イオン所沢店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオン所沢店
ÆON TOKOROZAWA
AEON Tokorozawa 02.jpg
店舗概要
所在地 359-1116
埼玉県所沢市東町五丁目22番
座標 北緯35度47分21.1秒 東経139度28分11.9秒 / 北緯35.789194度 東経139.469972度 / 35.789194; 139.469972 (イオン所沢店)座標: 北緯35度47分21.1秒 東経139度28分11.9秒 / 北緯35.789194度 東経139.469972度 / 35.789194; 139.469972 (イオン所沢店)
開業日 1981年11月26日(ダイエー所沢店)
閉業日 2019年9月30日(イオン所沢店)
正式名称 東栄ビル[1]
施設所有者 株式会社 東栄
施設管理者 株式会社 東栄
イオンリテール株式会社
敷地面積 23,778 m²
延床面積 51,335 m² 
商業施設面積 24,497 m²
※イオン:18,410㎡
中核店舗 イオン所沢店
店舗数 ÆONと79の専門店
営業時間 7:00 - 22:00(地下1階)
9:00 - 22:00(1階)
9:00 - 21:00(2階 - 7階)
駐車台数 535台
前身 所沢東映映画館

ダイエー所沢店
後身 TOKOTOKO SQUARE
最寄駅 所沢駅
外部リンク イオン所沢店
AEON w logo.svg
テンプレートを表示

イオン所沢店(イオンところざわてん)は、埼玉県所沢市東町五丁目に所在していたイオンリテール株式会社が運営する総合スーパー(GMS)。ダイエー時代の店番号は0351[注 1]ネットスーパー取扱店舗。2019年9月30日に閉店した[2]

イオン所沢店の跡地は、「TOCOTOCO SQUARE」となっている。

概要[編集]

埼玉県道337号久米所沢線沿線に立地する。1981年昭和56年)に開業した。売場面積では所沢市内の商業施設で2番目に広い売場面積を有する。

元はダイエー所沢店である。

ダイエー所沢店時代(所沢戦争・撤退騒動)[編集]

1973年に所沢の中心部であった日吉町商店街が所沢駅前地区に対抗して商店街を再開発する動きが出ていた。商店街の土地を所有していた東栄の社長が土地を区画整理してさらに他の土地も買収し、大型店をキーテナントとして誘致するというものだった。商店街は初めに、地元の西武流通グループ(のちのセゾングループ)に出店を要請した。ところが、他人の作ったテナントに出店するのを嫌った[注 2]ことと、所沢駅前に西友ストアー所沢駅前店(以降、西友)が既に出店していたため、その要請を断った。

困った商店街は、同年10月にフジタ工業を通じてダイエーに出店を要請した。ダイエーグループにとっては店舗空白地帯[注 3]であり敵地(西友の本拠地)でもある所沢に乗り込むチャンスであった。同年11月にダイエーが出店の意向を示し、翌1974年10月には商店街側に正式に出店の申し入れを行った。

ダイエーの出店が判明した際、西武グループは焦りに焦ったという。同年10月9日に東栄社長宅に西武不動産の次長と西友開発部長と課長の3人が訪れ、ダイエー出店予定地を売るよう要請するが同年10月30日に土地の買取を断念するとの通達が入った。これで何もないと思われたが、翌1975年2月、西友開発部の指定業者であった「青木不動産」が、ビル建設予定地のど真ん中の約120の土地と家屋を買収。同年5月31日付けで所有権が「西友畜産」に移り「西友フーズ」の社員寮として使用を開始したのである。

これを受けて商店街側が西友社長の堤清二に土地を穏便に譲るよう要請するも、堤はその要請を断っている。しかし、西武側の抵抗があってもダイエーは土地の94%、借地の38%の売渡承諾書を収得していたため、西武グループの嫌がらせと言われても仕方がなかった。西友フーズの社員寮のために公道を整備し建物のレイアウトの変更・建物のコストの増加等、ダイエーにとって悪い面ばかりであったが地元側は「西友はひどいことをしている」と地元で噂が立つなどダイエー側に対する同情の声が多数あったとされる。また、これらの事情が原因で開業が当初の予定を2年以上も延期を余儀なくされてしまう[3]

