ウィンター (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィンター
欧字表記 Winter
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 2014年2月15日(4歳)
Galileo
Laddies Poker Two
母の父 Choisir
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Laddies Poker Two Syndicate
馬主 Derrick Smith, Susan Magnier & Michael Tabor
調教師 David Wachman(アイルランド
Aidan Patrick O'Brien(アイルランド)
競走成績
生涯成績 10戦5勝
獲得賞金 1,089,592ポンド
テンプレートを表示

ウィンターWinter, 2014年2月15日 - ) は、芦毛競走馬である。主な勝ち鞍は2017年1000ギニーアイリッシュ1000ギニーコロネーションステークスナッソーステークスである。

経歴[編集]

2歳時(2016年)[編集]

2016年にナース競馬場の未勝利戦でデビューし3着に敗れたが、3戦目の未勝利戦で初勝利となった。

この年に、管理するデイヴィッド・ワックマン英語版調教師の引退に伴い[1]エイダン・オブライエン厩舎に転厩した。

3歳時(2017年)[編集]

3歳初戦は1000ギニートライアルステークス(G3)であったが、2着に敗れた[2]。しかし、G1初挑戦となった1000ギニー(G1)では、一度先頭に立つと、1番人気のロードデンドロン(Rhododendron)の追撃を振り切って勝利した。更に、ライアン・ムーア騎手に乗り替わって挑んだアイリッシュ1000ギニー(G1)ではローリーポーリー(Roly Poly)に4馬身3/4差をつけて圧勝し[3]、続くコロネーションステークス(G1)でもローリーポーリーに2馬身1/4差をつけて勝利した[4]。次走は古馬初挑戦となるナッソーステークス(G1)に出走し、直線で前の馬を交わすとそのまま突き放して完勝した[5][6]。古馬相手にも勝利したウィンターはメイトロンステークス(G1)に出走し、直線では一旦先頭に立つも、同厩の3歳馬ハイドランジア(Hydrangea)に頭差交わされて2着に敗れた[7]。その後、凱旋門賞に出走するも9着に終わり、現役を引退し繁殖入りした。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2016.05.11 ナース 未勝利 芝6f 3着 W.ローダン 1 1/4馬身 Cuff
2016.07.23 ゴウランパーク 未勝利 芝8f 3着 W.ローダン 4 3/4馬身 Butterflies
2016.08.14 ダンドーク 未勝利 AW7f 1着 W.ローダン 1 1/4馬身 (Dreamy Gal)
2017.04.08 レパーズタウン 1000ギニートライアルS G3 芝7f 2着 W.ローダン アタマ Hydrangea
2017.05.07 ニューマーケット 1000ギニー G1 芝8f 1着 W.ローダン 2馬身 (Rhododendron)
2017.05.28 カラ 愛1000ギニー G1 芝8f 1着 R.ムーア 4 3/4馬身 (Roly Poly)
2017.06.23 アスコット コロネーションS G1 芝8f 1着 R.ムーア 2 1/4馬身 (Roly Poly)
2017.08.03 グッドウッド ナッソーS G1 芝10f 1着 R.ムーア 1 1/2馬身 (Blond Me)
2017.09.09 レパーズタウン メイトロンS G1 芝8f 2着 R.ムーア アタマ Hydrangea
2017.10.01 シャンティイ 凱旋門賞 G1 芝2400m 9着 R.ムーア 7 1/2馬身 Enable

血統表[編集]

ウィンター血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サドラーズウェルズ系
[§ 2]

Galileo
1998 鹿毛
父の父
Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
父の母
Urban Sea
1989 栗毛
Miswaki Mr Prospector
Hopespringseternal
Allegretta Lombard
Anatevka

Laddies Poker Two
2005 芦毛
Choisir
1999 栗毛
Danehill Dancer *デインヒル
Mira Adonde
Great Selection Lunchtime
Pensive Mood
母の母
Break of Day
2000 芦毛
Favorite Trick Phone Trick
Evil Elaine
Quelle Affaire Riverman
Ancient Regime
母系(F-No.) (FN:15-a) [§ 3]
5代内の近親交配 アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ [8]
  2. ^ [8]
  3. ^ [8]
  4. ^ [8]


脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ David Wachman hopes to bow out in style with Rekindling Grade One success” (英語). Irish Times. 2017年9月1日閲覧。
  2. ^ “英1000ギニーはウィンター快勝、オブライエン師は連日のクラシック制覇”. JRA-VAN Ver.World. (2017年5月8日). http://world.jra-van.jp/news/N0001201/ 2017年9月17日閲覧。 
  3. ^ “ウィンターが愛1000ギニーも連勝、オブライエン親子で4着まで独占”. JRA-VAN Ver.World. (2017年5月29日). http://world.jra-van.jp/news/N0001308/ 2017年9月17日閲覧。 
  4. ^ “ウィンターが3歳牝馬G1を3連勝 コロネーションS制覇”. JRA-VAN Ver.World. (2017年6月24日). http://world.jra-van.jp/news/N0001446/ 2017年9月17日閲覧。 
  5. ^ “欧州にまた注目の3歳牝馬登場 古馬を倒しG1・4連勝のウィンター、凱旋門賞も選択肢に”. netkeiba.com. (2017年8月8日). http://newsv4.netkeiba.com/?pid=news_view&no=124872 2017年9月17日閲覧。 
  6. ^ “凱旋門賞挑戦のサトノダイヤモンドにまたも試練......欧州の「天才少女」エネイブルに続き、13年ぶりの「欧州3歳牝馬マイル三冠」ウィンターも参戦か”. ビジネスジャーナル: p. 2. (2017年8月9日). http://biz-journal.jp/gj/2017/08/post_4052_2.html 2017年9月17日閲覧。 
  7. ^ “G1メイトロンS、ウィンターが僚馬ハイドランジアに不覚”. JRA-VAN Ver.World. (2017年9月10日). http://world.jra-van.jp/news/N0001884/ 2017年9月17日閲覧。 
  8. ^ a b c d ウィンターの血統表”. netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2017年9月). 2017年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]