アンフォーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンフォーレ
Anforet exterior 2017-06 ac (3).jpg
店舗概要
所在地 446-0032
愛知県安城市御幸本町12番1号
座標 北緯34度57分32.6秒 東経137度5分03.8秒 / 北緯34.959056度 東経137.084389度 / 34.959056; 137.084389座標: 北緯34度57分32.6秒 東経137度5分03.8秒 / 北緯34.959056度 東経137.084389度 / 34.959056; 137.084389
開業日 2017年6月1日
正式名称 安城市中心市街地拠点施設
土地所有者 安城市
設計者 三上建築事務所
施工者 清水建設、スターツCAM
敷地面積 12,305 m²
中核店舗 安城市図書情報館(本館)、ドミー(商業施設棟)
駐車台数 273台

安城市中心市街地拠点施設(あんじょうしちゅうしんしがいちきょてんしせつ)は、愛知県安城市御幸本町にある複合施設。愛称はアンフォーレ安城市図書情報館やホールがある本館(公共施設棟)、願いごと広場や公園などの公共屋外施設、民間経営による立体駐車場棟、民間経営による南館(商業施設棟)からなる。PFI方式で整備され、2017年6月1日に開業した。

歴史[編集]

郊外に移転した安城更生病院

2002年(平成14年)には安城更生病院JR東海道線安城駅前市街地から郊外に移転し、病院跡地は2003年(平成15年)から更地となっていた[1]。この土地は市有地だったがほとんど活用されず、安城駅前商店街の空洞化を加速させたとされている[1]。2009年(平成21年)4月には安城市が病院跡地利用の素案をまとめ、安城市中央図書館を置き換える新図書館を複合施設の中核とすることが決定した[2]。当初は2012年度(平成24年度)中に着工する予定だったが、2009年(平成21年)11月には2年間の先送りが発表された[3]。2012年(平成24年)、安城市は神谷学市長の下で中心市街地拠点整備事業の実施方針をまとめ、安城市としては初となるPFI方式の採用を決定した[4]

開館記念イベント時のアンフォーレ

2015年(平成27年)6月3日には、安城市図書情報館を核とする中心市街地拠点整備事業の起工式が行われた[5]。この事業で建設される拠点施設は、図書情報館、スーパーマーケットとカルチャースクールの商業棟、立体駐車場の3棟からなり、その他には公園と広場が設けられている[5]。PFI方式が採用されており、清水建設を中心とする企業グループが15年間にわたって設計・建設・維持管理を行う[5]。15年間の維持管理費を含めた施設全体の総事業費は62億5320万円[6]

建物は2016年(平成28年)12月に竣工。2017年(平成29年)5月下旬には市民向け内覧会が開催され[7]、6月1日に開館した[8]。開館日の6月1日から6月4日まで、健康で幸せな生活「ケンサチ」をテーマとする開館記念イベントを開催しており、開館日の6月1日には料理研究家の寺田真二郎とタレントの永井理子によるトークライブなどが行われた[7]

施設案内[編集]

アンフォーレ本館
Anforet exterior 2019-02 ac (4).jpg
情報
構造形式 鉄骨造[9]
敷地面積 3,041 m² [9]
建築面積 2,403 m² [9]建蔽率79%)
延床面積 9,193 m² [6][9]容積率302%)
階数 地上5階、地下1階
高さ 26m
竣工 2016年12月20日
所在地 446-0032
愛知県安城市御幸本町12番1号
座標 北緯34度57分32.3秒 東経137度05分03.9秒 / 北緯34.958972度 東経137.084417度 / 34.958972; 137.084417
テンプレートを表示
アンフォーレ南館
Anforet commercial facility building 2017-06 ac.jpg
情報
構造形式 鉄骨造[9]
敷地面積 4,373 m² [9]
※敷地面積は立体駐車場棟を合わせた数値。建築面積と延床面積は南館のみの数値。
建築面積 2,091 m² [9]建蔽率48%)
延床面積 3,041 m² [9]容積率70%)
階数 地上2階
高さ 10m
座標 北緯34度57分32.6秒 東経137度05分03.8秒 / 北緯34.959056度 東経137.084389度 / 34.959056; 137.084389
テンプレートを表示

本館(公共施設棟)[編集]

立体駐車場棟[編集]

  • 4層5段 : ナビパーク安城アンフォーレ駐車場

南館(商業施設棟)[編集]

  • 1階 : ドミー安城アンフォーレ店(スーパーマーケット)
  • 2階 : 暮らしの学校安城アンフォーレ校(カルチャースクール)

公共屋外施設[編集]

  • 願いごと広場
  • 御幸公園

特色[編集]

愛称・ロゴマーク[編集]

拠点施設の愛称については全国公募を行い、3,692件の応募から安城市が一次選考で5件に絞り、その後安城市民による投票で2016年(平成28年)1月に「アンフォーレ」に決定した[10]。前半部分は安城市の「あん」と英語で「ひとつ」を意味する「an」のダブルミーニングであり、後半部分はフランス語で「森」を意味する「forêt」である[11]。複合施設のロゴマークは安城市出身のグラフィックデザイナーである廣村正彰がデザインしている[7]

施設[編集]

本館には2階から4階の安城市図書情報館のほかに、安城市による公共サービスとしてホールや証明・旅券窓口センターなどがある。南館には民間の商業施設が入っており、1階にはスーパーマーケットのドミー安城アンフォーレ店が、2階にはカルチャースクールの暮らしの学校安城アンフォーレ校がある。約3,800mの屋外広場「願いごと広場」は、貸出用のステージ・音響設備・テントなどを備えている[12]

アクセス[編集]

  • 446-0032 愛知県安城市御幸本町12番1号
  • JR東海道線安城駅から徒歩5分
  • あんくるバス循環線0番系統・西部線6番系統・作野線7番系統「アンフォーレ」停留所下車すぐ、または名鉄バス「アンフォーレ」停留所下車すぐ

ギャラリー[編集]

本館[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「願いは届くか 安城市長選を前に(下)」中日新聞, 2011年11月27日
  2. ^ 「図書館と民間健康施設 安城更生病院跡地 活性化拠点の素案」中日新聞, 2009年4月10日
  3. ^ 「拠点施設着工先送り 安城の中心街 市、14年度以降に」中日新聞, 2009年11月19日
  4. ^ 「安城市、PFI方式を導入 中心市街地拠点に民の資金・手法活用」朝日新聞, 2012年12月27日
  5. ^ a b c 「図書情報館建設始まる 安城の病院跡地 17年6月開業予定」中日新聞, 2015年6月4日
  6. ^ a b 「安城市図書情報館 建設始まる 17年オープン目指し」毎日新聞, 2015年6月9日
  7. ^ a b c 「複合施設オープンへ 街づくりの新たな拠点に」『安城ホームニュース』中日総合サービス、2017年5月27日号、第748号、p.1
  8. ^ 「図書情報館 『アンフォーレ』来月1日に開館 安城で内覧会」毎日新聞, 2017年5月26日
  9. ^ a b c d e f g h 中心市街地拠点整備事業 安城市
  10. ^ アンフォーレの愛称について 安城市
  11. ^ 「市街地拠点施設に愛称」朝日新聞, 2016年1月7日
  12. ^ 「6月1日オープン アンフォーレ ひと足お先に『看板娘。』が探検へ」『安城ホームニュース』中日総合サービス、2017年5月27日号、第748号、p.3

参考文献[編集]

  • 「アンフォーレいよいよオープン」『広報あんじょう』2017年5月15日号、第1881号
  • 『広報あんじょう』2017年6月1日号、第1882号

外部リンク[編集]