アンドリス・ヴァニンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンドリス・ヴァニンス Football pictogram.svg
200
ラトビア代表でのヴァニンス
名前
ラテン文字 Andris Vaņins
基本情報
国籍  ラトビア
生年月日 (1980-04-30) 1980年4月30日(42歳)
出身地 Flag of Latvian SSR.svg ラトビア・ソビエト社会主義共和国ダウガフピルス地区イルークステ
身長 186cm
体重 85kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
ユース
ラトビアの旗 イルークステ
ラトビアの旗 ヴェンツピルス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2003 ラトビアの旗 ヴェンツピルス 100 (0)
2003-2005 ロシアの旗 モスクワB
2005 ラトビアの旗 ヴェンタ 1 (0)
2006-2009 ラトビアの旗 ヴェンツピルス 78 (0)
2009-2016 スイスの旗 シオン 223 (0)
2016-2020 スイスの旗 チューリッヒ 59 (0)
代表歴2
2000-2020 ラトビアの旗 ラトビア 100 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年8月4日現在。
2. 2019年11月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドリス・ヴァニンス(Andris Vaņins ; 1980年4月30日 - )は、ラトビアダウガフピルス地区イルークステ出身の元サッカー選手。元ラトビア代表。現役時代のポジションはゴールキーパー

クラブ歴[編集]

1998年にヴィルスリーガFKヴェンツピルスでプロデビュー。

モスクワ[編集]

2003年FCモスクワに移籍するもトップチームでの出場は無く、リザーブチームでのプレーにとどまっていたため、ラトビア国内の世論を受け帰国を決意した。

ヴェンタ[編集]

2005年ラトビアに戻りFKヴェンタに移籍した。1試合に出場するも、シーズン後半にクラブが破産してしまい、放出された[1]

ヴェンツピルス[編集]

2006年FAとなったヴァニンスは古巣のヴェンツピルスに復帰した。正GKとて3年半プレーし、2006年から2008年にかけて3年連続でヴィルスリーガの最優秀GKに選出され、2008年にはラトビア年間最優秀選手に選出されるなどの活躍を見せた。

ヴェンツピルスでの成功を受けて再び海外でのプレーを模索するも、交渉が上手くいかなかった。2009年2月にはロシア・プレミアリーグFCルビン・カザンの加入テストを受けた[2]

シオン[編集]

2009年、シーズン途中にスイス・スーパーリーグFCシオンと3年契約を結び移籍した。正GKに選ばれ、同年8月19日のフェネルバフチェ戦てデビューした。

2013年10月、2017年7月まで契約を延長した[3]

7年間の在籍中にスイス・スーパーリーグ最優秀GKや、ファンが選ぶシオン年間最優秀選手に複数回選出された[4][5][6]

チューリッヒ[編集]

2016年6月17日、FCチューリッヒに移籍した[7]。翌月25日のヴィンタートゥール戦でデビュー。フル出場し、2-0の勝利に貢献した[8]

2020年8月31日、現役を引退し、古巣のFCシオンでGKコーチを務めることを表明した[9]

代表歴[編集]

2000年2月4日、スロバキア戦で代表デビューを果たした。

2007年夏に、ラトビア代表の正GKを務めていたアレクサンドルス・コリンコが長期の怪我を負い、監督のアレクサンダー・スタルコフが代わりのGKをヴァニンスとデニス・ロマノフのどちらにするかを選んだ際にヴァニンスが選ばれた。以降、ヴァニンスはラトビア代表の正GKを務めることになった。

2019年10月10日のポーランド戦で、ラトビア代表として100試合出場を達成した[10]

私生活[編集]

既婚者であり、2人の息子がいる[11]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ヴェンツピルス
シオン
チューリッヒ

代表[編集]

個人[編集]

  • ヴィルスリーガ年間最優秀GK (3回) : 2006, 2007, 2008
  • ラトビア年間最優秀選手 (5回) : 2008, 2013, 2015, 2016, 2017
  • スイス・スーパーリーグ年間最優秀GK (2回) : 2009-10, 2010-11

脚注[編集]

  1. ^ Ross Akmens: Finanšu politika un tās kontrole nebija manā kompetencē”. delfi.lv (2005年6月22日). 2019年12月19日閲覧。
  2. ^ Vaņins uz pārbaudi Kazaņas "Rubin" – Leģionāri – Futbols –”. Sportacentrs.com (2009年2月13日). 2019年12月19日閲覧。
  3. ^ Vaņins pagarina līgumu ar "Sion" līdz 2017.gada jūnijam”. Sportacentrs.com (2013年10月24日). 2019年12月19日閲覧。
  4. ^ Vaņins - Šveices Superlīgas sezonas labākais vārtsargs – Leģionāri – Futbols –”. Sportacentrs.com (2010年5月18日). 2019年12月19日閲覧。
  5. ^ Līdzjutēji Vaņinu atzīst par labāko "Sion" futbolistu pagājušajā sezonā – Leģionāri – Futbols –”. Sportacentrs.com. 2019年12月19日閲覧。
  6. ^ Vaņins atzīts par Šveices Superlīgas labāko vārtsargu – Leģionāri – Futbols –”. Sportacentrs.com. 2019年12月19日閲覧。
  7. ^ Torhüter Andris Vanins wechselt zum FC Zürich” (ドイツ語). fcz.ch (2016年6月17日). 2019年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月17日閲覧。
  8. ^ FC Zurich vs. Winterthur – 25 July 2016 – Soccerway”. int.soccerway.com. 2019年12月19日閲覧。
  9. ^ “Un retour et une arrivée au FC Sion” (フランス語) (プレスリリース), FC Sion, (2020年8月31日), https://www.fcsion.ch/fr/news/detail/1423/un-retour-et-une-arrivee-au-fc-sion 2020年12月25日閲覧。 
  10. ^ LFF: Andris Vaņins”. Lff.lv. 2020年2月13日閲覧。
  11. ^ Vaņins: "Izlase tagad spēlē modernāk"”. sportacentrs.com (2013年10月30日). 2019年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]