アービンジャー・インスティチュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アービンジャー・インスティチュート
Arbinger Institute
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ユタ州デービス郡 (ユタ州)ファーミントン1379 N 1075 W
北緯41度00分11.170秒 西経111度54分38.721秒 / 北緯41.00310278度 西経111.91075583度 / 41.00310278; -111.91075583座標: 北緯41度00分11.170秒 西経111度54分38.721秒 / 北緯41.00310278度 西経111.91075583度 / 41.00310278; -111.91075583
設立 1979年
業種 経営コンサルタント
事業内容 コンサルティング、人材教育、書籍の発行
関係する人物 テリー・ワーナー英語: C. Terry Warner
外部リンク arbinger.com
テンプレートを表示

アービンジャー・インスティチュート: Arbinger Institute)は、世界25カ国に支部を持ち、世界のリーディング企業個人に対してトレーニングコンサルティングコーチングなどを提供している国際研究機関である[1]

概要[編集]

トレーニングやコンサルティング、コーチングといったサービスを提供するとともに、個人および組織マインドセット[2]に変化を起こし、リーダーコンプライアンス強化、イノベーションの推進をサポートしている。自己欺瞞の考え方を通じて、自律的な社員の育成、組織風土改善を行っている。また、それらを実現するためのデジタルツールの提供も行っている。「アービンジャー(Arbinger)」とは「先駆者(harbinger)」に由来しており、アービンジャー・インスティチュートは「変化の先駆者」という意味を込めて名付けられた[3]

書籍の内容は、個人ではなく、あくまで組織の活動の中の一部であり、アービンジャーという組織の考えのもとに考案され、その名の下で働く全ての個人の努力の集積であるという考えから、書籍は個人名ではなく「アービンジャー・インスティチュート」の名の元で発行している[4]

沿革[編集]

支部[編集]

アービンジャー・インスティチュート・ジャパン株式会社
ARBINGER INSTITUTE JAPAN CO., LTD.
本社所在地 日本の旗 日本
810-0041
福岡県福岡市中央区大名1丁目1番35-305号
北緯33度35分11.749秒 東経130度23分47.209秒 / 北緯33.58659694度 東経130.39644694度 / 33.58659694; 130.39644694
本店所在地 140-0061
東京都中央区銀座1丁目14-11 銀松ビル4F
北緯35度40分22.803秒 東経139度46分09.843秒 / 北緯35.67300083度 東経139.76940083度 / 35.67300083; 139.76940083
設立 2007年8月13日
業種 経営コンサルタント
法人番号 2290001030073
事業内容 コンサルティング、人材教育、書籍の販売
代表者 陶山浩徳(すやまひろのり)[5]
資本金 1000万円
従業員数 10名
外部リンク arbingerjapan.com
テンプレートを表示
  • 日本支部

日本でアービンジャーの考え方を伝えるために設立され、個人や中小企業、グローバル企業の研修を行っている。 個人や組織の中に蔓延する不和・対立を「箱(自己欺瞞:Self Deception)」の考え方を基に、企業風土改革やマインドセットの変革で解決する[6]

所在地[7]
中華人民共和国 大韓民国 シンガポール
タイ王国 マレーシア レバノン
イスラエル サウジアラビア インド
南アフリカ共和国 オーストラリア ニュージーランド
イギリス ノルウェー スウェーデン
スペイン デンマーク オランダ
ドイツ ハンガリー ルーマニア
アメリカ メキシコ コロンビア
ブラジル カリブ海地域

主な出版物[編集]

タイトルの「箱」とは自己欺瞞のことである[8]

  • 自分の小さな「箱」から脱出する方法(2006年10月19日発売)
  • 2日で人生が変わる「箱」の法則(2007年9月6日発売)
  • 実践 自分の小さな「箱」から脱出する方法(2008年2月21日発売)
  • 日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則―感情に振りまわされない人生を選択する(2014年5月21日発売)
  • 2日で人生が変わる「箱」の法則 決定版 人間関係のモヤモヤを解決するために(2017年6月2日発売)
  • 自分の小さな「箱」から脱出する方法 ビジネス篇 管理しない会社がうまくいくワケ(2017年8月25日発売)

メディア放送・掲載[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 「役員が最上階にいる会社」が冴えない理由 トップが変わらないと会社も変わらない”. 東洋経済新報社. 2019年12月29日閲覧。
  2. ^ マインドセットとは・意味”. グロービス経営大学院. 2019年12月29日閲覧。
  3. ^ FAQ”. アービンジャー・インスティチュート・ジャパン株式会社. 2019年12月29日閲覧。
  4. ^ FAQ”. アービンジャー・インスティチュート・ジャパン株式会社. 2019年12月29日閲覧。
  5. ^ 『箱』の伝道師が語る”. 株式会社ノビテク. 2020年1月11日閲覧。
  6. ^ 【無料セミナー】自分の小さな箱から脱出する方法『The Outward Mindset』”. ProFuture株式会社. 2020年1月11日閲覧。
  7. ^ Global Offices”. Arbinger Institute. 2019年12月29日閲覧。
  8. ^ 私の愛読書 自分の小さな「箱」から脱出する方法 アービンジャー・インスティチュート著 自分を見つめ直す重要性学ぶ”. 中部経済新聞. 2019年12月29日閲覧。
  9. ^ 五郎丸歩さん「自分の『最悪』なんか、大したことない」”. 朝日新聞. 2019年12月29日閲覧。
  10. ^ 【リーダーの栞】エアークローゼット 天沼聰社長”. テレビ東京. 2019年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]