サイボーグでも大丈夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サイボーグでも大丈夫
싸이보그지만 괜찮아
監督 パク・チャヌク
脚本 パク・チャヌク
チョン・ソギョン
製作 パク・チャヌク
イ・チュニョン
製作総指揮 イ・テホン
ミッキー・リー
出演者 Rain
イム・スジョン
音楽 チョ・ヨンウク
撮影 チョン・ジョンフン
編集 キム・サンボム
キム・ジェブン
配給 大韓民国の旗 CJエンターテインメント
日本の旗 東京テアトル
公開 大韓民国の旗 2006年12月7日
日本の旗 2007年9月15日
上映時間 107分[1]
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
興行収入 $4,642,401[2]
テンプレートを表示
サイボーグでも大丈夫
各種表記
ハングル 싸이보그지만 괜찮아
漢字
発音 サイボグジマン クェンチャナ
英題: I'm a Cyborg, But That's OK
テンプレートを表示

サイボーグでも大丈夫』(朝鮮語: 싸이보그지만 괜찮아)は、パク・チャヌク監督による2006年の韓国ロマンティック・コメディ映画である。自分をサイボーグと思い込んだ女と彼女に恋をする青年を描く。

キャスト[編集]

製作[編集]

本作は韓国映画としては史上初めてヴァイパー・フィルムストリーム・カメラが使われた[3]

公開[編集]

第57回ベルリン国際映画祭ではコンペティション部門で上映され、アルフレード・バウアー賞を獲得した[4][5]

興行収入[編集]

韓国では2006年12月7日に公開され、初週末に247万8626ドルを売り上げて初登場1位となった[6]。しかしながら2週目末には売上を76%落とし[7]、クリスマス休暇期間には多くのスクリーンで打ち切られた[8]。約78万枚のチケットが売れたが、それまでのパク監督の映画『JSA』、『オールド・ボーイ』、『親切なクムジャさん』は全て300万枚を超えていたために期待外れと言われた[8]

参考文献[編集]

  1. ^ I'm a Cyborg, But That's OK (15)”. British Board of Film Classification (2008年2月29日). 2011年9月8日閲覧。
  2. ^ Boxofficemojo Profile, Box Office Mojo. Retrieved on April 7, 2008.
  3. ^ Elley, Derek (2007年2月9日). “I'm a Cyborg, but That's OK”. Variety. 2013年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月30日閲覧。
  4. ^ I'm a Cyborg, but that's Ok ( Ssa-i-bo-gu-ji-man Gwen-cha-na )”. Korean Film Council. 2007年10月23日閲覧。
  5. ^ I'm a Cyborg, but That's OK: Awards”. Allmovie. 2007年10月23日閲覧。
  6. ^ South Korea Box Office December 8–10, 2006, Box Office Mojo. Retrieved on March 24, 2008.
  7. ^ South Korea Box Office December 15–17, 2006, Box Office Mojo. Retrieved on March 24, 2008.
  8. ^ a b [Korean Box Office] I'm A Cyborg, But That's OK To Be Pulled, Twitch, December 22, 2006. Retrieved on March 24, 2008.

外部リンク[編集]