イノセント・ガーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イノセント・ガーデン
Stoker
監督 パク・チャヌク
脚本 ウェントワース・ミラー
製作 トニー・スコット
リドリー・スコット
マイケル・コスティガン
製作総指揮 ステーヴン・M・レイルズ
マーク・ロイバル
出演者 ミア・ワシコウスカ
ニコール・キッドマン
マシュー・グッド
音楽 クリント・マンセル
撮影 チョン・ジョンフン
編集 ニコラス・デ・トス
製作会社 スコット・フリー・プロダクションズ
インディアン・ペイントブラッシュ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年3月1日
日本の旗 2013年5月31日
上映時間 99分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $12,000,000[2]
興行収入 $12,066,345[2]
テンプレートを表示

イノセント・ガーデン』(原題: Stoker)は、パク・チャヌク監督、ウェントワース・ミラー脚本によるアメリカ合衆国イギリスの映画である。出演はミア・ワシコウスカニコール・キッドマンマシュー・グッドである。2013年3月1日に公開された[3]

奇才で知られるパク・チャヌク監督は本作でハリウッド映画デビューを果たした。パクは、本作『イノセント・ガーデン』(2013)と、その近作である『サイボーグでも大丈夫』(2006)、『渇き』(2009)を"人間ではない存在の三部作"というテーマで製作していた事を、本作のプロモーション活動中に公にした。

物語[編集]

インディア・ストーカーの父は、毎年彼女の誕生日には庭のどこかにプレゼントとして靴を隠しては彼女に探させていた。 18歳の誕生日、プレゼントの中身は靴ではなく、たった一つの鍵だった。そのあと、彼女の父が急死した。

母と二人きりになった彼女のもとに、謎めいた叔父チャーリーが現れる[4][5]

ストーカー母子と同居しだしたチャーリーの魅力に段々と惹かれていくインディアだったが、ストーカー家の家政婦やインディアの大叔母といった、彼女の周辺の人々が次々に姿を消していった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

ウェントワース・ミラーは、『Stoker』とその前日譚の『Uncle Charlie』の脚本を執筆した[6]。彼はテッド・フォークという偽名を使って書き、「脚本には自力で沈むか浮かんで欲しかった」と語った[7]。ミラーの脚本は2010年、ブラックリスト (映画製作には至っていない脚本の年次人気投票) の第5位に選ばれた[8]。ミラーはそれを「ホラー映画で、ファミリードラマとサイコスリラー」と説明した[9]ブラム・ストーカーの『ドラキュラ』の影響を受けている[10]。他に、アルフレッド・ヒッチコックの『疑惑の影』の影響も受けている[9]

監督のパク・チャヌクにとっては初めての英語作品となる。2011年1月、ミア・ワシコウスカがティーンエイジャーの役で出演交渉され[11]、2月にはニコール・キッドマンもキャストに参加する交渉に入った[12]。6月、降板したコリン・ファースに代わってマシュー・グッドを叔父役に交渉中であることが報じられた[13][14]。7月から8月にかけてはジャッキー・ウィーヴァールーカス・ティルオールデン・エアエンライクダーモット・マローニーがキャストに加わった[15][16][17][18]

撮影は2011年9月にテネシー州ナッシュビルで始まった。9月22日にはマーフリーズボロ近郊で撮影された[4][19]

もともと作曲はフィリップ・グラスを予定していたが、クリント・マンセルに代わった[20]

受賞とノミネート[編集]

