまだ在籍中であるため、レコーディングなどには参加するものとみられる。

引退であるという1つの理由はシカゴの公式ツイッターにあるメンバーの誕生日を祝うツイートで現役メンバーは近年のツアー中の画像が使われているが、彼の場合は故テリーキャスと同じ古い(1970年代)画像が使われている。