ダイエーはオープン広告の掲載を西武鉄道に求めるも西武側は拒否したが、「チラシ重視主義」のダイエーはオレンジ色のマークと文字がプリントされている「オレンジ・アーミー」を西武鉄道の列車に乗り込ませることで宣伝を図った。

開業前日の1981年11月25日には、東栄ビルの竣工式が行われ、ダイエー側は社長兼CEOの中内㓛、そして意外なことに西武鉄道グループの総帥である堤義明が招かれた。中内は、竣工式での演説で、これまでの西武側の抵抗について恨み節を交えながら「野球は西武 買い物はダイエー」で締めくくったとされる[4]

そして開業して6年後の1987年には西武セゾングループが、いわくつきの土地を東栄に譲渡[5]、1988年9月から全フロアで増床工事を行い、同年10月にリニューアルオープンした[6]。この工事で店内の死角は解消し、流通史にも後々まで伝えられる、所沢戦争は事実上の終焉を迎えた。

産業再生機構の支援を受けて経営再建中のダイエーは2005年平成17年)2月に発表した閉鎖リストに所沢店がリストアップされ、報道各社は一斉にとりあげた。

撤退を発表した同時期に、丸井所沢店も撤退を発表しており、ダイエーが撤退すると駅前に空洞ができてしまうと危惧した所沢市がダイエーに撤退の撤回を陳情したり、地元住民が存続署名活動をするなどの事態となった。地元住民は撤退について賛否両論であったが多くは撤退反対であった。その後、ダイエーは、当店を誘致しビルを保有する東栄との話し合いで賃貸料の値下げで賃貸契約の継続が決まったことや多くの署名活動の成果もあり、ダイエーは所沢店の撤退を撤回した。なおこの撤退騒動直後、東栄は負債が重なり民事再生法を適用している。

沿革[編集]

ダイエー所沢店時代の建屋
ダイエー旧ロゴ時代の所沢店
  • 1978年昭和53年)8月 - 大店法第3条の届出を完了。
  • 1981年(昭和56年)11月25日 - 東栄ビル7階で「東栄ビル竣工・ダイエー所沢店開店記念パーティ」が行われる。
  • 1981年(昭和56年)11月26日 - ダイエー所沢店開業。
  • 1988年(昭和63年)9月 - セゾングループより西友フーズ社員寮跡地を譲受して増床工事を行いリニューアルオープン。
  • 2005年平成17年)2月 - ダイエー所沢店の閉鎖が発表される。
  • 2005年(平成17年)9月 - ダイエーが所沢店の閉鎖を正式撤回する。
  • 2005年(平成17年)9月30日 - 改装工事を施しリニューアルオープン。
  • 2008年(平成20年)9月13日 - 改装工事を施しリニューアルオープン。
  • 2016年(平成28年)3月1日 - イオンリテールに同店の営業権が承継[7]。ダイエー所沢店で継続。
  • 2016年(平成28年)3月6日 - ダイエー所沢店での営業を終了。
  • 2016年(平成28年)3月9日 - イオン所沢店として開業。 
  • 2019年(令和元年)

構造と店舗構成[編集]

イオン閉店後は、1階のアニメイト(イオン閉店前は3階[8])、ヤマダ電機(イオン閉店前は6階)、ムサシノクリーニング(イオン閉店前は地下1階)のみが営業していた。その後、2020年9月より、「TOCOTOCO SQUARE」となり、複数の店舗が順次入店し、営業している。

イオン閉店時点では直営売り場の地下1階は食料品およびフードコート、1階は服飾雑貨など、2階は婦人服、3階は子供服と玩具・文具など、4階は紳士服、5階は寝具・インテリアなどを扱っていた。6階と7階は専門店フロア、屋上は駐車場であった。

このほか、クレディセゾンATMが設置されていた[12]

かつて存在していた主なテナント[編集]

売上(ダイエー時代)[編集]

この統計は、日経流通新聞(現・日経MJ)および日本経済新聞が調査して順位付けしたものである。ダイエー所沢店は西武グループの牙城で事実上の下克上を果たす勢いで売上が伸びていった。

