アーサー・チン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アーサー・チン (陳瑞鈿)
Arthur Tien Chin/ Chin Shui-Tin
Arthur Chin.jpg
渾名 『中国戦鷹』
生誕 1913年10月23日
オレゴン州,ポートランド
死没 1997年9月3日(83歳)
オレゴン州,ポートランド
所属組織 Republic of China Air Forces Flag (1937).svg 広東空軍,中華民国空軍
US Army Air Corps Hap Arnold Wings.svg アメリカ陸軍航空軍
軍歴 1932 - 1945
最終階級 少校
除隊後 中国航空公司(-1950)
テンプレートを表示

アーサー・ティエン・チンArthur "Art" Chin、中国名:陳瑞鈿(ちん ずいでん)、1913年10月23日 - 1997年9月3日)は中国系アメリカ人で、日中戦争に参加しエース・パイロットとなった。最終階級は少佐。撃墜数8.5機。

経歴[編集]

オレゴン州ポートランドレガシー・グット・サマリタン医療センター英語版にて[1]広東省台山県大江村を祖籍とする父親フォン・チンと、マカオ出身と推測されるペルームラートの母親エヴァ・ウォン(ウォン・グエタイ)の間に生まれた[2]。アトキンソン・グラマースクール(現ポートランド・パブリックスクール英語版)を経てベンソン工科高等学校英語版にて航空工学を学ぶ[3]1931年日本の中国侵攻を受け、ポートランドをはじめ西海岸の華僑コミュニティは「華僑航空救國會」を設立[4]、義勇パイロットを養成し中国に送ることにした。1931年12月、チンら13人の若者[† 1]が選ばれ、ポートランドの華僑航空学校に第1期生として入校[5]。卒業後、同期の中国系アメリカ人とともに上海に渡り、陳済棠下の広東空軍に加わった。1932年12月1日、准尉見習飛行士官に任命され、1933年2月23日に少尉へ昇進した。

1936年、彼はさらに黃泮楊、薛炳珅、司徒顯、莫傑とともにミュンヘンドイツ空軍に留学してレヒフェルト航空基地にて空中戦理論を学んだ後、同年9月1日に中尉に昇進して広東空軍第6隊隊長となった。1936年に広東空軍が中央空軍に編入されてからは、1937年2月から6月まで中央航空学校で飛行教官を務め、6月10日に広東空軍第6隊を再編した第5大隊第28中隊の副中隊長となった。中隊の装備機はカーチス・ホークⅡ英語版であった。

1937年8月、日中戦争が勃発すると、チンの第28中隊は南京近くの飛行場に配置された。8月16日、台湾から発進した日本海軍の九六式陸上攻撃機を南京上空で撃墜したのがチンの初戦果となった。翌月、チンは4機のカーチス ホークⅡを率いて広東省韶関の飛行機製造廠を守る任務につき、9月27日に九六式陸攻を撃墜した。

1938年1月、国民政府がイギリスから購入したグロスター グラディエーターが中国へ到着して組み立てられ、第28中隊などへ配備されることになった。2月9日、チンは受領したグラディエーターに乗って南昌を発ったが、吹雪に遭遇して丘に激突、右眼に軽傷を負った。5月末に怪我から回復したチンは、すぐに戦闘に参加して九五式水上偵察機を撃墜した。

1938年から1939年までの間にチンはグラディエーターで多くの戦闘に参加し、さまざまな日本軍機と戦って撃墜記録を増やした。1938年12月1日、チンは少校に進級し、続いて12月27日に第3大隊副大隊長となった。

1939年12月27日、広西省崑崙関の戦いで地上軍を支援するため、チンはSB爆撃機を護衛してグラディエーターで出撃した。この戦闘で九六式艦上戦闘機に撃墜され、パラシュートで脱出したが重大な火傷を負った。その後香港の病院で数年にわたって手術と治療をうけ、1941年12月に日本軍の香港占領から逃れるとアメリカへ戻った。アメリカでも引き続き28回もの移植手術を行い、回復後の1945年3月1日、正式に中国空軍を退役。アメリカ陸軍航空軍に所属してヒマラヤ越えの輸送作戦に参加した。