部門 対象 結果
サターン賞 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
シンユーフォリア賞[21] 主演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
オンライン国際映画賞[22] 助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
フライトメーター賞[23] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ STOKER (18)”. 全英映像等級審査機構. 2013年3月2日閲覧。
  2. ^ a b Stoker”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年3月26日閲覧。
  3. ^ “Park Chan-Wook's English-Language Debut 'Stoker' Hits Theaters On March 1, 2013”. http://blogs.indiewire.com/theplaylist/park-chan-wooks-english-language-debut-stoker-hits-theaters-on-march-1-2013-20120717#.UAYGAfXy1Cc 
  4. ^ a b “Nicole Kidman to get psychological with 'Oldboy' director in 'Stoker'”. HitFix. (2011年9月1日). http://www.hitfix.com/articles/nicole-kidman-to-get-psychological-with-oldboy-director-in-stoker 2011年9月2日閲覧。 
  5. ^ “Stoker Begins Principal Photography”. Coming Soon. (2011年9月1日). http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=81710 2011年9月2日閲覧。 
  6. ^ 'Prison Break' Star Secretly Writing Horror Scripts?” (2010年7月21日). 2012年9月27日閲覧。
  7. ^ Buchanan, Kyle (2010年7月24日). “Wentworth Miller on How He Became Hollywood’s Hottest Secret Screenwriter  ”. Movieline. http://www.movieline.com/2010/07/wentworth-miller-comic-con-interview.php 2011年2月11日閲覧。 
  8. ^ 2010 Black List”. The Black List. 2017年11月10日閲覧。
  9. ^ a b Radish, Christina (2010年8月3日). “SDCC 2010: Wentworth Miller Interview RESIDENT EVIL: AFTERLIFE; Plus Updates on STOKER and UNCLE CHARLIE”. collider.com  . http://collider.com/comic-con-wentworth-miller-interview-resident-evil-afterlife-3d-stoker-uncle-charlie/41800/ 2011年3月8日閲覧。 
  10. ^ “Wentworth Miller On Love, His Celebrity Crush”.  . (2008年1月26日). http://au.lifestyle.yahoo.com/who/celebrity-interviews/article/-/5922753/wentworth-miller-on-love-his-celebrity-crush/ 2011年2月12日閲覧。 
  11. ^ Fleming, Mike (2011年1月27日). “Mia Wasikowska In Thriller 'Stoker' Talks”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2011/01/mia-wasikowska-in-stoker-talks/ 2011年1月28日閲覧。 
  12. ^ Zeitchik, Steven (2011年2月11日). “Hot with Oscar buzz, Colin Firth and Nicole Kidman look to new roles in 'Stoker'”. Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/movies/2011/02/colin-firth-nicole-kidman-stoker-wentworth-miller-mia-wasikowska.html 2011年2月11日閲覧。 
  13. ^ Kroll, Justin (2011年6月8日). “Matthew Goode in talks for 'Stoker' lead”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118038262 2011年6月9日閲覧。 
  14. ^ Vilkomerson, Sara (2011年9月13日). “Toronto Film Festival: Matthew Goode, nude scenes, and a different kind of 'Burning Man'”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2011/09/13/toronto-film-festival-matthew-goode-burning-man/ 2011年9月14日閲覧。 
  15. ^ Fleming, Mike (2011年7月27日). “Jacki Weaver Joins Fox Searchlight Thriller”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2011/07/jacki-weaver-joins-searchlight-thriller-stoker/ 2011年7月27日閲覧。 
  16. ^ Weinstein, Joshua L. (2011年7月28日). “Lucas Till Joins Nicole Kidman in Fox Searchlight's Stoker'”. TheWrap (Reuters). http://www.reuters.com/article/2011/07/28/idUS120512711220110728 2011年7月28日閲覧。 
  17. ^ Sneider, Jeff (2011年8月1日). “Ehrenreich stokes up career with 'Stoker'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118040748 2011年8月1日閲覧。 
  18. ^ Kit, Borys (2011年8月10日). “Dermot Mulroney Joins Nicole Kidman in Fox Searchlight Thriller 'Stoker' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/dermot-mulroney-joins-nicole-kidman-221476 2011年8月10日閲覧。 
  19. ^ Kay, Jeremy (2011年9月1日). “Shooting begins on Stoker for Scott Free, Searchlight, Indian Paintbrush”. Screen Daily. http://www.screendaily.com/news/distribution/shooting-begins-on-stoker-for-scott-free-searchlight-indian-paintbrush/5031460.article 2011年9月2日閲覧。 
  20. ^ “Clint Mansell Scoring Park Chan-wook’s ‘Stoker’”. http://filmmusicreporter.com/2012/06/02/clint-mansell-scoring-park-chan-wooks-stoker 
  21. ^ [1]
  22. ^ [2]
  23. ^ [3]

外部リンク[編集]