年度 スーパー業界 ダイエー内 小売総合 売場面積 売上
1982年 20位 9位 なし 21位 122億700万円
1983年 23位 10位 なし 15位 118億600万円
1984年 22位 9位 なし 17位 120億1900万円
1985年 17位 7位 なし 18位 127億2400万円
1986年 20位 8位 なし 19位 126億6500万円
1987年 20位 9位 なし 21位 132億9500万円
1988年 23位 12位 なし 4位 141億4100万円
1989年 23位 11位 なし 5位 144億8000万円
1990年 25位 13位 なし 5位 150億円
1991年 26位 11位 208位 なし 152億9600万円
1992年 29位 11位 不明 なし 不明
1993年 32位 10位 232位 なし 143億5300万円

エピソード[編集]

ダイエー開店当初より、所沢市を本拠地とする西武ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)の優勝記念セールを地元商店街と共同で長年にわたり行っていた。1989年に福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)が誕生してもそれは続けられたため、ライバル球団の優勝セールを行うというという異例の事態となった[注 4]

しかし、1999年に奇しくもホークスとライオンズが優勝争いをするようになると、ダイエー店頭にテレビが置かれてホークスの試合中継が行われ、福岡ダイエーホークスとしての初優勝を決めた瞬間に店員により樽酒鏡開きが行われ、来客たちに振舞われた。もちろん翌日からホークスの優勝記念セールが行われ、地元商店街も「あっぱれ おめでとうダイエー所沢店さん」というを掲げてダイエー所沢店を祝うという、これまた異例の事態となった[13]

交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 公式サイトの当該店舗URL末尾は「shopid=0309」と表記される。
  2. ^ 所沢は西武の企業城下町であり、テナントとして入らなくても自前で出店することが容易であったという事情もあった。
  3. ^ 埼玉県を含めた首都圏を地盤とする中堅スーパーの忠実屋を買収・統合するのは平成以降の1994年のことであり、当時はダイエーによる進出が進められていた。
  4. ^ ダイエー小平店など西武沿線の他の店舗でも同様であった。

出典[編集]

  1. ^ 県報(東栄ビル:変更平成21年8月6条1項) - 埼玉県 2012年8月4日閲覧
  2. ^ a b “イオン所沢店が閉店へ…38年の歴史に幕 グランエミオ所沢との競争に勝てず 他のイオンより苦戦の理由は”. 埼玉新聞. (2019年6月27日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/06/27/07_.html 2019年6月28日閲覧。 
  3. ^ 三浦悦子『スーパーが危ない ダイエーが危ない(エール出版社)』 p.98 - 100
  4. ^ 大下英治 『中内㓛のダイエー王国』 p.206
  5. ^ 日経流通新聞 1987年1月22日 『ダイエー所沢店増築 来春メド、最大の店舗に』より
  6. ^ 日経流通新聞 1988年8月2日 『ダイエー所沢店増築 西武セゾンが譲渡 いわくつきの土地**大人の**対応』より
  7. ^ 株式会社ダイエーの北海道・九州および本州地域におけるGMS事業ならびにSM事業の運営の承継に関する基本合意書締結のお知らせ”. 株式会社ダイエー (2015年4月9日). 2015年8月24日閲覧。
  8. ^ a b アニメイトイオン所沢フロア移転のお知らせ - アニメイト、2019年9月21日、同年10月27日閲覧。
  9. ^ イオン所沢店・アクセス - オレンジ歯科クリニック、2019年10月27日閲覧。
  10. ^ テックランド イオン所沢店(2019年10月27日時点でのウェブアーカイブ) - ヤマダ電機、2019年10月27日閲覧。
  11. ^ 所沢・ひばりヶ丘の歯科・歯医者ならオレンジ歯科クリニック - オレンジ歯科クリニック、2019年11月16日閲覧。
  12. ^ ATM ダイエー所沢店店頭(2019年9月29日時点でのウェブアーカイブ) - クレディセゾン
  13. ^ ダイエーの優勝

外部リンク[編集]