戦後、チンは1950年まで中国航空公司(CNAC)に勤務した。その後航空関係の仕事が見つからず、ポートランドへ戻り、1952年よりビーバートンのアロハ郵便局で働いた。顔のやけど跡を気にしていたため、夜間の内部業務を担当していた[6]。当時の同僚によれば、寡黙だが、とても好感の持てる人物だったという[7]。最終的に「ニキシー英語版」と呼ばれる、誤字や悪筆により配達不能郵便物となったものの宛先を解読する上級の担当職を務め[7]、1983年退職[6]

第二次世界大戦が終了して50年後の1995年2月24日、アメリカ政府はチンを退役軍人として認め、殊勲飛行十字章(Distinguished Flying Cross)を授与した。チンは1997年9月3日にポートランドで死去し、1ヵ月後の10月4日、空軍記念博物館の記念殿堂に最初のアメリカ人エース、中国系アメリカ人の英雄として加えられた。現在では第二次世界大戦の最初のアメリカ人撃墜王として認められている。

2008年2月、下院議員デビット・ウー英語版の提案により勤務していたアロハ郵便局が「アーサー・チン少佐郵便局ビル」と改名され、5月7日承認された[7]

家族[編集]

伍月梅(外交部長・財政部長・広東省長伍廷芳の娘とされるが、該当する者はおらず血縁関係は不明)と結婚。柳州にて銃弾の破片を体に受け死亡する。2人の息子がいた。その後アメリカにて入院していた時、看護師フランシス・マードックと結婚し、一人娘スーザンを授かるが、中国に戻ったことがきっかけで離婚。三人目の妻・楊瑞芝とは中国航空公司勤務中の1948年に結婚し、一人息子をもうけた[6]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ のちに空軍副司令となった雷炎均中国語版陳煥章の子陳其光、蘇英祥、黄泮揚、劉龍光、林覺天、雷國來、楊仲安、黃桂燕、後に初の中国系米陸軍婦人操縦士隊英語版隊員となったヘイゼル・イン・リー英語版(李月英)。チン、陳其光、黄泮揚以外は中央空軍に属した

出典[編集]

  1. ^ Arthur Chin –Chinese-Japanese War Pilot and WW II Hero” (英語). Chinese exclusion files. 2017年12月21日閲覧。
  2. ^ World War 2 Flying Ace Arthur Chin’s Amazing True Story” (英語). Disciples of Flight. 2017年1月7日閲覧。
  3. ^ Arthur Chin, Nominee (PDF)” (英語). National Aviation Hall of Fame. 2008.. 2017年1月7日閲覧。
  4. ^ “華僑飛將軍 楊仲安軼事(上)”. 世界新聞網. (2016年1月17日). http://www.worldjournal.com/3670660/article-%E8%8F%AF%E5%83%91%E9%A3%9B%E5%B0%87%E8%BB%8D-%E6%A5%8A%E4%BB%B2%E5%AE%89%E8%BB%BC%E4%BA%8B%EF%BC%88%E4%B8%8A%EF%BC%89/ 2017年1月7日閲覧。 
  5. ^ 華僑航空學校” (中国語). 中國飛虎研究學會. 2017年1月7日閲覧。
  6. ^ a b c “在美华人口述抗战历史 专访"空中美男"陈瑞钿妻弟杨嘉执”. 超级苹果网. (2015年8月12日). https://www.powerapple.com/news/articles/2366895 2017年12月21日閲覧。 
  7. ^ a b c “Aloha post office named for World War II flying ace”. Pamplin Media Group. (2008年8月13日). http://portlandtribune.com/component/content/article?id=72715 2017年12月21日閲覧。 
  8. ^ 国民政府広報渝字第612号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年12月31日閲覧。
  9. ^ 国民政府広報第2648号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2018年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]