テリー・キャス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テリー・キャス
生誕 1946年1月31日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカイリノイ州
死没 (1978-01-23) 1978年1月23日(31歳没)
ジャンル ロック
ポップス
担当楽器 ボーカル
ギター
バンジョー
アコーディオン
ベース・ギター
ドラム
活動期間 1967年 - 1978年
共同作業者 シカゴ

テリー・キャスTerry Alan Kath1946年1月31日 - 1978年1月23日)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのミュージシャン、ソングライター。シカゴのオリジナル・ギタリストであり、創立メンバー。1978年、32歳の誕生日を迎える8日前、自動拳銃暴発事故で急逝した。

略歴[編集]

キャスはギタリストヴォーカリストでもあり、バンジョーアコーディオンベース・ギタードラムを演奏できるマルチプレーヤーであった。

親友でサックスプレーヤー、フルート奏者のウォルター・パラゼイダー、ドラマーのダニー・セラフィンと共に、「ザ・ミッシング・リンク」と呼ばれるバンドを立ち上げるべく活動を開始。パラゼイダーのアパートで練習を重ねる間に、トロンボーン奏者のジェームズ・パンコウ、トランペッターのリー・ロックネイン、ヴォーカリストキーボディストのロバート・ラムも仲間に加え、「ザ・ビッグ・シング(ザ・ビッグ・サウンドと呼ばれることもある)」というバンドを結成するに至る。さらにヴォーカリストベーシストアコーディオン奏者のピーター・セテラが加入したことにより、彼らは活動拠点をロサンゼルスに移し、コロムビアレコードと契約した。バンド名は「シカゴ・トランジット・オーソリティ」に変更されたが、1970年、「シカゴ」に短縮された。

キャスは1969年のデビューアルバムリリース時から、ギタリストヴォーカリストソングライターとして、バンドの中心人物として活躍した。

死去[編集]

1978年1月23日の午後5時頃、ローディーの家のパーティーの後、キャスはふざけて弾丸の未装填の38口径のリボルバー拳銃を頭に押しつけ、数回トリガーを引いた。友人はキャスに気をつけろと何度か注意した。そのあとキャスは9ミリの自動拳銃を取り上げ、「心配ない、弾は入ってないから」と言った。安心させるため、キャスは空の弾倉を友人に見せた。ところが、薬室に一発の実弾が入ったままだった。それに気づかず、キャスは銃口をこめかみに当てて、トリガーを引いた。彼は自らのこめかみを撃ち抜いて即死した。キャスの32回目の誕生日の一週間前の出来事だった。